Windows Server 2012のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレット (Get-ClusterResource) について

スポンサーリンク

Windows Server 2012では、Windows Server 2008 R2からActive Directory (AD)やフェールオーバー クラスタリング (WSFC) といったサーバー管理におけるPowerShellコマンドレットが強化、および追加されました。

各役割および機能に関するPowerShellコマンドレットのヘルプについて、オンライン上で公開されていますが、現時点では主に英語のみで日本語の情報はあまり公開されていないようです。

ここでは、Windows Server 2012のWSFCに関するPowerShellコマンドレットの情報について、日本語としてオンライン上で備忘録として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集、補足したものとなります)。

この記事では、「Get-ClusterResource」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「Windows Server 2012のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Get-ClusterResource

■概要

フェールオーバー クラスター内の1つまたは複数のリソースに関する情報を取得します。

■構文

Get-ClusterResource [[-Name] <StringCollection>] [-VMId <guid>]
     [-InputObject <psobject>] [-Cluster <string>]  [<CommonParameters>]

■説明

Get-ClusterResourceコマンドレットは、フェールオーバー クラスター内の1つまたは複数のリソースに関する情報を取得します。

クラスター化されたリソースの共通のプロパティを設定するには、このコマンドレットを使用してクラスター化されたリソースのオブジェクトを取得し、そのオブジェクトに適切なプロパティを直接設定します。クラスター化されたリソースに関する詳細情報を取得および設定するには、このコマンドレットをGet- ClusterParameterおよびSet-ClusterParameterと組み合わせて使用します。

■パラメーター

-Cluster <string>
このコマンドレットを実行するクラスターの名前を指定します。「-Cluster .」と入力するか、パラメーターを省略した場合、コマンドレットはローカル クラスターで実行されます。

エイリアス なし
必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-InputObject <psobject>
クラスター リソースを列挙する対象のクラスター ノードまたはクラスター グループを指定します。

エイリアス なし
必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する true (ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

-Name <StringCollection>
取得するクラスター リソースの名前を指定します。

エイリアス なし
必須 false
位置 1
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する true

-VMId <guid>
仮想マシン識別子 (ID)を指定します。

エイリアス なし
必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する true (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: -Verbose-Debug-ErrorAction-ErrorVariable-WarningAction-WarningVariable-OutBuffer、および-OutVariable。詳細については、「about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

System.Guid
System.Management.Automation.PSObject

■出力

System.Object

■エイリアス

なし

■メモ

このコマンドレットを含むモジュールのヘルプ ファイルをダウンロードしてインストールするには、Update-Helpを使用してください。

このコマンドレットのヘルプ トピックをオンラインで確認するには、「Get-Help Get-ClusterResource -Online」と入力するか、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=216219を参照してください。

■例

例1

 Get-ClusterResource 

例1:出力結果

Name                State               Group               ResourceType
—-                —–               —–               ————
Cluster Disk 1      Online              Cluster Group       Physical Disk
Cluster Disk 2      Online              Available Storage   Physical Disk
Cluster Disk 3      Online              Available Storage   Physical Disk
Cluster Disk 4      Online              Available Storage   Physical Disk
Cluster Disk 5      Online              Available Storage   Physical Disk
Cluster Disk 6      Online              Available Storage   Physical Disk
Cluster Disk 7      Online              Available Storage   Physical Disk
Cluster IP Address  Online              Cluster Group       IP Address
Cluster IP Addre… Online              Cluster Group       IPv6 Address
Cluster Name        Online              Cluster Group       Network Name

例1:説明

このコマンドは、ローカル クラスター上のすべてのクラスター リソースを一覧表示します。

例2

 Get-ClusterResource &amp;quot;Cluster Disk 2&amp;quot; | fl * 

例2:出力結果

Cluster                : cluster1
IsCoreResource         : False
IsNetworkClassResource : False
IsStorageClassResource : True
OwnerNode              : node2
ResourceType           : Physical Disk
State                  : Online
OwnerGroup             : Available Storage
Name                   : Cluster Disk 2
MaintenanceMode        : False
MonitorProcessId       : 524
Description            :
SeparateMonitor        : False
PersistentState        : 1
LooksAlivePollInterval : 4294967295
IsAlivePollInterval    : 4294967295
RestartAction          : 2
RestartThreshold       : 1
RestartDelay           : 500
RestartPeriod          : 900000
RetryPeriodOnFailure   : 3600000
PendingTimeout         : 180000
DeadlockTimeout        : 300000
ResourceSpecificStatus :
Id                     : 6e394089-145a-4279-b75d-b14015cc36e4

例2:説明

このコマンドは、(ローカル クラスター上の) Cluster Disk 2に関する情報を一覧形式で表示します。

例3

 Get-ClusterResource &amp;quot;Cluster Disk 2&amp;quot; | Get-ClusterParameter 

例3:出力結果

Object              Name                Value               Type
——              —-                —–               —-              
Cluster Disk 2      DiskIdType          0                   UInt32
Cluster Disk 2      DiskSignature       2654136047          UInt32
Cluster Disk 2      DiskIdGuid                              String
Cluster Disk 2      DiskRunChkDsk       0                   UInt32
Cluster Disk 2      DiskUniqueIds       {16, 0, 0, 0…}    ByteArray
Cluster Disk 2      DiskVolumeInfo      {1, 0, 0, 0…}     ByteArray
Cluster Disk 2      DiskArbInterval     3                   UInt32
Cluster Disk 2      DiskPath                                String
Cluster Disk 2      DiskReload          0                   UInt32
Cluster Disk 2      MaintenanceMode     0                   UInt32
Cluster Disk 2      MaxIoLatency        1000                UInt32
Cluster Disk 2      CsvEnforseWriteT… 0                   UInt32
Cluster Disk 2      DiskPnpUpdate       {0, 0, 0, 0…}     ByteArray

例3:説明

このコマンドは、ローカル クラスター上のCluster Disk 2の詳細パラメーターを表示します。

例4

 Get-ClusterGroup FileServer1 | Get-ClusterResource 

例4:出力結果

Name                State               Group               ResourceType
—-                —–               —–               ————
Cluster Disk 1      Online              FileServer1         Physical Disk
Cluster IP Address  Online              FileServer1         IP Address
Cluster IP Addre… Online              FileServer1         IPv6 Address
FileServer1         Online              FileServer1         Network Name

例4:説明

このコマンドは、クラスター グループFileServer1 (ローカル クラスター上のクラスター化されたファイル サーバー) 内のクラスター リソースを一覧表示します。

例5

 $resource = Get-ClusterResource &amp;quot;Cluster Disk 2&amp;quot;; $resource.RestartDelay = 600 

例5:説明

このコマンドは、ローカル クラスター上の”Cluster Disk 2″リソースの共通のプロパティRestartDelayを600に設定します。また、”Get-ClusterResource “Cluster Disk 2” | %{ $_.RestartDelay = 600 }”を実行して、そのプロパティを設定することもできます。

例6

 Get-ClusterResource –Name &amp;quot;cluster pool 1&amp;quot; | Format-List -Property OwnerNode 

例6:出力結果

OwnerNode : cluster-node1

例6:説明

このコマンドは、”Cluster pool 1” の所有者を表示します。

例7

 Get-ClusterResource –Name *print-VM1 | Get-VM | Stop-VM -Verbose 

例7:出力結果

VERBOSE: Current VMobject = Microsoft.HyperV.PowerShell.VirtualMachine[]
VERBOSE: Stop-VM will shutdown the virtual machine “print-VM1”.

Confirm
Hyper-V cannot shut down virtual machine print-VM1 because the Shutdown integration service is unavailable. To avoid potential data loss, you can pause or save the state of the virtual machine. The other option is to turn off the virtual machine, but data loss might occur.

[Y] Yes  [N] No  [S] Suspend  [?] Help (default is “Y”):Y

例7:説明

このコマンドは、ワイルドカード文字「*print-VM1」に合致するクラスタリソースを列挙し、対応する仮想マシンをマシンを停止します。 Verboseモードは、動作の詳細を確認します。

■関連するリンク

  • Add-ClusterResource
  • Move-ClusterResource
  • Remove-ClusterResource
  • Resume-ClusterResource
  • Start-ClusterResource
  • Stop-ClusterResource
  • Suspend-ClusterResource

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク