Update Rollup 69 for Azure Site Recovery が公開されました

ブログ エントリ内にアフィリエイト広告が含まれています
スポンサーリンク

Azure Site Recovery (ASR) のアップデート プログラム、Update Rollup 69 for Azure Site Recovery が公開されました。

スポンサーリンク

Update Rollup 69 for Azure Site Recovery について

このリリースには、Azure-to-Azure および Modernized VMware-to-Azure の保護シナリオの更新のみが含まれています。

導入

ここでは、Microsoft Azure Site Recovery Update Rollup 69 で修正された問題のバージョンについて、以下に説明します :

修正された問題の詳細、およびこのアップデートをインストールする前に確認する必要のある前提条件について説明します。

前提条件

Microsoft Azure Site Recovery Provider Update Rollup 69 をインストールするには、次のどれかがインストールされている必要があります :

  • Microsoft Azure Site Recovery Provider (バージョン 5.1.7700 以降)
  • Microsoft Azure Site Recovery Unified Setup (VMware to Azure) (バージョン 9.52.xxxx.x 以降)
  • Microsoft Azure Recovery Services Agent (バージョン 2.0.9202.0 以降)
[コントロール パネル] – [プログラムと機能] からインストールされているバージョンを確認することが可能です。

このアップデートによる修正される問題と改善点

この更新プログラムをインストールすることで、次の問題を修正および改善点があります。

Mobility Service

Linux OS サポート
  • Azure to Azure
    • Rocky Linux 8.7
    • Rocky Linux 9.0
    • Rocky Linux 9.1
    • SUSE Linux Enterprise Server 15 SP5
  • Modernized VMware/物理 to Azure
    • Rocky Linux 8.7
    • Rocky Linux 9.0
    • Rocky Linux 9.1
    • SUSE Linux Enterprise Server 15 SP5
Windows OS サポート
  • Azure to Azure
    • Windows 11
修正された問題
  • 保護マシンが正常にシャットダウンされ、追加のデータ転送操作が回避された場合に再同期がトリガーされないことを確認するチェックを追加しました。
  • ASR ドライバーがいくつかのファイルを識別できず、カーネル クラッシュを引き起こしていた Oracle Linux 7.9 VMware VM の問題を修正しました。
  • チャーン メトリクスが間違った単位で表示されていたエラー メッセージを修正しました。
  • Site Recovery ドライバーがメモリ スパイクによりクラッシュを引き起こす可能性がある保護された RHEL マシンの不具合を解決しました。
  • クリーンアップ手順が不足していたために Debian 11 マシンの再保護操作が失敗する問題を修正しました。
  • 操作が 3.1.x より古いカーネルと互換性がないために、CentOS 7.8 マシンで Mobility サービスのインストールが失敗する問題を修正しました。
  • Mobility サービス プロセスが停止時に終了しなかったため、Windows VMware VM の再保護中に最初のレプリケーション/再同期操作が進行しない問題を修正しました。

Microsoft Azure Site Recovery レプリケーション アプライアンス

アップデート
コンポーネント バージョン
物理 Discovery サーバー 2.0.2027.28
Discovery サーバー 2.0.2027.39
Site Recovery プロバイダー 5.23.1101.10
Appliance Configuration Manager 6.0.931.145
Proxy サーバー 1.38.8708.11966
Replication サービス 1.38.8707.13595
Re-protection サーバー 1.40.8771.15612
Push インストール エージェント 1.40.8879.36458
Recovery Services エージェント 2.0.9263.0
Process サーバー 9.56.6879.1

Azure Site Recovery オンプレミス コンポーネントのアップデート

オンプレミス VMM サイトと Azure 間

  1. Update Rollup 69 for Microsoft Azure Site Recovery Provider をダウンロードします。
  2. オンプレミス VMM サーバー上で Update Rollup 69 for Microsoft Azure Site Recovery Provider をインストールします。
  3. すべての Hyper-V ホストで最新の MARS エージェントをインストールします。
VMM が高可用性 VMM (VMM クラスター) である場合、VMM サービスがインストールされているクラスタのすべてのノードにアップグレードをインストールするようにしてください。

オンプレミス Hyper-V サイトと Azure 間

  1. Update Rollup 69 for Microsoft Azure Site Recovery Provider をダウンロードします。
  2. Azure Site Recovery に登録されている Hyper-V サーバーの各ノード上のプロバイダーをインストールします。
Hyper-V がホスト クラスター Hyper-V サーバーの場合、クラスタのすべてのノードにアップグレードをインストールするようにしてください。

オンプレミス VMware/物理サイトと Azure 間 (Modernized)

  1. Appliance Configuration Manager に移動し、オンプレミス管理アプライアンスが最新であることを確認します。 そうでない場合、最新バージョンよりも古いコンポーネントの最新バージョンをダウンロードします。
  2. Azure portal に移動し、[保護されたアイテム] > [レプリケートされたアイテム] ページに移動します。 このページで VM を選択します。各 VM のページの下部に表示される [エージェントのアップデート] ボタンを選択します。これにより、すべての保護された VM 上のモビリティ サービス エージェントがアップデートされます。
すべての最新の変更がソース コンピューターに読み込まれていることを確認するために、Mobility エージェントをアップグレードするたびに再始動することを推奨します。しかし必須ではありません。最後の再起動中のエージェントのバージョンと現在のバージョンの差が 4 より大きい場合、再起動は必須です。詳細な説明については次の表を参照してください。
最新の再起動中のエージェントのバージョン バージョンへのアップグレード 再起動の必須可否について
9.25 9.27 必須ではない
9.25 9.28 必須ではない
9.25 9.29 必須ではない
9.25 9.30 必須です。
最初にバージョン 9.29 にアップグレードしてからバージョン 9.30 にアップグレードする前に再起動します (最後の再起動が実行されたバージョンとターゲット バージョンとの違いが 4 以上のため)。
スポンサーリンク

参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました