リモートデスクトップ接続で使用するリスニングポートを変更する方法についてKB306759で公開されています

スポンサーリンク

リモートデスクトップ接続(RDP)で使用するリスニングポートはデフォルトで「3389」ですが、変更する方法について、Microsoft社サポート技術情報 – KB306759で公開、Microsoft Fixで対処できるようになりました。

使用方法は以下の通り。

  1. マイクロソフト社技術情報 – KB306759のサイトにアクセス、サイト内の「Micorosoft Fix it」のアイコンをクリックし、「MicrosoftFixit50595.msi」をダウンロード、任意の場所に保存します。
  2. ダウンロードした「MicrosoftFixit50595.msi」を起動、「同意する」のチェックボックスをオンにした後、[次へ]ボタンをクリックします。
  3. 1025-65535の範囲でリモートデスクトップ接続で使用するリスニングポートを入力、[次へ]ボタンをクリックします。
  4. 設定が完了したら、[閉じる]ボタンをクリックします。
  5. システムの再起動を促すダイアログボックスが表示されるので、[はい]ボタンをクリックし、システムを再起動、設定を反映します。

設定した内容は、レジストリキー「HKEY_LOCAL_MACHINESystemCurrentControlSetControlTerminalServerWinStationsRDP-Tcp」配下の値「PortNumber」に格納されます。

[参考]