WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレット (Set-WsusClassification) について

スポンサーリンク

Windows OS や SQL Server などの、Microsoft 社製品に対する更新プログラムやサービスパックなどを適用する場合、Windows Update を利用して実施するのが一般的と思われます。

しかし、適用するサーバー、クライアントの台数が複数ある環境では、どの更新プログラムやサービスパックを適用すべきか、適用されたか、など管理工数が増加することがよくあります。

Windows Server Update Services (WSUS) サービスを利用することで、Windows OS を実行しているコンピューターに対して、Microsoft 社製品の最新の更新プログラムを効率的に展開することが可能となります。また、WSUS を使用することで、管理しているネットワーク上に存在しているコンピューターへの配布作業を効率的に管理することが可能となります。

Windows Server 2012 から、PowerShell コマンドレットを使用して WSUS の設定が行えるようになりました。しかし、WSUS に関するコマンドレットの情報について、英語の情報はあるものの、日本語の情報についてはあまり公開されていません。

ここでは、WSUS に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「Set-WsusClassification」コマンドレットについて、日本語の情報として纏めてみました (他のコマンドレットについては、「WSUS 関連の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。
※Windows Server 2012 と Windows Server 2012 R2 と比較した際に相違がほとんどないことから、Windows Server 2012 R2 (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果) の情報を元に編集、意訳したものとなります。


■概要

Windows Server Update Services (WSUS) 同期に対する更新の分類を有効、もしくは無効に設定します。

■構文

Set-WsusClassification [-Disable] -Classification [-Confirm] [-WhatIf] 
     [<CommonParameters>]

■説明

Set-WsusClassification コマンドレットは、同期される更新のカテゴリ (例えば、セキュリティもしくはクリティカル) を有効もしくは無効にします。

このコマンドレットは、フィルタされた結果なしで用いられます。Get-WsusClassification コマンドレットが実行されなければならない時、結果をこのコマンドレットへパイプラインで送られます。

このコマンドレットは、フィルタされた結果付きで用いられます。 Get-WsusClassification コマンドレットが実行されなければならない時、 結果は Where-Object コマンドレットを用いてフィルタリングされ、このコマンドレットにパイプラインで送られます。

■パラメーター

-Classification <WsusClassification>
同期される更新の分類を指定します。-Disable パラメーターが使用される場合、このパラメーターは同期されない更新の分類を指定します。このパラメーターの値は、Get-WsusClassification コマンドレットからパイプラインで送られます。

必須 true
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する true (ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

-Disable [<SwitchParameter>]
アップデートが指定した分類に対する同期を行わないことを指定します。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Confirm [<SwitchParameter>]
コマンドレットを実行する前に、実行の是非を確認するプロンプトを表示します。

必須 false
位置 named
既定値 false
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-WhatIf [<SwitchParameter>]
コマンドレットを実行する場合に、何か起こるかを示します。コマンドレットは実行しません。

必須 false
位置 named
既定値 false
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • None

■出力

  • None

■例

例 1

 Get-WsusClassification | Where-Object –FilterScript {$_.Classification.Title -Eq &quot;Drivers&quot;} | Set-WsusClassification -Disable 

この例では、ドライバーの更新を要求しないことを示します。

■関連するトピック

  • Where-Object
  • Get-WsusClassification

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク