DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット (Remove-ChildDatasource) について

スポンサーリンク

System Center Data Protection Manager 2010 (DPM 2010) のDPM管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

DPM管理シェルは、DPM 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについて、オンライン上では英語の情報しか公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Remove-ChildDatasource」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。

■名前

Remove-ChildDatasource

■概要

データ ソースまたは子データ ソースを保護グループから削除します。

■構文

Remove-ChildDatasource [-ProtectionGroup] [-ChildDatasource] [-KeepDiskData]
     [-KeepOnlineData] [-KeepTapeData] [-PassThru] [<CommonParameters>]

Remove-ChildDatasource [-Online] [-ChildDatasource] [-ProtectionGroup] [-PassThru]
     [<CommonParameters>]

■説明

Remove-ChildDatasourceコマンドレットは、データ ソースまたは子データ ソースを保護グループから削除します。子データ ソースとは、保護されるボリューム上のファイルまたはフォルダーを指します。

Remove-Datasourceコマンドレットを使用してデータ ソースを削除する場合、除外の設定と同じになります。

■パラメーター

-Online
Add-ProtectableObjectの場合 : 保護可能なオブジェクトをDPMオンラインで同様に保護する必要があることを示します。
New-RecoveryPointの場合 : 回復ポイントをDPMオンラインで作成する必要があることを示します。
Remove-DatasourceReplicaの場合 : DPMオンラインで保持されているデータを削除する必要があることを示します。
Remove-ChildDatasourceの場合 : 保護可能なオブジェクトをDPMオンラインで保護から削除することを示します。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置2

-ChildDatasource
個別に保護できるデータ ソース。たとえば、ファイル システムにあるフォルダーです。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
位置1

-ProtectionGroup
保護グループの名前。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
位置0

-KeepDiskData
ディスク上にデータを保持します。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-KeepOnlineData
DPMオンラインのデータを保持することを示します。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-KeepTapeData
テープ上にある既存のデータを保持します。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-PassThru
-PassThruパラメーターはDPMの多くのコマンドで使用でき、既定の出力がない場合に関連オブジェクトを返します。-PassThruパラメーターを使用すると、上記のコマンドレットをパイプラインの一部にすることができます。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

ProtectionGroup

■メモ

操作がタイムアウトした場合、ドアが自動的にロックされます。

詳細については、「Get-Help Remove-ChildDatasource -detailed」と入力してください。
技術情報については、「Get-Help Remove-ChildDatasource -full」と入力してください。

コマンドレットの更新情報については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=95130 (英語の可能性あり) を参照することもできます。

■例

例1

$pg = Get-ProtectionGroup -DPMServerName &quot;TestingServer&quot;
$mpg=Get-ModifiableProtectionGroup $pg[0]
$po = Get-Datasource -ProtectionGroup $pg
Remove-ChildDatasource -ProtectionGroup $mpg -ChildDatasource $po[8]

このコマンドにより、親データ ソースに格納されている9番目の子データ ソースが削除されます。

[参考]

コメント

  1. […] (Remove-ChildDatasource) について « 焦げloghttp://kogelog.com/2011/09/14/20110914-02/ 共有:印刷メールアドレスFacebookTwitterはてな続きStumbleUponRedditDigg […]