Azure PowerShell – Az モジュール v10.0.0 がリリースされました

スポンサーリンク

2023/05/23 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール の最新版である v10.0.0 がリリースされました。

修正版の Azure PowerShell – Az モジュール v10.0.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v10.0.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v10.0.0 となっていることが確認できます。

スポンサーリンク

Az モジュール v10.0.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v10.0.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v10.0.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for Azure PowerShell : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force 

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az 

Docker イメージ

  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:latest
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:ubuntu-22.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:10.0.0-ubuntu-22.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:ubuntu-20.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:10.0.0-ubuntu-20.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:10.0.0-ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:mariner-2
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:10.0.0-mariner-2
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:mariner-2-arm64
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:10.0.0-mariner-2-arm64
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:debian-10
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:10.0.0-debian-10
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:debian-11
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:10.0.0-debian-11
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:10.0.0-centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:alpine-3.14
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:10.0.0-alpine-3.14
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:alpine-3.13
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:10.0.0-alpine-3.13

SHA256 Hashes of the release artifacts

  • Az-Cmdlets-10.0.0.37310.tar.gz
    • D7E4CEADF501A9CD91AE73EC36424F88BA2EA5354314346E08E52D77BB344626

リリース ノート (10.0.0 – June 2023)

Az.Accounts 2.12.3

  • System.Security.Permissions 4.7.0 にアップデートしました

Az.Aks 5.5.0

  • Fixed the issue of ‘Enable-AzAksAddon’ when there are no addons. [#21665]
  • ‘New-AzAksCluster’ および ‘Set-AzAksCluster’ にパラメーター ‘-EnableAHUB’ を追加しました
  • ‘Set-AzAksCluster’ にパラメーター ‘-WindowsProfileAdminUserPassword’ を追加しました

Az.Billing 2.0.2

  • Consumption PriceSheet コマンドレットのスキップ トークンを修正しました

Az.Cdn 3.0.0

  • API version 2022-11-01-preview にアップグレードしました
  • Azure Front Door (クラシック) から Azure Front Door Standard および Premium への移行サポートを追加しました
  • Standard 層 から Premium 層への AFDX アップグレード サポートを追加しました

Az.Compute 6.0.0

  • コマンドレット ‘New-AzVmssConfig’ および ‘Update-AzVmss’ に新しいスイッチ パラメーター ‘OSImageScheduledEventEnabled’ と文字列パラメーター ‘OSImageScheduledEventNotBeforeTimeoutInMinutes’ を追加しました
  • Windows PowerShell で ‘Add-AzVhd’ が ‘FileNotFoundException’ をスローする問題を修正しました [#21321]
  • ‘Get-AzVM’ コマンドレットから ‘NextLink’ パラメーターとパラメーター セットを削除しました

Az.ContainerRegistry 4.0.0

  • モジュールを autorest ベースにアップデートしました

Az.CosmosDB 1.11.0

  • 連続 7 日間バックアップ モードのサポートが追加されました
  • 新しいパラメーター ‘EnablePartitionMerge’ を ‘Update-AzCosmosDBAccount’ と ‘New-AzCosmosDBAccount’ に追加しました

Az.Databricks 1.5.1

  • 暗号化を有効化中に ‘Update-AzDatabricksWorkspace’ が期待どおりに動作しない問題を修正しました [#21324]

Az.DataProtection 2.0.0

  • Blob Hardened 復旧ポイント (VaultStore) のサポートを追加しました
  • ‘AzureDisk’、’AzureDatabaseForPostgreSQL’、および ‘AzureBlob’ のクロス サブスクリプション リストアを追加しました
  • 長時間実行されるコマンドレットを非同期にするための ‘Get-AzDataProtectionOperationStatus’ コマンドを追加しました

Az.DesktopVirtualization 4.0.0

  • API version 2022-09-09 にアップグレードしました
  • 次のコマンドレットを追加 :
    • ‘Get-AzWvdScalingPlanPooledSchedule’
    • ‘New-AzWvdScalingPlanPooledSchedule’
    • ‘Remove-AzWvdScalingPlanPooledSchedule’
    • ‘Update-AzWvdScalingPlanPooledSchedule’
  • 次のコマンドレットにパラメーター ‘pageSize’、’isDescending’ および ‘initialSkip’ を追加しました :
    • ‘Get-AzWvdApplication’
    • ‘Get-AzWvdApplicationGroup’
    • ‘Get-AzWvdDesktop’
    • ‘Get-AzWvdHostPool’
    • ‘Get-AzWvdMsixPackage’
    • ‘Get-AzWvdScalingPlan’
    • ‘Get-AzWvdSessionHost’
    • ‘Get-AzWvdStartMenuItem’
    • ‘Get-AzWvdUserSession’
    • ‘Get-AzWvdWorkspace’
  • 次のコマンドレットにパラメーター ‘AgentUpdateMaintenanceWindow’、’AgentUpdateMaintenanceWindowTimeZone’、’AgentUpdateType’、’AgentUpdateUseSessionHostLocalTime’ を追加しました :
    • ‘New-AzWvdHostPool’
    • ‘Update-AzWvdHostPool’
  • 次のコマンドレットにパラメーター ‘FriendlyName’ を追加しました :
    • ‘New-AzWvdHostPool’
    • ‘Update-AzWvdHostPool’
    • ‘Update-AzWvdSessionHost’

Az.EventHub 4.0.0

  • ‘New-AzEventHubNamespace’、’Remove-AzEventHubNamespace’、’Set-AzEventHubNamespace’、’Get-AzEventHubNamespace’ のエイリアスがそれぞれ ‘New-AzEventHubNamespaceV2’、’Remove-AzEventHubNamespaceV2’、’Set-AzEventHubNamespaceV2’、’Get-AzEventHubNamespaceV2’ になります
  • ‘New-AzEventHubEncryptionConfig’ を ‘New-AzEventHubKeyVaultPropertiesObject’ に置き換えました。

Az.HDInsight 6.0.0

  • 重大な変更 :
    • 長い間非推奨としてマークされていたパラメーター ‘-RdpAccessExpiry’ をコマンドレット ‘New-AzHDInsightCluster’ から削除しました
    • 長い間非推奨としてマークされていたパラメーター ‘-RdpCredential’ をコマンドレット ‘New-AzHDInsightCluster’ から削除しました

Az.KeyVault 4.10.0

  • ‘New-AzKeyVaultManagedHsm’ のパラメーター ‘SoftDeleteRetentionInDays’ に関する重大な変更のお知らせを追加しました。パラメーター ‘SoftDeleteRetentionInDays’ が必須になります
    • この変更は version 6.0.0 で有効になります。
  • ‘Invoke-AzKeyVaultKeyOperation’ の文字列からバイト配列へのエンコード方法を ASCII から UTF8 に変更しました。UTF8 は ASCII と下位互換性があります。 [#21269]
  • バグ フィックス : エンコード方法に合わせて、デコード方法をバイト配列から文字列に変更しました。また、システムのデフォルトのエンコードから UTF8 に変更されました。 [#21269]
  • カスタム ポリシーをサポートするため、’Import-AzKeyVaultCertificate’ にパラメーター ‘PolicyPath’ と ‘PolicyObject’ を追加しました [#20780]

Az.MachineLearningServices 1.0.0

  • モジュール Az.MachineLearningServices が一般提供 (GA) になりました

Az.Monitor 4.5.0

  • 監視ワークスペース用のコマンドレットを追加しました :
    • ‘Get-AzMonitorWorkspace’
    • ‘New-AzMonitorWorkspace’
    • ‘Update-AzMonitorWorkspace’
    • ‘Remove-AzMonitorWorkspace’

Az.Network 6.0.0

  • VirtualHub の RouteMap 子リソース用の新しいコマンドレットを追加しました
    • ‘Get-AzRouteMap’
    • ‘New-AzRouteMapRuleCriterion’
    • ‘New-AzRouteMapRuleActionParameter’
    • ‘New-AzRouteMapRuleAction’
    • ‘New-AzRouteMapRule’
    • ‘New-AzRouteMap’
    • ‘Set-AzRouteMap’
    • ‘Remove-AzRouteMap’
  • routingConfiguration に受信/送信ルート マップを追加するためのコマンドレットをアップデートしました
    • ‘New-AzRoutingConfiguration’
  • コマンド ‘New-AzFirewallPolicyApplicationRuleCustomHttpHeader’ を追加しました
  • ‘PSAzureFirewallPolicyApplicationRule’ にメソッド ‘AddCustomHttpHeaderToInsert’ を追加しました
  • Application Gateway WAF のレート制限ルールをサポートする新しいコマンドレットを追加しました
    • ‘New-AzApplicationGatewayFirewallCustomRuleGroupByUserSession’、
    • ‘New-AzApplicationGatewayFirewallCustomRuleGroupByVariable’、
    • またコマンドレットをアップデートして、’RateLimitDuration’、’RateLimitThreshold’、’GroupByUserSession’ のプロパティを追加しました
    • ‘New-AzureApplicationGatewayFirewallCustomRule’
  • ‘New-AzNetworkVirtualAppliance’ で ‘AdditionalNic’ プロパティをサポートしました
  • ‘AdditionalNic’ プロパティをサポートする新しいコマンドレットを追加しました
    • ‘New-AzVirtualApplianceAdditionalNicProperty’
  • Application Gateway WAF ファイアウォール ポリシーのログ スクラビング機能をサポートする新しいコマンドレットを追加しました
    • ‘New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyLogScrubbingConfiguration’、
    • ‘New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyLogScrubbingRule’、
    • また ‘LogScrubbing’ プロパティを追加するためにコマンドレットもアップデートしました
    • ‘New-AzApplicationGatewayFirewallPolicySetting’
  • ‘Microsoft.HardwareSecurityModules/cloudHsmClusters’ をプライベート リンク コマンドレットにオンボードしました
  • ‘DisableRequestBodyEnforcement’、’RequestBodyInspectLimitInKB’、’DisableFileUploadEnforcement’ のプロパティを追加するため、コマンドレットをアップデートしました
    • ‘New-AzApplicationGatewayFirewallPolicySetting’
  • ‘AuxiliaryMode’ が有効なネットワーク インターフェイスでのパフォーマンスの選択を支援するために、オプションのプロパティ ‘AuxiliarySku’ をコマンドレット ‘New-AzNetworkInterface’ に追加しました
  • ‘New-AzNetworkInterface’ の既存のプロパティ ‘AuxiliaryMode’ に新しい値 ‘AcceleratedConnections’ を追加しました
  • 仮想ハブの有効なルートと受信/送信ルートを取得するための新しいコマンドレットを追加しました
    • ‘Get-AzVHubEffectiveRoute’
    • ‘Get-AzVHubInboundRoute’
    • ‘Get-AzVHubOutboundRoute’

Az.RedisEnterpriseCache 1.2.0

  • API version 2023-03-01-preview にアップグレードしました

Az.Relay 2.0.0

  • API version 2021-11-01 にアップデートしました

Az.Resources 6.7.0

  • リスト操作用のパラメーター ‘-CountVariable’ を追加しました。’odataCount’ をこの変数に割り当てることができるようになりました [#20982]
    • ‘Get-AzADApplication’
    • ‘Get-AzADServicePrincipal’
    • ‘Get-AzADUser’
    • ‘Get-AzADGroup’
  • ‘Get-AzADGroupMember’ のポリモーフィズムをポートしました。このコマンドレットの出力は、’odataType’ に基づいて ‘Application’、’ServicePrincipal’、’User’、および ‘Group’ になりました [#19728]
  • 既存のモジュールの上書きをサポートするために、’Publish-AzBicepModule’ に ‘-Force’ パラメーターを追加しました
  • 複数のリダイレクト URL タイプが指定された場合の ‘New-AzADApplication’ を修正しました [#21108]
  • ‘IdentifierUri’ に空の配列が渡された際の ‘Update-AzADServicePrincipal’ を修正しました [#21345]
  • ‘New-AzManagedApplication’ のサービスからの応答に場所ヘッダーが欠落していた問題を修正しました
  • ‘Get-AzResourceGroup’ が ‘-Id’ のサブスクリプション ID を無視する問題を修正しました [#21725]

Az.ServiceBus 3.0.0

  • ‘New-AzServiceBusNamespace’、’Remove-AzServiceBusNamespace’、’Set-AzServiceBusNamespace’、’Get-AzServiceBusNamespace’ のエイリアスが、それぞれ ‘New-AzServiceBusNamespaceV2’、’Remove-AzServiceBusNamespaceV2’、’Set-AzServiceBusNamespaceV2’、’Get-AzServiceBusNamespaceV2’ となります
  • ‘New-AzServiceBusEncryptionConfig’ を ‘New-AzServiceBusKeyVaultPropertiesObject’ に置き換えました

Az.ServiceFabric 3.2.0

  • マネージド クラスター リソースのネットワーク セキュリティ ルールをアップデートするための新しいコマンドレット ‘Add-AzServiceFabricManagedClusterNetworkSecurityRule’ を追加しました

Az.SignalR 2.0.0

  • 重大な変更 :
    • 次のコマンドレットの出力タイプ ‘PSSignalRResource’ の ‘HostNamePrefix’ プロパティを削除しました :
      • ‘Get-AzSignalR’
      • ‘New-AzSignalR’
      • ‘Update-AzSignalR’

Az.Sql 4.7.0

  • 新しいコマンドレットを追加しました
    • Get-AzSqlInstanceDatabaseLedgerDigestUpload’
    • ‘Disable-AzSqlInstanceDatabaseLedgerDigestUpload’
    • ‘Enable-AzSqlInstanceDatabaseLedgerDigestUpload’
  • ‘New-AzSqlInstanceDatabase’ に ‘EnableLedger’ パラメーターを追加しました
  • ‘PreferredEnclaveType’ パラメーターを ‘NewAzureSqlElasticPool’ および ‘SetAzureSqlElasticPool’ コマンドレットに追加しました

Az.SqlVirtualMachine 2.0.0

  • Az.SqlVirtualMachine から autorest-based モジュールにコンバートしました

Az.StackHCI 2.0.0

  • Made Region parameter mandatory in ‘Register-AzStackHCI’ cmdlet.
  • ‘Register-AzStackHCI’ コマンドレットから EnableAzureArcServer パラメーターを削除しました
  • ‘Test-AzStackHCIConnection’ コマンドレットを削除しました。AzStackHCI.EnvironmentChecker モジュールの ‘Invoke-AzStackHciConnectivityValidation’ を用いて、接続検証テストの強化が可能です
  • Azure China Cloud にマネージド サービス ID (MSI) のサポートを追加しました
  • 23H2 以降の OS バージョンに対して、必須拡張機能のサポートを追加しました
  • ‘Register-AzStackHCI’ コマンドレットのパラメーター検証を追加しました
  • 登録および登録解除におけるエラーログを改善しました

Az.Storage 5.7.0

  • 先頭にスラッシュが付いている単一の BLOB を取得する問題を修正しました
    • ‘Get-AzStorageBlob’
  • 管理プレーン コマンドレットでの CORS ルールの設定をサポートしました
    • ‘Update-AzStorageBlobServiceProperty’
    • ‘Update-AzStorageFileServiceProperty’
  • コンテキストが無効な場合のコンテキスト オブジェクトの ‘StorageAccountName’ フィールドの問題を修正しました
    • ‘New-AzStorageContext’
  • コンテキストに Credentials フィールドがない場合の問題を修正しました
  • 有効なコンテナ名として ” を追加しました

Az.StorageSync 2.0.0

  • Set-AzStorageSyncServerEndpoint の InputObject パラメーターに対する ‘RegisteredServer’ を非推奨にしました

Az.Synapse 3.0.0

  • ‘New-AzSynapseSparkPool’ および ‘Update-AzSynapseSparkPool’ コマンドレットのパラメーター ‘-SparkConfigFilePath’ の不必要な重大な変更を削除しました。

Az.Websites 3.0.0

  • ‘New-AzWebAppContainerPSSession’ および ‘Enter-AzWebAppContainerPSSession’ コマンドレットを削除しました。

既知の問題

  • Az.Cdn モジュールから次のコマンドレットを実行するときに問題が発生することが確認されました。 できるだけ早くホットフィックスの提供に取り組んでいます。
    • Update-AzFrontDoorCdnProfile
    • Remove-AzCdnProfile
    • Remove-AzFrontDoorCdnProfile
    • Update-AzCdnProfile
    • Start-AzFrontDoorCdnProfilePrepareMigration

コミュニティの貢献者に感謝

  • Gitanjali Verma (@gitanjali1993)
    • Set-AzApplicationGatewayBackendAddressPool.md をアップデートしました (#21458)
  • Jeremiah Mathers (@jeremiahmathers)
    • Set-AzApplicationGatewayConnectionDraining.md をアップデートしました (#21601)
  • Morris Janatzek (@morrisjdev)
    • 1 つのアクションでのパッケージの削除と追加をサポートするため、Update-AzSynapseSparkPool の PackageAction Set を追加しました (#21579)
  • Adam Myatt (@myatt83)
    • Set-AzNetworkManagerSubscriptionConnection.md をアップデートしました (#21621)
    • Get-AzApiManagementAuthorizationServerClientSecret.md をアップデートしました (#21619)
  • Noah Koontz (@prototypicalpro)
    • Az.Network のヘルプを再生成しました (#21533)
    • 機能 : 仮想ハブの自動スケール サポートを追加し、ネットワーク形式をアップデートしました (#21518)
  • Simon Wåhlin (@SimonWahlin)
    • Publish-AzBicepModule の -Force パラメーターを追加しました (#21713)
  • Steve Matney (@stevematney)
    • Update-AzWebAppTrafficRouting.md の誤字を追加しました (#21667)
スポンサーリンク

参考サイト

Azure PowerShell

コメント