WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレット (Get-WsusProduct) について

スポンサーリンク

Windows OS や SQL Server などの、Microsoft 社製品に対する更新プログラムやサービスパックなどを適用する場合、Windows Update を利用して実施するのが一般的と思われます。

しかし、適用するサーバー、クライアントの台数が複数ある環境では、どの更新プログラムやサービスパックを適用すべきか、適用されたか、など管理工数が増加することがよくあります。

Windows Server Update Services (WSUS) サービスを利用することで、Windows OS を実行しているコンピューターに対して、Microsoft 社製品の最新の更新プログラムを効率的に展開することが可能となります。また、WSUS を使用することで、管理しているネットワーク上に存在しているコンピューターへの配布作業を効率的に管理することが可能となります。

Windows Server 2012 から、PowerShell コマンドレットを使用して WSUS の設定が行えるようになりました。しかし、WSUS に関するコマンドレットの情報について、英語の情報はあるものの、日本語の情報についてはあまり公開されていません。

ここでは、WSUS に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「Get-WsusProduct」コマンドレットについて、日本語の情報として纏めてみました (他のコマンドレットについては、「WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。
※Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 と比較した際に相違がほとんどないことから、Windows Server 2012 R2 (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果) の情報を元に編集、意訳したものとなります。


■概要

Get the list of all products currently available on Windows Server Update Services (WSUS) by category.カテゴリーによって、Windows Server Update Services (WSUS) 上で現在利用可能なすべての製品のリストを取得します。

■構文

Get-WsusProduct [-TitleIncludes] [-UpdateServer] [<CommonParameters>]

■説明

Get-WsusProduct コマンドレットは、すべての Windows Server Update Services (WSUS) 製品 (カテゴリ) のリストを取得します。このリストは、Set-WsusProduct コマンドレットに結果が生成されたものをパイプラインで送って、Where-Object コマンドレットを使用してフィルタリングすることができます。

■パラメーター

-TitleIncludes <String>
検索する製品の部分的なタイトルを指定します。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-UpdateServer <IUpdateServer>
WSUS サーバーが含まれるオブジェクトを指定します。この値は、Get-WsusServer コマンドレットを呼び出し、このコマンドレットに結果として生成される IUpdateServer オブジェクトをパイプラインで送ることによって取得します。

必須 false
位置 named
既定値 localhost
パイプライン入力を許可する true (ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • None

■出力

  • None

■例

例 1

 Get-WsusProduct 

Title                                                       ID
—–                                                       —
Antigen for Exchange/SMTP                                   5d6a452a-55ba-4e11-adac-85e180bda3d6
Antigen                                                     116a3557-3847-4858-9f03-38e94b977456

この例では、WSUS サーバーによって定義されたすべての製品を取得し、画面上に表示します。

例 2

 Get-WsusProduct | Where-Object –FilterScript {$_.product.title -eq &quot;Antigen&quot;} 

Title                                                       ID
—–                                                       —
Antigen                                                     116a3557-3847-4858-9f03-38e94b977456

この例では、「Antigen」と等しい製品タイトルのすべての製品を取得します。

例 3

 Get-WsusProduct | Where-Object –FilterScript {$_.product.title -match &quot;Office&quot;} 

Title                                                       ID
—–                                                       —
Office 2002/XP                                              6248b8b1-ffeb-dbd9-887a-2acf53b09dfe
Office 2003                                                 1403f223-a63f-f572-82ba-c92391218055
Office 2007                                                 041e4f9f-3a3d-4f58-8b2f-5e6fe95c4591
Office 2010                                                 84f5f325-30d7-41c4-81d1-87a0e6535b66
Office Communications Server 2007 R2                        22bf57a8-4fe1-425f-bdaa-32b4f655284b
Office Communications Server 2007                           e164fc3d-96be-4811-8ad5-ebe692be33dd
Office Communications Server And Office Communicator        504ae250-57c5-484a-8a10-a2c35ea0689b
Office Communicator 2007 R2                                 8bc19572-a4b6-4910-b70d-716fecffc1eb
Office                                                      477b856e-65c4-4473-b621-a8b230bb70d9
Visual Studio 2010 Tools for Office Runtime                 cbfd1e71-9d9e-457e-a8c5-500c47cfe9f3

この例では、語「Office」を含む製品タイトルのすべての製品を取得します。

■関連するトピック

  • Where-Object
  • Set-WsusProduct

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク