Azure CLI v2.55.0 がリリースされました

ブログ エントリ内にアフィリエイト広告が含まれています
スポンサーリンク

2023/12/05 に Azure CLI v2.55.0 がリリースされました。

スポンサーリンク

Azure CLI v2.55.0 (December 05, 2023) のアップデート内容

ACR

  • az acr login : ハイフンを含むレジストリ名を許可しました
  • #27487 を修正しました :
    • az acr check-health : Mac OS の acr check-health 時の DOCKER_PULL_ERROR を修正しました

AKS

  • az aks update : 送信 IP の説明をアップデートし、制限を削除しました
  • az aks create : 引数 –asg-ids–allowed-host-ports を追加しました
  • az aks nodepool add/update : Add arguments –asg-ids and –allowed-host-ports

App Service

  • #27189 を修正しました :
    • az webapp log tail : SCM 接続が失われたときに例外をキャッチします

Billing

  • az billing period list : –top が期待どおりに動作しない問題を修正しました
  • az billing invoice download : コマンドが動作しない問題を修正しました
  • az billing invoice list : –period-end-date および –period-start-date ヘルプ メッセージ エラーを修正しました

Compute

  • az disk create : 頻繁に接続されるデータ ディスクの信頼性とパフォーマンスを向上するよう、新しいパラメーター –optimized-for-frequent-attach を追加しました
  • az disk/snapshot create : ARM ID を使用した Elastic SAN ボリューム スナップショットの作成をサポートするよう、新しいパラメーター –elastic-san-resource-id を追加しました

Containerapp

  • az containerapp ingress cors enable : 値が None でない場合のみ、引数 –allow-headers–allow-credentials–allow-methods–expose-methods–max-age をアップデートします
  • az containerapp : 例のコンテナー アプリ名とコンテナー アプリ ジョブ名を正式な名前に変更しました

Key Vault

  • az keyvault backup start : 出力で status を追加しました

Monitor

  • az monitor activity-log alert : API バージョン 2020-10-01 にアップグレードして、any-of クエリ条件を含めました
  • az monitor activity-log alert : ユーザーがクエリ条件を具体的に変更できるよう、パラメーター all-of を公開しました

Network

  • az network private-endpoint-connection : プロバイダー Microsoft.DBforPostgreSQL/flexibleServers を追加しました
  • az network public-ip prefix : パラメーター –tier を追加しました

RDBMS

  • az postgres flexible-server replica create : レプリカ作成中の –tier–sku-name–storage-size のようなパラメーターのサポートを追加しました
  • az postgres flexible-server update : –performance-tier を用いてフレキシブル サーバーのカスタム IOPS アップデートのサポートを追加しました
  • az postgres flexible-server advanced-threat-protection-setting show : 高度な脅威保護設定を表示します
  • az postgres flexible-server advanced-threat-protection-setting update : –state を Enabled/Disabled として用いることで、高度な脅威保護設定をアップデートします

Service Connector

  • az containerapp connection create : Container Apps で Key Vault リファレンスを有効にします

SQL

  • az instance-pool create/update : SQL インスタンス プール リソースにオプション パラメーター –maintenance-configuration-id を追加しました
  • az mi create/update : SQL マネージド サーバー リソースにオプション パラメーター –instance-pool-name を追加しました

Storage

  • az storage blob upload : サイズが 8mb 以上の追加/ブロック Blob の max_block_size を 4mb ではなく 8mb に増やしました
  • az storage blob upload : 追加 Blob のデフォルトの max_connections を 1 に変更しました
  • az storage file upload/upload-batch : –allow-trailing-dot で重大な –connection-string の使用法を修正しました
  • #27899 を修正しました :
    • az storage account create : 最初に check_name_availability() を実行し、同じ名前の既存のアカウントが見つかった場合に警告をスローします
スポンサーリンク

参考サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました