DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について

スポンサーリンク

System Center Data Protection Manager 2010 (DPM 2010) のDPM管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

DPM管理シェルは、DPM 2010本体をインストールすると、同時にインストールされますが、独立してインストールすることも可能です。

また、DPM管理シェルはDPM 2010の管理を目的として以下に分類されるコマンドレットが複数用意されているため、DPM 2010の管理における一連の操作をスクリプト化することが可能です。

  • DPM general cmdlets
  • DPM common cmdlets
  • DPM protection cmdlets
  • DPM recovery cmdlets
  • DPM role cmdlets

DPM管理シェルをインストールしたサーバー上で、[スタート] – [すべてのプログラム] – [Microsoft System Center Data Protection Manager 2010] – [DPM 管理シェル]を選択、クリックすることで起動することが可能です。

DPM管理シェル上で実行可能なコマンドレットの一覧を表示するには、以下のコマンドレットを実行することで一覧表示することが可能ですが、分類ごとに一覧表に纏めてみました。

 Get-DPMCommand 

DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧
分類コマンドレット内容
DPM general cmdletsAdd-DPMDisk新しいディスクを記憶域プールに追加する。
Add-TapeテープをDPMライブラリに追加する。
Disable-DPMLibrary指定したライブラリを無効にする。
Disable-TapeDriveライブラリで指定したテープ ドライブを無効にする。
Enable-DPMLibrary指定したライブラリを有効にする。
Enable-TapeDriveライブラリで指定したテープ ドライブを有効にする。
Get-DatasetStatusアーカイブ テープのデータセットの状態を返す。
Get-DPMDiskDPMサーバー上での最後の再スキャンで見つかったディスクの一覧を返す。
Get-DPMLibraryDPMサーバーに接続しているライブラリの一覧とライブラリの状態を返す。
Get-DPMVolumeDPMサーバー上のボリュームの一覧を返す。
Get-HeadlessDatasetアーカイブ テープ上の不完全なデータセットを返す。
Get-Tape複数のドライブおよびスロットにまたがるライブラリのテープの一覧を返す。
Get-TapeDriveDPM サーバー上にあるライブラリのドライブの一覧を返す。
Get-TapeSlotライブラリのスロットの一覧を返す。
Lock-DPMLibraryDoor指定したライブラリのドアをロックする。
Lock-DPMLibraryIEPortIEポートにあるメディアをロックして読み込む。
Remove-DPMDiskディスクを記憶域プールから削除する。
Remove-TapeテープをDPMライブラリから削除する。
Rename-DPMLibrary指定したライブラリの名前を変更する。
Set-DPMGlobalPropertyこのDPMインストールのグローバル プロパティを設定する。
Set-Tape指定したテープを “Archive”、”Cleaner”、”Free”、または “Not Free” としてマークする。
Start-AutoProtection自動保護用に構成されたインスタンスで新しいSQL Serverデータベースを検索して識別し、保護グループに追加する。
Start-DPMDiskRescan新しいディスクまたは構成が変更されているディスクのスキャンを実行する。
Start-DPMLibraryInventory指定したライブラリのテープのインベントリを開始する。
Start-DPMLibraryRescan再スキャン ジョブをバックグラウンドで開始して、新しいライブラリまたは変更されているライブラリを識別する。
Start-TapeDriveCleaningテープ ドライブのクリーニング ジョブを開始する。
Start-TapeEraseテープ消去ジョブを開始する。
Start-TapeRecatalogテープ上のデータに関する情報を返す。
Unlock-DPMLibraryDoor指定したライブラリのドアのロックを解除する。
Unlock-DPMLibraryIEPort指定したライブラリの IE ポートのロックを解除する。
DPM common cmdletsConnect-DPMServerDPMサーバーへの接続を開く。
Disconnect-DPMServerDPM接続セッションを閉じてセッションのオブジェクトをすべて解放する。
Get-Datasourceコンピューターまたは保護グループで保護されたデータおよび保護されていないデータの一覧を取得する。
Get-DPMGlobalPropertyこのDPMインストールのグローバル プロパティを取得する。
Get-ProductionServerDPM保護エージェントがインストールされているサーバーの一覧を返す。
DPM protection cmdletsAdd-BackupNetworkAddressサーバーによって使用されるバックアップ ネットワークを指定する。
Add-ChildDatasourceデータ ソースまたは子データ ソースを保護グループに追加する。
Get-AutoProtectIntentSQL Serverインスタンスの自動保護設定を取得する。
Get-BackupNetworkAddressサーバーに指定されたバックアップ ネットワークを返す。
Get-ChildDatasourceデータ ソース内の保護可能なファイル システム オブジェクトを返す。
Get-DatasourceDiskAllocation保護されたデータに割り当てられるディスク領域の容量を取得する。
Get-DatasourceProtectionOption保護グループで指定したデータ ソースの種類のすべてのデータ ソースに関する保護オプションを返す。
Get-MaintenanceJobStartTimeメンテナンス ジョブの開始時刻を返す。
