SC 2012 R2 – DPM の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレット (Set-DPMPolicyObjective) について

スポンサーリンク

System Center 2012 R2 – Data Protection Manager (SC 2012 R2 – DPM) の DPM 管理シェルは、PowerShell を用いたコマンドラインインタフェースです。

DPM 管理シェルは、デスクトップ上のアイコン、もしくはスタート画面の [DPM 管理シェル] を選択、クリックすることで起動することが可能です。

SC 2012 Service Pack1 RollUp 2 – DPM 以降と同様に、SC 2012 R2 – DPM の管理を目的として様々なコマンドレットが DPM 管理シェルに用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについては、日本語の情報は公開されていません。

このヘルプ情報について、 「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集、意訳しました。

この記事では、「Set-DPMPolicyObjective」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「SC 2012 R2 – DPM の DPM 管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Set-DPMPolicyObjective

■概要

保護グループのポリシー目標を設定します。

■構文

Set-DPMPolicyObjective [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> [-RetentionRangeDays] <Int32> [[-SynchronizationFrequencyMinutes] <Int32>] [-BeforeRecoveryPoint [<SwitchParameter>]] [-PassThru [<SwitchParameter>]] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-WhatIf [<SwitchParameter>]] [<CommonParameters>]

Set-DPMPolicyObjective [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> [-AlertThresholdInDays] <Int32> [-PassThru [<SwitchParameter>]] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-WhatIf [<SwitchParameter>]] [<CommonParameters>]

Set-DPMPolicyObjective [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> [-ColocateDatasources] <Boolean> [-PassThru [<SwitchParameter>]] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-WhatIf [<SwitchParameter>]] [<CommonParameters>]

Set-DPMPolicyObjective [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> [-RetentionRangeInWeeks] <Int32> [-ShortTermBackupFrequency] {Daily | Weekly | BiWeekly | Monthly | Quarterly | HalfYearly | Yearly} [-CreateIncrementals [<SwitchParameter>]] [-PassThru [<SwitchParameter>]] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-WhatIf [<SwitchParameter>]] [<CommonParameters>]

Set-DPMPolicyObjective [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> [-RetentionRangeList] <RetentionRange[]> [-FrequencyList] <Int32[]> [-GenerationList] {GreatGrandfather | Grandfather | Father | Son} [-PassThru [<SwitchParameter>]] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-WhatIf [<SwitchParameter>]] [<CommonParameters>]

Set-DPMPolicyObjective [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> [-RetentionRange] <RetentionRange> [-LongTermBackupFrequency] {Daily | Weekly | BiWeekly | Monthly | Quarterly | HalfYearly | Yearly} [-PassThru [<SwitchParameter>]] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-WhatIf [<SwitchParameter>]] [<CommonParameters>]

Set-DPMPolicyObjective [-ProtectionGroup] <ProtectionGroup> [-OnlineRetentionRange] <Int32> [-PassThru [<SwitchParameter>]] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-WhatIf [<SwitchParameter>]] [<CommonParameters>]

■説明

Set-DPMPolicyObjective コマンドレットは、保護グループのポリシー目標を設定します。そのポリシーはディスクまたはテープ上に設定することができます。また、保護グループの保有期間の範囲を指定することもできます。

Set- PolicyObjective コマンドレットを使用して保護目標を指定すると、既定のスケジュールが自動的に設定されます。既定のスケジュールを変更するには、Get-PolicySchedule コマンドレットの後に Set-PolicySchedule コマンドレットを使用します。

■パラメーター

-AlertThresholdInDays <Int32>
ラップトップがバックアップされていない場合にアラートを生成する経過日数。

必須 true
位置 2
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-BeforeRecoveryPoint [<SwitchParameter>]
回復ポイントの作成前に同期が実行されることを示します。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ColocateDatasources <Boolean>
True に設定されるとコロケーションを有効にし、False に設定されるとコロケーションを無効にします。

