FPSP 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (Get-FsspAdvancedOptions) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for SharePoint (FPSP 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPSP 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Get-FsspAdvancedOptions」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPSP 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Get-FsspAdvancedOptions

■概要

詳細オプションを取得します。

■構文

Get-FsspAdvancedOptions [<CommonParameters>]

■説明

Set-FsspAdvancedOptionsで設定されたすべての詳細オプションを取得します。

■パラメーター

-Cached <switch>
FPEサーバーの前回更新時の稼動状態を返します。省略可能です。このデータはFPEヘルス システム キャッシュから取得され、最後に更新された日付と時刻が含まれます。

-Cachedが指定されていない場合、このコマンドレットは、サーバーの稼動状態を再スキャンし、現在の稼動状態を返すように要求を開始します。このため、-Cachedを使用した方が迅速にデータを取得できます。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

例1

 Get-FsspAdvancedOptions 

例1:出力結果

DeleteCorruptedCompressed           : False
DeleteCorruptedUuencode             : False
DeleteEncryptedCompressed           : False
QuarantineCorruptedCompressed       : True
MultipartRARCorrupted               : True
HighCompressedZipCorrupted          : True
QuarantineOnTimeout                 : True
EngineErrorAction                   : DELETE
MaxContainerFileInfections          : 5
MaxContainerFileSize                : 25
MaxUnCompressedFileSize             : 100
MaxNestedDepthCompressedFiles       : 5
MaxNestedObjects                    : 30
ScanAllAttachments                  : True
AdditionalTypeChecking              : 0
ConvertExtensionType                : txt
EnableKeywordFilteringCaseSensitive : False

例1:説明

詳細オプションと現在の値の一覧を返します。

■関連するリンク

  • Set-FsspAdvancedOptions

[参考]