System Center 2012 Service Pack 1 CTP版 (CTP2) が公開されています

スポンサーリンク

2012/06/15 (米国時間) にSystem Center 2012 Service Pack 1のCTP版 (CTP2) が公開されました。バックアップ管理ツールであるData Protection Manager (DPM) も含まれており、以下のサイトからSystem Center 2012 Service Pack 1 CTP2コンポーネントを個別でダウンロードすることが可能です。

ダウンロード可能なSystem Center 2012 Service Pack 1 CTP2モジュールは以下となります。

  • ConfigMgr_SCEP_2012_SP1_CTP_7743.exe
  • SC2012_SP1_CTP2_AC.exe
  • SC2012_SP1_CTP2_DPM.exe
  • SC2012_SP1_CTP2_O.exe
  • SC2012_SP1_CTP2_OM.exe
  • SC2012_SP1_CTP2_SM.exe
  • SC2012_SP1_CTP2_SPF.exe
  • SC2012_SP1_CTP2_VMM.exe

なお、System Center 2012 Service Pack 1 CTP2は英語のみの提供となり、サイト内に以下の記述があるとおりCTP2では日本語などの他の言語への対応は計画されていないようです。

6/15/2012 – CTP2, en-us version. No further localization planned

System Center 2012 Service Pack 1 CTP2の概要およびシステム要件について意訳したものとなりますが、以下に記載します。


[概要]

CTP2では、System Center 2012とWindows Server 2012 RC版を評価することが可能です。 また、以下のSystem Center 2012コンポーネントに対する機能強化を含みます:

  • Virtual Machine Manager
    • Network Virtualizationに対するサポート改善
    • アドインを含むVMMコンソールの拡張
    • Windows Standards-Based Storage Management Service (論理ユニットの詳細なプロビジョニングおよびSASストレージの発見) のサポート
    • VHDからVHDXへのコンバートおよびオペレーティング システム イメージを元にしたVHDXの使用
  • Configuration Manager
    • Windows 8のサポート
    • Mac OSクライアントのサポート
    • LinuxおよびUnixサーバーのサポート
  • Data Protection Manager
    • CSV 2.0に対するHyper-Vのバックアップ性能の改善 
    • リモートSMB共有に対するHyper-Vの保護
    • Windows Server 2012の重複除外ボリュームの保護
    • VMライブ マイクレーションの連続的な保護
  • App Controller
    • 仮想マシンを生成および操作するためのService Provider Foundation API
    • Azure VMのサポート (VMMからWindows AzureへのVHDの移行、オンプレミス上のSystem Centerからの管理)
  • Operations Manager
    • IIS 8のサポート
    • WCF、MVCおよび.NET NTサービスの監視
    • Azure SDKのサポート
  • Orchestrator
    • サードパーティを含む統合パック (IP) の追加サポート
    • VMM セルフ サービス ユーザー役割の管理
    • 複数のスタンプからの総計の結果となる複数のVMM「スタンプ」 (スケール単位) の管理
    • ホステッド クラウドを使用するApp Controllerによる統合
  • Service Manager
    • VMMクラウドへのpricesheetsの適用
    • Chargebackレポートの生成
    • コストセンター、VMMクラウド、Pricesheetsによるピボット
  • Server App-V
    • パッケージ間のスケジュール化されたタスク生成のアプリケーションのサポート
    • 離れたネイティブ サーバー上にインストールされたアプリケーションから仮想アプリケーションパッケージのの生成

[システム要件]

サポートするオペレーティング システム: Windows 8 Release Preview、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2

System Center 2012 SP1 CTP2 Virtual Machine Manager サーバーは、 Windows Server 2012 RCのみ実行可能です。すべての必要な要件は, 次のリンクからアクセスできるドキュメント「Virtual Machine Manager in System Center 2012 Service Pack 1 (SC2012SP1_VMM_CTP2.docx)」を参照: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=254803.

Configuration Managerに必要な要件は次のリンクから確認することが可能です: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=252950.

System Center 2012で新規にサポートされたオペレーティング システムに加え、その他のコンポーネントについては、Windows Server 2012 RCおよびSQL Server 2012をサポートします。 System Center 2012に関するサポートの詳細については、次のリンクを参照: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=255218.


最後に、System Center 2012 Service Pack 1 CTP2に関するドキュメントについて、英語の情報しかありませんが以下のサイトからダウンロードすることが可能です。

  • Download: Technical Documentation Download for the CTP2 release of System Center 2012 Service Pack 1 – Microsoft Download Center – Download Details
    http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=30134
  • [参考]

    コメント

    1. […] Center 2012 Service Pack 1 CTP版 (CTP2) が公開されています « 焦げloghttp://kogelog.com/2012/06/27/20120627-01/ […]