System Center 2012 R2 – DPM の新機能について

スポンサーリンク

[ここで記載している内容は Preview 版の内容となります。マイクロソフト社から提供されるRTM版の仕様および機能について異なる場合があります。あらかじめご容赦願います。]

2013/06/25 にWindows Server 2012 R2 Preview、および System Center 2012 R2 Preview が公開されました。

System Center 2012 R2 Preview には、バックアップ管理ツールである Data Protection Manager (DPM) も含まれています。

System Center 2012 R2 – DPM の新機能について、情報はありましたが現時点では英語のみでの公開であったため、日本語で翻訳して内容を纏めてみました。
What’s new in System Center 2012 R2 – DPM の内容を意訳したものとなります。

このトピックでは、System Center 2012 R2 – DPM の新機能、System Center 2012 R2 – DPM の新機能、および System Center 2012 – DPM から強化された機能について纏めています。
  • Windows Azure Backup – System Center 2012 R2 の DPM データを Windows Azure Backup にバックアップすることが可能です。より詳細な情報については、「Backing Up DPM using Windows Azure Backup」を参照してください。
  • SQL Server クラスターのサポート – DPM は、クラスター化された SQL Server ノードの使用をサポートします。System Center 2012 – DPM および System Center 2012 SP1 – DPM は、SQL Server のローカル インスタンス、もしくは スタントアロン リモート SQL Server を使用することができました。System Center 2012 R2 – DPM では、System Center 2012 – DPM および System Center 2012 SP1 – DPM で存在したスタンドアロン制限を撤廃し、スタンドアロン サーバーに加えリモート SQL Server クラスターを使用することができます。これは、以下の項目を提供します。
    • 信頼性 – スタンドアロン SQL Server が使用されている場合、SQL Server クラスターに対するサポートは、単一障害点の問題を軽減します。
    • スケーラビリティ – DPM 配置が拡大すると、DPM サーバーごとに新しい SQL Server データベースを作成する必要がありました。単一 SQL Server 上で作業負荷が増加することは、パフォーマンス問題とより大きな失敗のリスクを潜在的に引き起こす可能性があります。
    • 整合性 – SQL Server クラスターに対するサポートは、他の System Center 2012 コンポーネントとの整合性を DPM が行います。

    加えて DPM Reporting Server は、DPM データベースで使用されているのと同じスタンドアロン、もしくはクラスター化された SQL Server にインストールすることができます。また、異なる SQL Server 上にインストールすることもできます。

  • 仮想化された配置 – System Center 2012 R2 – DPM は、仮想環境に配置することができます。仮想マシン上にインストールすることができ、VMM ライブラリをとおして供給された VHD 記憶域プール ディスクを用いて記憶域を構成することができます。
  • Linux 仮想マシン バックアップ –  System Center 2012 R2 – DPM は、Hyper-V 仮想マシンに対して既に提供されているサポートに加え、Linux 仮想マシンの保護およびバックアップに対するサポートを提供します。Linux バックアップは、ファイル整合性のスナップショットのみサポートしていることに注意願います。アプリケーション整合性のスナップショットはサポートされていません。加えて、Windows Azure Backup を用いた Linux 仮想マシンの保護はサポートされていません。

—–
追加のリソースに関しては、「Information and Support for System Center 2012」を参照してください。

Tip: System Center 2012に対する Technet ライブラリのオンライン ドキュメントを見つけるためには、この「クエリ」を使用します。手順や例については、「Search the System Center 2012 Documentation Library」を参照してください。
—–

[参考]