FPSP 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (Set-FsspIncidentOptions) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for SharePoint (FPSP 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPSP 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Set-FsspIncidentOptions」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPSP 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Set-FsspIncidentOptions

■概要

インシデント データベースのオプションを設定します。

■構文

Set-FsspIncidentOptions [-EnablePurging <Boolean>] [-PurgeAfter <int>]
     [-SizeLimit <int>] [<CommonParameters>]

■説明

インシデント データベースのオプションを設定します。これには、データベースの上限サイズ、インシデント アイテムを削除するかどうか、およびインシデント アイテムを保持する期間が含まれます。

■パラメーター

-EnablePurging <Boolean>
-PurgeAfterパラメータの定義に従って、インシデント データベース内のアイテムを一定期間後に自動的に削除するかどうかを指定します。省略可能です。指定可能な値は$falseおよび$trueです。既定値の$falseは、インシデント データベース アイテムが自動的に削除されないことを意味します。

必須false
位置named
既定値False
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-PurgeAfter <int>
インシデント データベースからアイテムを自動的に削除するまでの日数を設定します。省略可能です。 -EnablePurgingを$trueに設定した場合にのみ、この設定を使用します。1~1000の正の整数を指定できます。既定値は30日ですが、-EnablePurgingが有効でない限り使用されません。

必須false
位置named
既定値30
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-SizeLimit <int>
インシデント データベースの最大サイズ (GB単位) を設定します。省略可能です。指定可能な値は1~30 (両端を含む) です。既定値は4です。

必須false
位置named
既定値4
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

例1

 Set-FsspIncidentOptions -EnablePurging $true -PurgeAfter 60 -SizeLimit 6 

例1:説明

60日が経過したアイテムはインシデント データベースから削除されます。インシデント データベースの最大サイズは6GBに設定されます。

コマンドが正常に完了した場合は、何も出力されません。

■関連するリンク

  • Get-FsspIncidentOptions
  • Get-FsspIncident
  • Remove-FsspIncident

[参考]