Get-ModifiableProtectionGroup編集可能モードの保護グループを取得する。
Get-PolicyObjective保護グループの保護ポリシーを返す。
Get-PolicySchedule同期、回復ポイント作成 (シャドウ コピー)、およびテープ バックアップなどのさまざまな保護ジョブのスケジュールを返す。
Get-ProductionClusterDPMエージェントがインストールされているすべてのクラスターの一覧を返す。
Get-ProductionVirtualNameクラスターの仮想名を返す。
Get-ProtectionGroupDPMサーバー上にある保護グループの一覧を取得する。
Get-ProtectionJobStartTime保護ジョブの開始時刻を返す。
Get-ReplicaCreationMethod保護グループに指定されているレプリカの作成方法を取得する。
Get-TapeBackupOption保護グループのライブラリ、ドライブ、およびその他のバックアップ オプションやアーカイブ オプションを返す。
New-ProtectionGroupDPMサーバー上に新しい保護グループを作成する。
New-RecoveryPointデータ ソースの新しい回復ポイントを作成する。
Remove-BackupNetworkAddress指定されたネットワークをDPMサーバーが使用しないようにする。
Remove-ChildDatasourceデータ ソースまたは子データ ソースを保護グループから削除する。
Remove-DatasourceReplica非アクティブなレプリカを削除する。
Rename-ProtectionGroupDPMサーバー上にある既存の保護グループの名前を変更する。
Set-AutoProtectIntentSQL Serverインスタンスの自動保護設定を有効または無効にする。
Set-DatasourceDiskAllocation保護されたデータのディスク割り当てを変更する。
Set-DatasourceProtectionOption指定したデータ ソースの保護オプションを設定する。
Set-MaintenanceJobStartTimeメンテナンス ジョブの開始時刻を設定または削除する。
Set-PerformanceOptimizationデータの送信中の圧縮の設定または削除を有効にする。
Set-PolicyObjective保護グループのポリシー目標を設定する。
Set-PolicySchedule同期、回復ポイント作成 (シャドウ コピー)、およびテープ バックアップなどのさまざまな保護ジョブのスケジュールを設定する。
Set-ProtectionGroupDPMサーバー上の保護グループで実行されるすべての操作を保存する。
Set-ProtectionJobStartTime保護ジョブの開始時刻を設定または変更する。
Set-ProtectionType保護グループに使用される保護の種類を指定する。
Set-ReplicaCreationMethodディスク ベース保護のレプリカの作成方法を設定する。
Set-TapeBackupOption保護グループのテープ バックアップおよびライブラリのオプションを設定する。
Start-CreateCatalog指定したデータ ソースのカタログを生成する。
Start-DatasourceConsistencyCheck指定したデータ ソースに対して整合性チェックを実行する。
Start-ProductionServerSwitchProtectionプライマリDPMサーバーと障害回復サーバー間でデータ ソースの保護を切り替える。
Start-SwitchProtection一連のデータ ソースの保護を切り替えるためにセカンダリDPMサーバー上で実行する。
DPM recovery cmdletsCopy-DPMTapeData指定した回復ポイントのテープからデータをコピーする。
Get-RecoverableItem回復ポイントの回復可能な項目の一覧を返す。
Get-RecoveryPointデータ ソースに利用できるすべての回復ポイントを返す。
Get-RecoveryPointLocation回復ポイントの場所を返す。
New-RecoveryNotification回復に使用する通知オブジェクトを構築する。
New-RecoveryOption各種サーバーの回復オプションを設定する。
New-SearchOption指定した一連の回復ポイント内で特定の文字列を検索するために、検索オプションを含むオブジェクトを構築する。
Recover-RecoverableItemデータ ソースのバージョンをコピー先の場所に回復する。
Remove-RecoveryPoint回復ポイントをテープまたはディスクから削除する。
Start-OnlineRecatalogテープ上のデータの詳細一覧を返す。
Test-DPMTapeData回復ポイントのデータ セットを検証する。
DPM role cmdletsAdd-DPMRecoveryItemDPMロールのメンバーが回復できる回復可能な項目を指定する。
Add-DPMRecoveryTargetDPMロールに、特定の場所への回復権限を付与する。
Add-DPMSecurityGroupDPMロールにセキュリティ グループを追加する。
Get-DPMRecoveryItemロールにアタッチされている回復項目を取得および表示できます。
Get-DPMRecoveryTarget指定したロールの回復ターゲットを取得する。
Get-DPMRoleDPMロールを開いて編集したり、DPMロールとそのプロパティを表示する。
Get-DPMSecurityGroupDPMロールのセキュリティ グループを取得および表示する。
New-DPMRecoveryTarget新しい回復ターゲット オブジェクトを作成する。
New-DPMRole新しいDPMロールを定義する。
Remove-DPMRecoveryItemDPMロールが回復可能な一覧から回復項目を削除する。
Remove-DPMRecoveryTarget特定の場所への権限を DPM ロールから削除する。
Remove-DPMRole既存のDPMロールを削除する。
Remove-DPMSecurityGroupDPMロールからセキュリティ グループを削除する。
Rename-DPMRole既存のDPMロールの名前および説明を変更する。
Set-DPMRoleDPMロールに対して行ったすべての変更を保存する。

なお、DPM 2007のDPM管理シェル上で実行できるコマンドレットについては、以下のサイトに情報があります。

[参考]

コメント

  1. […] DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について | 焦げloghttps://kogelog.com/2011/08/04/20110804-01/ […]

  2. […] DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について | 焦げloghttps://kogelog.com/2011/08/04/20110804-01/ […]

  3. […] 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について « 焦げloghttps://kogelog.com/2011/08/04/20110804-01/ 共有:印刷メールアドレスFacebookTwitterはてな続きStumbleUponRedditDigg […]

  4. […] この記事では、「Set-DPMRole」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  5. […] この記事では、「Rename-DPMRole」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  6. […] この記事では、「Remove-DPMSecurityGroup」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  7. […] この記事では、「Remove-DPMRole」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  8. […] この記事では、「Unlock-DPMLibraryDoor」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  9. […] この記事では、「Unlock-DPMLibraryDoor」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  10. […] この記事では、「New-DPMRole」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  11. […] この記事では、「New-DPMRecoveryTarget」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  12. […] この記事では、「Get-DPMSecurityGroup」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  13. […] この記事では、「Get-DPMRole」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  14. […] この記事では、「Get-DPMRecoveryTarget」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  15. […] この記事では、「Get-DPMRecoveryItem」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  16. […] この記事では、「Add-DPMSecurityGroup」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  17. […] この記事では、「Add-DPMRecoveryTarget」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  18. […] この記事では、「Add-DPMRecoveryItem」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  19. […] この記事では、「Test-DPMTapeData」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  20. […] この記事では、「Start-OnlineRecatalog」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  21. […] この記事では、「Remove-RecoveryPoint」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  22. […] この記事では、「Recover-RecoverableItem」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  23. […] この記事では、「New-SearchOption」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  24. […] この記事では、「New-RecoveryOption」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  25. […] この記事では、「New-RecoveryNotification」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  26. […] この記事では、「Get-RecoveryPointLocation」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  27. […] この記事では、「Get-RecoveryPoint」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  28. […] この記事では、「Get-RecoverableItem」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  29. […] この記事では、「Copy-DPMTapeData」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  30. […] この記事では、「Start-SwitchProtection」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  31. […] この記事では、「Start-ProductionServerSwitchProtection」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  32. […] この記事では、「Start-DatasourceConsistencyCheck」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  33. […] この記事では、「Start-CreateCatalog」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  34. […] この記事では、「Set-TapeBackupOption」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  35. […] この記事では、「Set-ReplicaCreationMethod」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  36. […] この記事では、「Set-ProtectionType」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  37. […] この記事では、「Set-ProtectionJobStartTime」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  38. […] この記事では、「Set-ProtectionGroup」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  39. […] この記事では、「Set-PolicySchedule」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  40. […] この記事では、「Set-PerformanceOptimization」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  41. […] この記事では、「Set-PolicyObjective」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  42. […] この記事では、「Set-MaintenanceJobStartTime」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  43. […] この記事では、「Set-DatasourceProtectionOption」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  44. […] この記事では、「Set-DatasourceDiskAllocation」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  45. […] この記事では、「Set-AutoProtectIntent」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  46. […] この記事では、「Rename-ProtectionGroup」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  47. […] この記事では、「Remove-DatasourceReplica」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  48. […] この記事では、「Remove-ChildDatasource」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  49. […] この記事では、「Remove-BackupNetworkAddress」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  50. […] この記事では、「New-RecoveryPoint」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  