System Center 2012 R2 – Operations Manager の新機能について

スポンサーリンク

[ここで記載している内容は Preview 版の内容となります。マイクロソフト社から提供されるRTM版の仕様および機能について異なる場合があります。あらかじめご容赦願います。]

2013/06/25 にWindows Server 2012 R2 Preview、および System Center 2012 R2 Preview が公開されました。

System Center 2012 R2 Preview には、アプリケーション / オペレーティング システム / ハードウェア / ネットワークの正常性、パフォーマンスなどの詳細を監視する Operations Manager も含まれています。

System Center 2012 R2 – Operations Manager の新機能について、情報はありましたが現時点では英語のみでの公開であったため、日本語で翻訳して内容を纏めてみました。
What’s New in System Center 2012 R2 Operations Manager の内容を意訳したものとなります。

System Center 2012 R2 Service Manager は、ここに記載される変更があります。既知の問題に関する詳細については、「Release Notes for Operations Manager in System Center 2012 R2」を参照してください。

ファブリック監視

System Center 2012 R2 – Virtual Machine Manager と System Center 2012 R2 – Operations Manager 間の密接した統合は、ハイブリッド プライベート クラウド環境に対する物理および仮想レイヤーの System Center クラウド ハイブリッド監視を取り入れます。この新しい機能を取得するために、System Center 2012 Management Pack for System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager Dashboard Preview をインポートします。「Microsoft Download Center」から管理パックをダウンロードすることが可能です。

ファブリック ヘルス ダッシュボード – プライベート クラウドのヘルス状態を監視

ファブリック ヘルス ダッシュボードは、プライベート クラウドのヘルス状態、およびこれらのクラウドにサービスを提供するファイブリックの詳細な概要を示します。ダッシュボードは、「クラウドおよびのそれらのクラウドにサービスを提供するファブリックのヘルスは何か?」のような問題に対して答えるのに役立ちます。

ファブリック ヘルス ダッシュボードを確認するためには、管理パックをインポート後、監視をクリックし、クラウド ヘルス ダッシュボード内のクラウド ヘルスをクリックします。調査したいクラウドを選択し、タスク ペイン内のファブリック ヘルス ダッシュボードをクリックします。

クラウドごとにファブリック ヘルス ダッシュボードは、ファブリックのこれらの様相を表します。:

  • ホスト状態: CPU、メモリー、およびネットワーク アダプターのようなホスティング グループもしくはクラウドの処理様相に関するヘルス状態の監視
  • ファイル共有の記憶域プール状態および LUN 状態: ディスクの空き容量および割り当てのような問題に対する、ファブリックの記憶域様相に関するヘルス状態の監視
  • ネットワーク ノード状態: Operations Manager 上で監視しているネットワークを利用して、選択したクラウドに対して関連するネットワーク ノード (デバイス) のヘルス状態を表示します。ホストから 1 ホップ内の物理ネットワーク デバイスのみ示されます。物理ネットワーク デバイスを確認するために Operations Manager のネットワーク監視機能、かつホストに接続されている物理ネットワーク デバイスを有効にする必要があります。仮想ネットワークは、ダッシュボード上には示されません。

このダッシュボード上のアクション アラート、および VM の数フィールドは、どの問題がクラウド上でもっとも大きな影響を与えているかを示す、どの作業を優先させるべきかどうかについて役立ちます。

ファブリック監視 ダイアグラム ビュー – クラウドおよびオンプレミス環境のヘルス状態を表示

ダイアグラム ビューは、全体のインフラストラクチャ図を提供し、ファイブリックの各部におけるヘルス状態を示します。ダイアグラム ビューは、「ファブリック全体のヘルスとは何か?」のような質問に答えるのに役立ちます。ダイアグラムへの改善は、ヘルスのロールアップ、および関連したファブリック コンポーネントがダイアグラム ビューの一部であることを確実にします。

オープン ダイアグラム ビューのために、監視をクリックし、Microsoft System Center Virtual Machine Manager ビュー内のダイアグラムとして表示させたい環境に対するダイアグラム ビューをクリックします。

Microsoft 監視エージェント

Microsoft 監視エージェントは、完全なアプリケーションプロファイラ トレースを収集するための Visual Studio IntelliTrace Collector の完全な機能に含まれる Operations Manager エージェントの新しいバージョンです。

