コンテナー アプリが残存している状態でコンテナー アプリ環境を削除しようとするとどうなるか

スポンサーリンク

前回投稿したブログ エントリからの派生となりますが、コンテナー アプリが残存している状態でコンテナー アプリ環境を削除しようとするとどうなるか、について検証してみました。

検証した結果として、「コンテナー アプリが残存している状態でコンテナー アプリ環境は削除できない」ことが確認できました。

さすがに動いているかもしれないコンテナー アプリがある状況でコンテナー アプリ環境は削除されない、安全な挙動になっていました (

Azure ポータル

Azure ポータルからコンテナー アプリが残存している状態でコンテナー アプリ環境を削除しようとすると、「この Container Apps 環境は、既存の Container Apps が含まれているため、削除できません。」というダイアログ ボックスが表示されます。

Azure CLI (containerapp 拡張機能)

az containerapp env delete コマンドを使って、コンテナー アプリが残存している状態でコンテナー アプリ環境を削除しようとすると、「(ManagedEnvironmentHasContainerApps) The specified environment ACA-Demo-Environment cannot be deleted because it still contains XXX ContainerApps」と表示され、エラー終了します。

スポンサーリンク

関連サイト

Azure Container Apps

コメント