必須 true
位置 2
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-CreateIncrementals [<SwitchParameter>]
増分バックアップを作成するかどうかを示します。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-FrequencyList <Int32[]>
3つの保護目標で定義されるバックアップ頻度の一覧。頻度の一覧には、”Yearly”=6、”Half Yearly”=5、”Quarterly”=4、”Monthly”=3、”Biweekly”=2、”Weekly”=1、”Daily”=0 の各値が含まれます。

必須 true
位置 3
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-GenerationList <GenerationType[]>
3 つの保護目標で定義される世代 (前の 3 世代) の一覧。

必須 true
位置 4
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-LongTermBackupFrequency <BackupFrequency>
長期的な保護の場合のバックアップ頻度。指定可能な値は ”Daily”、”Weekly”、”BiWeekly”、”Monthly”、”Quarterly”、”HalfYearly”、および ”Yearly” です。

必須 true
位置 3
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-OnlineRetentionRange <Int32>

必須 true
位置 2
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-PassThru [<SwitchParameter>]
-PassThru パラメーターは DPM の多くのコマンドで使用でき、既定の出力がない場合に関連オブジェクトを返します。-PassThru パラメーターを使用すると、上記のコマンドレットをパイプラインの一部にすることができます。

必須 false
位置 named
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ProtectionGroup <ProtectionGroup>
保護グループの名前。

必須 true
位置 1
既定値 none
パイプライン入力を許可する true (ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

-RetentionRange <RetentionRange>
長期的な保護の場合にデータがテープ上に保存される期間。

必須 true
位置 2
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-RetentionRangeDays <Int32>
レプリカの保持日数。

必須 true
位置 2
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-RetentionRangeInWeeks <Int32>
レプリカを保持する週数。

必須 true
位置 2
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-RetentionRangeList <RetentionRange[]>
3 つの保護目標で定義される保存期間の一覧。

必須 true
位置 2
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-ShortTermBackupFrequency <BackupFrequency>
短期的な保護の場合のバックアップ頻度。

必須 true
位置 3
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-SynchronizationFrequencyMinutes <Int32>
分単位での同期の頻度。

必須 false
位置 3
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Confirm [<SwitchParameter>]
コマンドを実行する前に実行の是非を確認するプロンプトを表示します。

必須 false
位置 named
既定値 false
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-WhatIf [<SwitchParameter>]
実際にコマンドを実行せずに、コマンドを実行すると何が起きるかを出力します。

必須 false
位置 named
既定値 false
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • 入力タイプは、コマンドレットへパイプすることができるオブジェクトのタイプです。

■出力

  • 出力タイプは、コマンドレットが発行するオブジェクトのタイプです。
    • Schedule

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Set-DPMPolicyObjective -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Set-DPMPolicyObjective -full」と入力してください。

■エイリアス

  • Set-PolicyObjective

■例

例 1

$pg = Get-ProtectionGroup -DPMServerName &quot;TestingServer&quot;
$mpg = Get-ModifiableProtectionGroup $pg[0]
Set-DPMPolicyObjective $mpg -RetentionRangeInDays 10 -SynchronizationFrequency 360

このコマンドにより、保護のポリシー目標の保有期間の範囲および同期の間隔がそれぞれ、10 日間、6 時間に設定されます。

例 2

$rr= new-object -TypeName Microsoft.Internal.EnterpriseStorage.Dls.UI.ObjectModel.OMCommon.RetentionRange -ArgumentList 1,&quot;months&quot;
$pg = Get-ProtectionGroup -DPMServerName &quot;TestingServer&quot;
$mpg=Get-ModifiableProtectionGroup $pg[0]
Set-DPMPolicyObjective -RetentionRange 360 -LongTermBackupFrequency Weekly $mpg

このコマンドにより、TestingServerの保有期間の範囲が毎週のバックアップ頻度で 360 日間に設定されます。

例 3

$pg = Get-ProtectionGroup -DPMServerName &quot;TestingServer&quot;
$mpg=Get-ModifiableProtectionGroup $pg[0]
Set-DPMPolicyObjective -RetentionRangeInWeeks 12 -ShortTermBackupFrequency Daily $mpg

このコマンドにより、TestingServer の保有期間の範囲が毎日のバックアップ頻度で 12 週間に設定されます。

■関連するトピック

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク