Windows Server 2012のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレット (Remove-ClusterResourceDependency) について

スポンサーリンク

Windows Server 2012では、Windows Server 2008 R2からActive Directory (AD)やフェールオーバー クラスタリング (WSFC) といったサーバー管理におけるPowerShellコマンドレットが強化、および追加されました。

各役割および機能に関するPowerShellコマンドレットのヘルプについて、オンライン上で公開されていますが、現時点では主に英語のみで日本語の情報はあまり公開されていないようです。

ここでは、Windows Server 2012のWSFCに関するPowerShellコマンドレットの情報について、日本語としてオンライン上で備忘録として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集、補足したものとなります)。

この記事では、「Remove-ClusterResourceDependency」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「Windows Server 2012のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Remove-ClusterResourceDependency

■概要

Remove-ClusterResourceDependencyコマンドレットは、フェールオーバー クラスター内のクラスター化されたサービスまたはアプリケーションに含まれる 2 つのリソース間の依存関係を削除します。

■構文

Remove-ClusterResourceDependency [[-Resource] <string>] [[-Provider] <string>]
     [-InputObject <psobject>] [-Cluster <string>] [-WhatIf] [-Confirm]
     [<CommonParameters>]

■説明

フェールオーバー クラスター内のクラスター化されたサービスまたはアプリケーションに含まれる 2 つのリソース間の依存関係を削除します。

依存リソースは、そのリソースが依存するリソースがオンラインに移行された後、オンラインに移行されます。同様に、依存リソースは、そのリソースが依存するリソースがオフラインに移行された後、オフラインに移行します。クラスター化されたリソース間で依存関係が構成されていない場合、リソースをオンラインまたはオフラインに移行する順序が異なることがあります。

■パラメーター

-Cluster <string>
このコマンドレットを実行するクラスターの名前を指定します。「-Cluster .」と入力するか、パラメーターを省略した場合、コマンドレットはローカル クラスターで実行されます。

エイリアスなし
必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Confirm
コマンドを実行する前に実行の是非を確認するプロンプトを表示します。

エイリアスcf
必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-InputObject <psobject>
依存関係を削除する対象のクラスター リソースを指定します。

エイリアスなし
必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Provider <string>
依存関係を削除する対象のクラスター リソースを指定します。

エイリアスなし
必須false
位置2
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Resource <string>
取得するクラスターの名前を指定します。

エイリアスなし
必須false
位置1
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-WhatIf
実際にコマンドを実行せずに、コマンドを実行すると何が起きるかを出力します。

エイリアスwi
必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: -Verbose-Debug-ErrorAction-ErrorVariable-WarningAction-WarningVariable-OutBuffer、および-OutVariable。詳細については、「about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

System.Management.Automation.PSObject

■出力

System.Object

■エイリアス

なし

■メモ

このコマンドレットを含むモジュールのヘルプ ファイルをダウンロードしてインストールするには、Update-Helpを使用してください。

このコマンドレットのヘルプ トピックをオンラインで確認するには、「Get-Help Remove-ClusterResourceDependency -Online」と入力するか、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=216237を参照してください。

■例

例1

 Remove-ClusterResourceDependency -Resource cluster1FS -Provider &amp;quot;IP Address 2001:4898:9:2:: (3)&amp;quot; 

例1:出力結果

Name                State               Group               ResourceType
—-                —–               —–               ————
cluster1FS          Online              cluster1FS          Network Name

例1:説明

このコマンドは、クラスター リソースcluster1FSおよびリソース”IP Address 2001:4898:9:2:: (3)”間の依存関係を削除します。

例2

 Get-ClusterResource cluster1FS | Remove-ClusterResourceDependency &amp;quot;IP Address 2001:4898:9:2:: (3)&amp;quot; 

例2:出力結果

Name                State               Group               ResourceType
—-                —–               —–               ————
cluster1FS          Online              cluster1FS          Network Name

例2:説明

このコマンドは、クラスター リソースcluster1FSおよびリソース”IP Address 2001:4898:9:2:: (3)”間の依存関係を削除します。

■関連するリンク

  • Add-ClusterResourceDependency
  • Get-ClusterResourceDependency
  • Set-ClusterResourceDependency

[参考]