System Center 2012 R2 – App Controller の新機能について

スポンサーリンク

[ここで記載している内容は Preview 版の内容となります。マイクロソフト社から提供されるRTM版の仕様および機能について異なる場合があります。あらかじめご容赦願います。]

2013/06/25 にWindows Server 2012 R2 Preview、および System Center 2012 R2 Preview が公開されました。

System Center 2012 R2 Preview には、プライベート クラウドとパブリック クラウドに共通のセルフサービス環境を提供する管理ツールである App Controller も含まれています。

System Center 2012 R2 – App Controller の新機能について、情報はありましたが現時点では英語のみでの公開であったため、日本語で翻訳して内容を纏めてみました。
What’s New in System Center 2012 R2 App Controller の内容を意訳したものとなります。

以下が、System Center 2012 R2 – App Controller の新機能が利用可能です。

新機能

System Center 2012 R2 – App Controller では、以下の新機能が利用可能です。

  • System Center 2012 R2 – Virtual Machine Manager に対してサポートします。System Center 2012 R2 – App Controller は、System Center 2012 R2 – Virtual Machine Manager のみ接続することができます。はじめに Virtual Machine Manager のバージョンをアップグレードした場合、その後で App Controller をアップグレードします。
  • System Center 2012 R2 用のService Provider Foundation。System Center 2012 R2 – App Controller は、System Center 2012 SP1 に出荷された Service Provider Foundation のバージョン、および Service Provider Foundation のバージョン、および System Center 2012 R2 に出荷されたバージョンに接続することができます。

—–
追加のリソースに関しては、「Information and Support for System Center 2012」を参照してください。

Tip: System Center 2012に対する Technet ライブラリのオンライン ドキュメントを見つけるためには、この「クエリ」を使用します。手順や例については、「Search the System Center 2012 Documentation Library」を参照してください。
—–
[参考]