System Center 2012 R2 – VMM リリース ノートについて

スポンサーリンク

[ここで記載している内容は Preview 版の内容となります。マイクロソフト社から提供されるRTM版の仕様および機能について異なる場合があります。あらかじめご容赦願います。]

2013/06/25 にWindows Server 2012 R2 Preview、および System Center 2012 R2 Preview が公開されました。

System Center 2012 R2 Preview には、仮想環境を一元に管理する Virtual Machine Manager (VMM) も含まれています。

System Center 2012 R2 – VMM のリリース ノートについて、情報はありましたが現時点では英語のみでの公開であったため、日本語で翻訳して内容を纏めてみました。
Release Notes for Virtual Machine Manager in System Center 2012 R2 の内容を意訳したものとなります。

このリリース ノートは、System Center 2012 R2 – VMM が正常にインストールされることを要求する情報が含まれています。また、製品ドキュメントで利用できない情報も含まれています。VMM をインストールまたは使用する前に、VMM に関するこのリリース ノートの内容を確認してください。

注:
System Center 2012 R2 に対して発表されるこのコンテンツは、このリリースに含まれるすべての変更は反映するための完全なアップデートではありません。その結果、System Center Service Pack 1 (SP1) に特化した点で注意される機能に確認されるかもしれません。しかしながら、そのような機能について、System Center 2012 R2 でも同様となりそうです。

既知の問題

VMM エージェントが Hyper-V ホストからアンインストールされる場合、NPIV MOF は登録解除されます

概要: Hyper-V ホストからVMMエージェントをアンインストールすると、N_Port ID Virtualization (NPIV) 管理オブジェクト フォーマット (MOF) ファイルは登録解除となります。結果として、仮想ホスト バス アダプター (HBA) で構成した仮想マシンは、起動しなくなります。

回避策: WMI コマンドライン プロンプトから、NPIV MOF ファイルを再登録するよう以下のコマンドを実行します。

 mofcomp -N:rootwmi C:WindowsSystem32wbemnpivwmi.mof 

NPIV MOF が登録された後、Hyper-V ホスト コンピューターを再起動します。

ファイル サーバー ノードに VMM エージェントを配置する場合には MPIO 機能とデバイス要求を有効にします

概要: VMM によって作成されなかったファイル サーバー クラスターに対して、ファイル サーバー ノードへ VMM エージェントを展開することは、Multipath I/O (MPIO) を可能にし、デバイスを要求します。このオペレーションは、サーバーが再起動する原因となります。スケールアウト ファイル サーバー クラスター内のすべてのノードへ VMM エージェントを展開することは、すべてのノードが再起動する原因となります。

回避策: MPIO は、VMM エージェントを展開する前に、各サーバー ノードで最初に有効にする必要があります。そして、エージェントは 1 つずつ各ノードに展開される必要があります。

HA VMM サーバーは、ストレージ プロバイダとして Windows Server 2012 R2 スケールアウト サーバーに追加できません

概要: 高可用性 (HA) VMM サーバーは、ストレージ プロバイダとして Windows Server 2012 R2 スケールアウト サーバーに追加できません。タスクは、エラー 26311 で終了します。

回避策: 各 HA VMM サーバー ノード上にコンピューター アカウントに対する委任を有効にします。

ファイル システムが最初に削除されない場合、プール削除は LUN 削除の後に失敗します

概要: 最初にファイル システムの関連付けの削除なしで論理ユニット番号 (LUN) を削除し、ファイル共有を削除すると、プール削除が失敗する原因となります。

回避策: 既定で 20 分沖に実行される VMM Refresher は、クリーンアップを実施し、問題を解決します。VMM Refresher に関するより詳細な情報は、ブログ投稿「Update on VMM refreshers – what has changed and what this means to you」を参照してください。

Operations Manager にファブリック ダッシュボードをインポートできません

概要: Operations Manager 上の「C:Program FilesMicrosoft System Center 2012 R2Virtual Machine ManagerManagementPacksMicrosoft.SystemCenter.VirtualMachineManager.Dashboard.mpb」に位置するファブリック ダッシュ ボード ファイルは使用できません。これは、機能的ではありません。

回避策: 代わりに、Microsoft Download Center から利用可能なファブリック ダッシュボードのバージョンを使用します。

仮想環境を用いてネットワークに接続される場合、仮想ファイバー チャネル SAN VM は失敗します

概要: Hyper-V ネットワーク仮想化による仮想マシン ネットワークを使用する場合、仮想ファイバー チャネル ストレージ エリア ネットワーク (SAN) 仮想マシンは失敗します。エラー 20413 が表示されます。

回避策: 配置中、仮想マシン ウィザードを用いてネットワーク転送になるように SAN 転送を再定義してください。

Operations Manager Health サービスは不正確な配賦メトリクスを生成するために再起動するかもしれません

概要: 配賦メトリクスを収集する Operations Manager Health サービスは、不正確なデータを生成し、定期的に自動で再起動するかもしれません。これは、4 つのOperations Manager モニターに対する非常に低い規定値によって引き起こされます。

回避策: 4 つのモニターの後に続いてオーバーライドを作成するため、Operations Manager ユーザー インタフェースを使用します。4 つのモニターのそれぞれで、Agent Performance Monitor Type (Consecutive Samples) – Threshold のチェックボックスをクリックし、以下に示している Override Value を入力します。

  • Health Service Handle Count Threshold (Override value = 10000)
  • Health Service Private Bytes Threshold (Override value = 2048000000)
  • Monitoring Host Handle Count Threshold (Override value = 10000)
  • Monitoring Host Private Bytes Threshold (Override value = 2048000000)

このオーバーライドは、VMM サーバー コンピューターの Health サービス オブジェクトのみに適用されます。モニターをオーバーライドする方法について、より詳細な情報は、「How to Override a Monitor」を参照してください。

VM テンプレートにアプリケーション設定および SQL Server 設定を直接入力もしくは変更できません

概要: VM テンプレートで、アプリケーションの設定および SQL Server の設定は入力できない、もしくは変更できません。

回避策: VM テンプレートを作成もしくは編集している場合、他の設定を入力することができますが、入力したアプリケーション設定もしくは SQL Server 設定の入力は避けてください。アプリケーション プロファイル内のアプリケーション設定、および SQL Server プロファイル内の SQL Server 設定を入力してください。それから、サービス テンプレートですべての設定を纏めてください。サービス テンプレートの作成方法に関するより詳細な情報は、「How to Create a Service Template in VMM」を参照してください。

VM テンプレートをサービス テンプレートに追加するためには、Service Templete Designer を起動し、VM テンプレートをサービス テンプレートへドラッグします。サービス テンプレートへアプリケーション プロファイルを追加するために、Service Template Designer 内のサービス テンプレートを開き、適切なマシン階層を右クリックします。Properties をクリックし、Application Configuration をクリックします。ページのトップ近くで、Application Profile のそばにある、ドロップダウン リストを開き、プロファイル名をクリックします。同様の方法で、SQL Serve プロファイルをマシン階層に追加します。必要に応じてどんなマシン階層の設定を調整してください。

世代 2 仮想マシンはサポートされません

概要: VMM が管理コンソールおよび PowerShell で表示されるよう、現在の VMM は世代 2 仮想マシン (別名、モダン仮想マシン) を最新の状態に更新します。しかしながら VMM は、世代 2 仮想マシン タイプをサポートしていません。いくつかのアクションは機能するかもしれませんが、それはサポートされていないシナリオとなります。

回避策: VMM による世代 2 仮想マシンは使用できません。

Windows Server 2012 上のスケールアウト ファイル サーバーに対する記憶域スペースを管理できません

概要: Windows Server 2012 上に System Center 2012 R2 VMM がインストールされている場合、スケールアウト ファイル サーバーに接続される記憶域スペース デバイスを管理できません。記憶域スペースは、Windows Server 2012 R2 リリース バージョンに含まれる SMAPI 更新版を要求します。

回避策: なし。

新しい LUN がホストに登録された後、ディスク分類は正しく表示されません

概要: ディスク分類は、”Local Storage” もしくは 新しい論理ユニット番号 (LUN) がホストへ登録された後の ”Local Storage” として誤って表示されます。

回避策: VMM ユーザー インターフェースにおける適用可能なホストのプロパティ パージを閉じて、再度開いてください。

P2V 機能はなくなる予定です

概要: 物理-仮想変換 (P2V) 機能は、System Center 2012 R2 リリースから削除される予定です。

回避策: これは、設計によるものです。

VMM は VDS ハードウェア プロバイダをもうサポートしません

概要: VMM は、SAM マイグレーションで SAN と通信するためにVDS ハードウェア プロバイダを利用します。VMM は、VDS ハードウェア プロバイダをもうサポートしません。

回避策: SMI-S もしくは SMP プロバイダを使用します。特定の情報については、ストレージ エリア ネットワーク (SAN) ベンダーに連絡してください。VMM による更新だれたプロバイダのサポートについては、「Supported Storage Arrays for System Center 2012 VMM」を参照してください。

VMM はWindows Server 2012 R2 の一般的なファイル サーバーをサポートしません

概要: Windows Server は、スケールアウト ファイル サーバーおよび一般的なファイル サーバーをサポートします。しかしながら、Windows Server 2012 R2 上の一般的なファイル サーバーの使用はサポートされません。

回避策: なし。

VMM は Windows Server 2012 R2 のストレージ階層化を管理しません

概要: Windows Server は、記憶域スペースのためのストレージ階層をサポートしています。しかしながら、VMM は階層ポリシーを管理しません。

回避策: ストレージ階層を管理するために、SMAPI を使用します。

Windows Server 2012 R2 の Write-back キャッシュは管理しません

概要: Windows Server は、記憶域スペースで指定した Write-back キャッシュ量をサポートします。しかしながら、VMM はこれを管理しません。

回避策: Write-back キャッシュを管理するために、SMAPI を使用します。

ユニット モニター設定内容は、複数選択の後に永続化しないかもしれません

概要: 複数のVMM ユニット モニターに対する “PRO Configuration on All Hosts” 設定の設定内容は、永続化しないかもしれません。

回避策: 1 つずつユニット モニターを設定することにより、この問題を確認および解決するために Operations Manager ユーザー インタフェースを使用します。

Hyper-V レプリカ フェール オーバーおよびクラスター マイグレーションは、矛盾状態を引き起こします

概要: クラスター マイグレーションが続く Hyper-V レプリカ フェールオーバーの実行は、間違った仮想マネージャが更新され、仮想マシンは矛盾状態となります。

回避策: なし。

ファイル サーバー タスクは、信頼されないノード上でサポートされません

概要: 次のタスクは、信頼されないジョー土壌のファイル サーバーに対してサポートされません: ファイル サーバーのインストール、ファイル サーバーのアンインストール、ノードの追加、ノードの削除

回避策: VMM エージェントおよび WS-Management サービスがインストールされている、かつサーバー上で稼働していることを確認してください。

誤ったサーバー エラー コードは、無効なライブラリ パスに返ります

概要: 無効なライブラリ パスが VMM 上の仮想マシンに対して指定される場合、”NotFound” が表示される代わりに、”InternalServerError” という誤ったエラーコードが表示されます。

回避策: 無視します。

Windows Azure Hyper-V 回復マネージャは、レプリケーション頻度変更を受け入れられません

概要: 保護が仮想マシンに対して有効にされた後で設定が変更された場合、仮想マシン レプリケーション頻度設定は Windows Azure Hyper-V Manager サービスによって承認されません。

