Windows Server 2012のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレット (Get-ClusterCheckpoint) について

スポンサーリンク

Windows Server 2012では、Windows Server 2008 R2からActive Directory (AD)やフェールオーバー クラスタリング (WSFC) といったサーバー管理におけるPowerShellコマンドレットが強化、および追加されました。

各役割および機能に関するPowerShellコマンドレットのヘルプについて、オンライン上で公開されていますが、現時点では主に英語のみで日本語の情報はあまり公開されていないようです。

ここでは、Windows Server 2012のWSFCに関するPowerShellコマンドレットの情報について、日本語としてオンライン上で備忘録として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集、補足したものとなります)。

この記事では、「Get-ClusterCheckpoint」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「Windows Server 2012のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Get-ClusterCheckpoint

■概要

リソースに対する暗号化キーチェックポイントもしくはレジストリ チェックポイントを収集します。

■構文

Stop-ClusterResource [[-Name] <string>] [-IgnoreLocked] [-Wait <int32>]
     [-InputObject <psobject>] [-Cluster <string>] [<CommonParameters>]

■説明

Get-ClusterCheckpointコマンドレットは、リソースに対する暗号化キーチェックポイントもしくはレジストリ チェックポイントを収集します。

チェックポイントは、情報をクラスター構成データベースに保管する、ローカルに構成情報を格納するアプリケーションにに対して、フェールオーバーをサポートする手助けをします。アプリケーションは、ローカルに情報を2つの方法に保存するかもしれません。1つは、ローカル サーバーに構成情報をレジストリに格納すること、もう1つは、ローカル サーバーで暗号化キーを使用することです。

■パラメーター

-CheckpointName<String>
検索するチェックポイント名を指定します。ワイルドカードの使用は許可されます。

エイリアスなし
必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Cluster <string>
このコマンドレットを実行するクラスターの名前を指定します。「-Cluster .」と入力するか、パラメーターを省略した場合、コマンドレットはローカル クラスターで実行されます。

エイリアスなし
必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-CryptoCheckpoint
収集する暗号化キーチェックポイントをしています。

エイリアスなし
必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-InputObject <psobject>
チェックポイントを収集する実行しているコマンドレット、もしくはクラスター リソース上のクラスターを指定します。

エイリアスなし
必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RegistryCheckpoint
収集するレジストリ チェックポイントを指定します。

エイリアスなし
必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ResourceName<StringCollection>
チェックポイントを収集するためのリソースを指定します。

エイリアスなし
必須false
位置1
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: -Verbose-Debug-ErrorAction-ErrorVariable-WarningAction-WarningVariable-OutBuffer、および-OutVariable。詳細については、「about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

System.Management.Automation.PSObject

■出力

System.Object

■エイリアス

なし

■メモ

このコマンドレットを含むモジュールのヘルプ ファイルをダウンロードしてインストールするには、Update-Helpを使用してください。

このコマンドレットのヘルプ トピックをオンラインで確認するには、「Get-Help Get-ClusterCheckpoint -Online」と入力するか、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=216209を参照してください。

■例

例1

 Get-ClusterCheckpoint 

例1:出力結果

Resource                      Name                          Type                          Key
——–                      —-                          —-                          —
Cluster Name                  Microsoft Enhanced Cryptog…                               b5a571f2-c28b-48fa-b82f-a8…
Cluster Name                  softwareclusname

例1:説明

このコマンドは、すべてのチェックポイントを収集します。

例2

 Get-ClusterResource –ResourceName &amp;quot;Cluster Name&amp;quot; | Get-ClusterCheckpoint -CryptoCheckpoint 

例2出力結果

Resource                      Name                          Type                          Key
——–                      —-                          —-                          —
Cluster Name                  Microsoft Enhanced Cryptog…                               b5a571f2-c28b-48fa-b82f-a8…

例2説明

このコマンドは、Claster Nameと名付けられたリソースの暗号化キー チェックポイントを収集します。

■関連するリンク

  • Add-ClusterCheckpoint
  • Remove-ClusterCheckpoint

[参考]