51. […] この記事では、「New-ProtectionGroup」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  52. […] この記事では、「Get-TapeBackupOption」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  53. […] この記事では、「Get-ReplicaCreationMethod」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  54. […] この記事では、「Get-ProtectionJobStartTime」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  55. […] この記事では、「Get-ProtectionGroup」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  56. […] この記事では、「Get-ProductionVirtualName」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  57. […] この記事では、「Get-ProductionCluster」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  58. […] この記事では、「Get-PolicySchedule」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  59. […] この記事では、「Get-PolicyObjective」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  60. […] この記事では、「Get-ModifiableProtectionGroup」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  61. […] この記事では、「Get-MaintenanceJobStartTime」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  62. […] この記事では、「Get-DatasourceProtectionOption」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  63. […] この記事では、「Get-DatasourceDiskAllocation」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  64. […] この記事では、「Get-ChildDatasource」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  65. […] この記事では、「Get-BackupNetworkAddress」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  66. […] この記事では、「Get-AutoProtectIntent」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  67. […] この記事では、「Add-ChildDatasource」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  68. […] この記事では、「Add-BackupNetworkAddress」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  69. […] この記事では、「Get-ProductionServer」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  70. […] この記事では、「Get-DPMGlobalProperty」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  71. […] この記事では、「Get-Datasource」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  72. […] この記事では、「Disconnect-DPMServer」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  73. […] この記事では、「Connect-DPMServer」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  74. […] この記事では、「Unlock-DPMLibraryIEPort」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  75. […] この記事では、「Unlock-DPMLibraryDoor」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  76. […] この記事では、「Start-TapeRecatalog」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  77. […] この記事では、「Start-TapeErase」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  78. […] この記事では、「Rename-DPMLibrary」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  79. […] この記事では、「Start-DPMLibraryRescan」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  80. […] この記事では、「Start-DPMLibraryInventory」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  81. […] この記事では、「Start-DPMDiskRescan」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  82. […] この記事では、「Start-AutoProtection」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  83. […] この記事では、「Set-Tape」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  84. […] この記事では、「Get-TapeSlot」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  85. […] この記事では、「Rename-DPMLibrary」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  86. […] この記事では、「Remove-Tape」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  87. […] この記事では、「Remove-DPMDisk」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  88. […] この記事では、「Lock-DPMLibraryIEPort」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  89. […] この記事では、「Lock-DPMLibraryDoor」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  90. […] この記事では、「Get-TapeSlot」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  91. […] この記事では、「Get-TapeDrive」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  92. […] この記事では、「Get-Tape」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  93. […] この記事では、「Get-HeadlessDataset」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  94. […] この記事では、「Get-DPMVolume」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  95. […] この記事では、「Get-DPMLibrary」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  96. […] この記事では、「Get-DPMDisk」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  97. […] この記事では、「Get-DatasetStatus」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  98. […] この記事では、「Enable-TapeDrive」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  99. […] この記事では、「Enable-DPMLibrary」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  100. […] この記事では、「Disable-TapeDrive」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  101. […] この記事では、「Disable-DPMLibrary」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  102. […] この記事では、「Add-Tape」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。 […]

  103. […] DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について RSS フィード […]