Microsoft 監視エージェントは、Operations Masnager とともに使用、もしくはローカル内のアプリケーション トレースを収集するためのスタンドアロン ツールとして使用することができます。監視の監視や停止を行うために PowerShell コマンドレットを使用することができ、インターネット インフォメーション サービス (IIS) 7.0、7.5、8.0 上で実行される Webアプリケーションから IntelliTrace ログを収集することができます。Visual Studio Ultimate 2013 Preview は、収集された IntelliTrace ログをオープンにすることができます。Visual Studio 2012 Ultimate Update 2 は、APM 例外から発生した IntelliTrace ログをオープンします。Visual Studio 2013 Ultimate Preview は、APM パフォーマンス イベントから生成された IntelliTrace ログのオープンを要求します。

開発プロセスに対する Operations Manager との統合 (devOps)

ここでは、System Center 2012 R2 Operations Manager の DevOps 機能について、2 つの重要な点を記載します。

TFS 作業アイテム ID および TFS 作業アイテム所有者の新しいアラート フィールド

System Center 2012 R2 Operations Manager では、Operations Manager アラートおよび Team Foundation  Server (TFS) 作業アイテムを同期します。同期が有効な場合、IT オペラ―しょんはエンジニアリング チームに対して、アラートを割り当てることができます。エンジニアリングにアラートを割り当てることは、TFS 上で新しい作業アイテムを作成します。ワークフローは、TFS 作業アイテムおよび Operations Manager アラートに関連付けられるどんな変更に対しても、生成および同期します。

System Center 2012 Service Pack 1 (SP1) と TFS 間の統合は、アラートに関連、および割り当てられている作業アイテムが格納、表示されている Operations Manager アラートであるチケット ID、および所有者フィールドが使用されます。System Center 2012 R2 Operations Manager で開始され、2 つの新しいアラート フィールドである TFS 作業アイテム ID、および TFS 作業アイテム所有者の値を保持します。これらのフィールドは、TFS で制御された値について予期しない変更を防止するため、Operations Manager コンソール上では読み取り専用となります。

標準的なアラート ビュー もしくは TFS 情報に表示されているチケット ID および所有者フィールドを用いて System Center 2012 SP1 上にある自身のアラート ビューが以前にパーソナライズ化されたならば、同じ情報を表示させ続けるためにそれらのフィールドと TFS 作業アイテム ID および TFS 作業アイテム所有者フィールドで入れ替えを行わなければなりません。以前のチケット ID と所有者フィールドが、まだ Service Managerアラート コネクタ上でインシデントとしてアラートの同期のために使用されます。

注:
Service Manager アラート コネクタ がある同一環境上で、TFS との Operations Manager 統合を使用することが可能です。

アプリケーション パフォーマンス監視 (APM) のパフォーマンス イベントを IntelliTrace フォーマットへの変換

パフォーマンス イベントが IntelliTrace 履歴デバッグ セッションの間でキャプチャされる場合、この監視機能は、Visual Studio IDE から APM パフォーマンス イベントのオープンを許可します。TFS Work Item Syncronization Management Pack に密接に統合されることで、この機能はエンジニアリングに割り当てられた TFS 作業アイテムへ発生する Intelli Trace ログを即座に持ってきます。

これは、IT オペレーションと開発官のコミュニケーションを合理化し、アプリケーション障害による根本原因の分析、および APM によって版権下問題に対する平均復旧時間 (MTTR) を削減するための開発経験を豊かにするためです。

IPv6 に対するサポート

System Center 2012 R2 Operations Manager のオペレーション コンソールは、ネットワーク探索の入力として、IPv6 アドレスを受け入れることができ、ネットワーク関連ビューに IPv6 アドレスを表示させることができます。

System Center Advisor

System Center Advisor は、Microsoft サーバー ソフトウェアのインストール状況を分析するオンライン サービスです。Advisor に関連する最新の Preview バージョン、および System Center 2012 Service Pack 1 (SP1) ロールアップ 2 で、Operations Manager オペレーション コンソール上で Advisor アラートを確認することができます。

System Center Advisor は、インストール状況からデータを収集し、分析、(セキュリティ パッチが未適用状態のような) 潜在的な問題を確認、もしくは構成や仕様に関するベスト プラクティスから逸脱していないかどうか、アラートを生成します。System Center Advisor は、環境上に存在するサーバーの構成に関して、現在および履歴ビューの両方を提供します。最後に、System Center Advisor を用いる推奨は、率先して構成に関する問題、ダウンタイムの削減、パフォーマンスの改善、および早急な問題解決に対して避けるのに役立ちます。System Center Advisor に関するより詳細な情報は、「Viewing System Center Advisor Alerts」および「Advisor online help」を参照してください。

Tip: System Center 2012に対する Technet ライブラリのオンライン ドキュメントを見つけるためには、この「クエリ」を使用します。手順や例については、「Search the System Center 2012 Documentation Library」を参照してください。
—–

[参考]