Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレット (Start-WBHyperVRecovery) について

スポンサーリンク

規定ではインストールされていませんが、Windows Server 2012 / 2012 R2 標準の機能として Windows Server Backup (WSB) という基本的なバックアップと回復と行うための一連のウィザードや PowerShell コマンドレットなどの関連ツールを提供しています。

WSB 関連の PowerShell コマンドレットは Windows Server 2008 R2 と比較し、機能強化が行われていますが、ヘルプに関しては英語のみとなっており、日本語による情報はあまり公開されていません。

ここでは、WSB に関する PowerShell コマンドレットの 1 つである「Start-WBHyperVRecovery」について、日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Windows Server 2012 / 2012 R2 における Windows Server Backup 関連のコマンドレットについて」を参照)。

※Windows Server 2012 / 2012 R2 と比較した際、内容の相違がほとんどないことから、Windows Server 2012 R2 (内容については「Get-Help」コマンドレットの -Full オプションを用いて実行した結果を編集したものとなります) の情報を元に編集、意訳したものとなります。

■名前

Start-WBHyperVRecovery

■概要

Hyer-V Server 2012 仮想マシンの回復を開始します。

■構文

Start-WBHyperVRecovery [-BackupSet] <WBBackupSet> [-VMInBackup] <WBVirtualMachine[]> [[-TargetPath] <String>] [[-NoRollForward]] [[-Async]] [[-Force]] [[-UseAlternateLocation]] [[-RecreatePath]] [<CommonParameters>]

■説明

Start-WBHyperVRecovery コマンドレットは、Hyper-V 仮想マシン (VM) に対する回復操作を開始します。回復する VM を指定するには WBBackupSet オブジェクトから配列上のアプリケーションを使用します。

Hyper-V の概要について、TechNet 上の HyperV Overview を参照してください。

■パラメーター

-Async [<SwitchParameter>]
Windows PowerShell は、バックアップが開始された直後にプロンプトに戻り、状態メッセージが表示されないことを示します。

必須false
位置5
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-BackupSet <WBBackupSet>
Hyper-V アプリケーション バックアップが含まれるバックアップ設定オブジェクトを指定します。

必須true
位置1
既定値none
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Force [<SwitchParameter>]
確認のプロンプトを表示せずに、コマンドレットが回復操作を開始します。既定では、実行前に確認のプロンプトをコマンドレット上に表示します。

必須false
位置6
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-NoRollForward [<SwitchParameter>]
バックアップからアプリケーションの最新バージョンを選択した場合は、自国の前の時点から VM を復旧できることを示します。最新バージョン以外のアプリケーションのバージョンでは、既定では操作は point-in-time 回復を使用します。

必須false
位置4
既定値false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-RecreatePath [<SwitchParameter>]
VM を復元する際、回復操作は元のフォルダ構造を再作成することを示します。このオプションでは、別の場所に VM を回復する場合にのみ適用されます。このオプションを指定しない場合、回復は単一のフォルダの下のコンポーネントのすべてのファイルを配置します。

必須false
位置8
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-TargetPath <String>
ファイルの回復プロセス検索があるバックアップ設定の別の場所を指定します。

必須false
位置3
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-UseAlternateLocation [<SwitchParameter>]
Hyper-V コンポーネント、更新構成、およびHyper-V 管理サービスを持つ VM の登録を回復するために回復プロセスを使用するかどうかを示します。このオプションは、別の場所へ VM うぃ回復する場合のみ適用します。

必須false
位置7
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VMInBackup <WBVirtualMachine[]>
回復するための VM を含む 仮想マシン オブジェクトの一覧を指定します。この一覧は、バックアップ設定のアプリケーション配列の Hyper-V アプリケーション オブジェクトから VM に含む必要があります。

必須true
位置2
既定値none
パイプライン入力を許可するTrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • WBBackupSet, WBVirtualMachine

■出力

  • System.String

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Start-WBHyperVRecovery -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Start-WBHyperVRecovery -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: 元の場所に VM を回復する。

$Backup = Get-WBBackupSet
Start-WBHyperVRecovery -BackupSet $Backup -VMInBackup $Backup.Application[0].Component[0]

この例は、元の場所に VM を回復します。

最初のコマンドは、システム カタログからバックアップ設定オブジェクトを取得し、変数 $Backup に格納します。

2 番目のコマンドは、元の場所へ ID 285CEA9B-E337-44E1-9BF9-BF431BC3EB35 を持つ VM を回復するために $Backup に格納されたバックアップ設定を使用します。

例 2: 別の場所に VM を回復する。

$Backup = Get-WBBackupSet
Start-WBHyperVRecovery -BackupSet $Backup -VMInBackup $Backup.Application[0].Component[1] -TargetPath F:Dir1 -UseAlternateLocation -RecreatePath

この例は、別の場所に VM を回復します。

最初のコマンドは、システム カタログからバックアップ設定オブジェクトを取得し、変数 $Backup に格納します。

2 番目のコマンドは、別の場所へ ID F7D8AAF4-D086-47CC-8264-61F80527BFF4 を持つ VM を回復します。

■関連するトピック

  • Get-WBBackupSet

[参考]