Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレット (Restore-WBCatalog) について

スポンサーリンク

規定ではインストールされていませんが、Windows Server 2012 / 2012 R2 標準の機能として Windows Server Backup (WSB) という基本的なバックアップと回復と行うための一連のウィザードや PowerShell コマンドレットなどの関連ツールを提供しています。

WSB 関連の PowerShell コマンドレットは Windows Server 2008 R2 と比較し、機能強化が行われていますが、ヘルプに関しては英語のみとなっており、日本語による情報はあまり公開されていません。

ここでは、WSB に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「Restore-WBCatalog」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレットについて」を参照)。

※Windows Server 2012 / 2012 R2 と比較した際、内容の相違がほとんどないことから、Windows Server 2012 R2 (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集したものとなります) の情報を元に編集、意訳したものとなります。

■名前

Restore-WBCatalog

■概要

保存場所からバックアップ カタログをローカル コンピューターに回復します。

■構文

Restore-WBCatalog [[-Force]] [-BackupTarget] <WBBackupTarget> [<CommonParameters>]

■説明

Restore-WBCatalog コマンドレットは、指定した記憶域の場所からローカル コンピューターに対するバックアップ カタログを復元します。

バックアップを格納している場所 (ディスク、DVD、もしくはリモート共有フォルダー) が破損、もしくは紛失しバックアップ カタログを復元することができない場合、破損したカタログを削除するには、Remove-WBCatalog コマンドレットを使用します。コマンドレットがバックアップ カタログの削除が終了した後で新しいバックアップを作成します。

■パラメーター

-BackupTarget <WBBackupTarget>
コマンドレットはカタログを復元し、そこからバックアップが存在する記憶域の場所が含まれるバックアップ ターゲット オブジェクトを指定します。

必須true
位置2
既定値none
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Force [<SwitchParameter>]
確認のプロンプトを表示せずに、コマンドレットがカタログを回復する場合に指定します。既定では、実行前に確認のプロンプトをコマンドレット上に表示します。

必須false
位置2
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • WBBackupTarget, SwitchParamter
    • カタログを復元するバックアップ ターゲットのオブジェクトを指定します。確認のメッセージを抑制するために、-Force パラメーターを使用します。

■出力

  • System.String
    • バックアップ ターゲットに存在するバックアップの詳細、およびコマンドレットが正常にカタログを復元していることを確認するためのメッセージを示すための警告を指定します。

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Restore-WBCatalog -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Restore-WBCatalog -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: バックアップ カタログを復元する。

Restore-WBCatalog -BackupTarget $Bt -Force

例 1: 出力結果

3 backups found in the specified target.
WARNING: The backup information on this location has details of backups created
up to 12/8/2011 11:41:38 AM. You may not be able to access backups created
after this date when the catalog recovery operation completes.
The catalog has been successfully recovered.

このコマンドは、変数 $Bt 内のバックアップ ターゲットからバックアップ カタログを復元します。コマンドレットは、バックアップ ターゲットに存在するバックアップに関する詳細を示すための警告を表示します。またコマンドレットは、正常にカタログを復元していることを確認するためのメッセージを表示します。

■関連するトピック

  • Remove-WBCatalog

[参考]