回避策: 保護が仮想マシンに対して有効になる前に、レプリケーション頻度設定を決めて、設定してください。

PRO Tips による手動改善は、高可用性 VMM 環境ではサポートしません

概要: パフォーマンスおよびリソース最適化 (PRO) Tips による手動での改善は、高可用性 (HA) VMM ではサポートされません。

回避策: なし。

VMM は WWN プールの集中化した管理を提供しません

概要: VMM は、World Wide Name (WWN) プールの集中化した管理を提供しません。

回避策: 代わりに WWN プールを管理するために Hyper-V マネージャを使用します。

Windows Server オペレーティング システム管理パックは、既定では無効です

概要: Host State ウィンドウの Network Adapters 列は、監視されない、もしくはからの円を表示するアダプターとして示すかもしれません。これは、Windows Server オペレーティング システム管理パック (MP) の Network Adapter Connecion 正常性モニターが既定では無効であるためです。

回避策: このタスクを実施するためのより詳細な情報は、「How to Enable or Disable a Rule or Monitor」を参照してください。

サービスの配置は失敗し、仮想マシン上のゲスト エージェントは予測していた通りに機能しません

概要: サービス配置は失敗し、サービス インスタンスによって作成された仮想マシン上のゲスト エージェントはアンインストールされるか、破損します。

回避策: これが発生する場合、初めに Microsoft .NET Framework 4 をインストールし、以下の手順にて手動でエージェントをインストールします。

  1. 仮想マシン ホスト上に Visual C++ 再頒布可能パッケージをインストールします。インストール ファイルは、以下の場所に配置されます。
    • 64-bit コンピューター: <VMM インストール フォルダー>agentsamd64vcredist_x64.exe
    • 32-bit コンピューター: <VMM インストール フォルダー>agentsi386vcredist_x86.exe
  2. 仮想マシン上にエージェントをインストールします。インストール ファイルは、以下の場所に配置されます。
    • 64-bit コンピューター: <VMM インストール フォルダー>agentsGuestamd64vmmGuestAgent.msi
    • 32-bit コンピューター: <VMM インストール フォルダー>agentsGuestamd64vmmGuestAgent.msi

NPIV を通して露出された LUN 上に直接配置された VM の管理はサポートしていません

概要: VMM は、N_Port ID Virtualization (NPIV) を通してHyper-V へ露出された LUN 上に直接配置された仮想マシンの管理をサポートしません。この構成は、フェールオーバー クラスタリングと互換性を持ちません。

回避策: Hyper-V の仮想マシンに対して構成される仮想ファイバー チャネルを使用します。

Windows PowerShell ヘルプは、ローカライズされたオペレーティング システムを実行しているコンピューター上で予測したとおりに起動しないかもしれません

概要: System Center 2012 R2 の Windows PowerShell ヘルプは英語のみ利用可能です。Update-Help コマンドを実行する場合、ヘルプは英語バージョンのヘルプ (ENU) に指定したフォルダーに配置されます。しかしながら、Het-Help コマンドを実行する場合、コンピューターはオペレーティング システムの言語に一致するフォルダーからヘルプを検索しようとします。オペレーティング システムが英語でない場合、施行は失敗します。

回避策: この問題を Fix するには、Windows PowerShell Help for System Center 2012 R2 を要求するコンピューター上で、「Windows 8 and Windows Server 2012 update rollup: November 2012」と記述されたアップデータをインストールします。

境界ネットワーク上のホストへ仮想マシンを配置することは、失敗するかもしれません

概要: 仮想マシンを作成しているとき、VMM サーバーもしくはライブラリ サーバーから境界ネットワークに位置する目的ネットワークへファイル転送を開始するために暗号化されていないモードでバックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) を使用する場合、転送は失敗するかもしれません。これは、既定でファイアウォール上で VMM が暗号化されたトラフィックが使用されるポートのみを開くために発生します (ポート 443)。

回避策: 境界ファイアウォール上で、WSMan TCP ポートを手動でオープンにします (既定では、ポート 5985 を使用)。

ライブラリ サーバー上に記憶域ファイル共通の登録は、エラーを引き起こす場合があります

概要: 記憶域ファイル共有と同じ名前で、ライブラリ共有に含まれるライブラリ サーバー上の記憶域ファイル共有を登録し、ライブラリ共有を削除、もしくは記憶域ファイル共有の登録を解除する場合、VMM は予定外に機能を停止するかもしれません。

回避策: この問題を回避するために、以下の手順を実施します。

  1. VMM コンソールの外から、記憶域ファイル共有が存在するストレージ プロバイダに行き、それの共有を停止します。
  2. VMM コンソール上で、ストレージ プロバイダを最新の情報に更新します。そして、ファイル記憶域共有に対して一意の名前を指定し、再度登録します。

クラスター ノード上で複製された仮想マシンがフェール オーバーおよびマイグレーションは、不安定な構成という結果になるかもしれません

概要: 次のシナリオにて、仮想マシンのフェールオーバーおよびマイグレーションは予測どおりに機能しないかもしれません。

  1. クラスター ノード上のプライマリ仮想マシンは、クラスター ノードもしくはスタンドアロン ホスト上のセカンダリ仮想マシンへレプリケートされます。
  2. フェールオーバーは、プライマリ仮想マシンからセカンダリ仮想マシンへ開始されます。
  3. 1 日のうちで、プライマリ仮想マシンはクラスター内の別のノードに移動されました。

これが発生する場合、プライマリおよびセカンダリ仮想マシンはクラスター上、もしくはスタンドアロン サーバー上に正しく表示されません。加えて、仮想マシンの 1 台を削除することは、他の仮想マシンを削除するかもしれません。

回避策: 仮想マシンが削除されるのを回避するために、以下の手順を実施します。

  1. クラスターから除外、再参加します。これは、セカンダリ 仮想マシンに対して、VMM データベースをクリーンアップするためです。
  2. ホスト上の仮想マシンを最新の状態に更新し、プライマリ仮想マシンがクラスター ノード上に正しく表示されることを確認します。

Tenant Administrator 権限の修正は、セルフ サービス ユーザー役割の権限に影響を及ぼします

概要: Tenant Administrator ユーザー役割のプロパティが修正、もしくは修正された場合、Tenant Administrator によって作成されたセルフ サービス ユーザー役割に割り当てられる共有および受信権限が予期せず削除されます。これらのセルフ サービス ユーザー役割に割り当てられる他の権限には影響しません。そして、これらは予測していたとおりに動作します。

回避策: Tenant Administrator 役割プロパティを修正した後、Tenant Administrator によって作成されたセルフ サービス ユーザー役割に割り当てられる権限が予測どおりに定義されることを確認してください。権限が不用意に削除された場合、それらを追加します。

ネットワーク割り当てのためのメンバー レベル権限は、Tenant Administrator 役割のために適用されません

概要: 仮想マシン ネットワークへの権限がある Tenant Administrator 役割を作成、およびメンバー レベル仮想マシン ネットワーク割り当てを設定した場合、割り当ては適用されず、ユーザーは制限設定を超過することができます。

回避策: 実施される役割レベルの割り当て値を用いて制限を設定します。

作成される新しい仮想マシンが失敗する場合のキャンセル、および再開について

概要: パターンで名前付けされるテンプレートに基づいて、仮想マシンに対して指定されたコンピューター名で自動的に生成される場合、キャンセルおよび再開ウィザードは新しい仮想マシンが作成されるときに失敗します。

回避策: コンピューター名プロパティに対するパターンを使用するテンプレートから仮想マシンを作成する場合、キャンセルおよび再開ウィザードは使用しないでください。

BlogEngine サービスの配置が失敗します

概要: BlogEngine サービスを配置しようとすると失敗し、エラー 22631 が発生します。

回避策: サービスを配置するために使用される構成ファイル (.vhd もしくは .vhdx) が、9.5ギガバイト (GB) 以上の空き領域を持つことを確認します。

—–
追加のリソースに関しては、「Information and Support for System Center 2012」を参照してください。

Tip: System Center 2012に対する Technet ライブラリのオンライン ドキュメントを見つけるためには、この「クエリ」を使用します。手順や例については、「Search the System Center 2012 Documentation Library」を参照してください。
—–

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク