Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレット (Get-AzureStorSimpleDeviceBackup) について

スポンサーリンク

StorSimple は、Microsoft 社が提供するハイブリッドのクラウド ストレージ サービスです。

Microsoft Azure と組み合わせることで、Azure ストレージを拡張領域として利用することが可能であり、また別拠点でのデータ復旧が可能であることから、効率的なデータ管理、災害対策が実現できます。

Azure StorSimple デバイスの管理に使用することが可能な PowerShell コマンドレットが提供されており、設定方法について MSDN サイト上で公開されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットの 1 つである「Get-AzureStorSimpleDeviceBackup」について、本ブログにて日本語の情報として纏めてみました((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.7 で確認しているものとなります)。

■名前

Get-AzureStorSimpleDeviceBackup

■概要

デバイスからバックアップを取得します。

■構文

Get-AzureStorSimpleDeviceBackup [-DeviceName] <String> [-BackupPolicy] <BackupPolicyDetails> [[-From] [<String>]] [[-To] [<String>]] [-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

Get-AzureStorSimpleDeviceBackup [-DeviceName] <String> [-BackupPolicyId] <String> [[-From] [<String>]] [[-To] [<String>]] [-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

Get-AzureStorSimpleDeviceBackup [-DeviceName] <String> [[-From] [<String>]] [[-To] [<String>]] [-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

Get-AzureStorSimpleDeviceBackup [-DeviceName] <String> [-VolumeId] <String> [[-From] [<String>]] [[-To] [<String>]] [-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

Get-AzureStorSimpleDeviceBackup [-DeviceName] <String> [-Volume] <VirtualDisk> [[-From] [<String>]] [[-To] [<String>]] [-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

■説明

Get-AzureStorSimpleDeviceBackup コマンドレットは、デバイスからバックアップを取得します。バックアップ ポリシー、ボリューム、およびバックアップに対する作成時刻を指定することが可能です。

このコマンドレットは、最初のページには最大 100 バックアップを返します。100 バックアップ以上存在する場合、-First および -Skip パラメーターを用いて後続のページを取得します。-Skip に対して値 100、および -First に対して値 50 を指定した場合、このコマンドレットは最初 100 の結果を返しません。100 スキップした後で次の 50 の結果を返します。

■パラメーター

-BackupPolicy <BackupPolicyDetails>
BackupPolicyDetails
オブジェクトを指定します。このコマンドレットは、取得するバックアップを決定するためにこのオブジェクトの InstanceId を用います。BackupPolicyDetails オブジェクトを取得するために、Get-AzureStorSimpleDeviceBackupPolicy コマンドレットを用います。

必須true
位置2
既定値なし
パイプライン入力を許可するtrue(ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-BackupPolicyId <String>
バックアップ ポリシーのインスタンス ID を指定します。このコマンドレットは、このパラメーターを指定したポリシーに対するデバイス バックアップを取得します。

必須true
位置2
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-DeviceName <String>
バックアップを取得する StorSimple デバイス名を指定します。

必須true
位置1
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-From [<String>]
このコマンドレットが取得するバックアップに対する開始日時を指定します。

必須false
位置3
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Profile [<Microsoft.Azure.Common.Authentication.Models.AzureProfile>]
Azure プロファイルを指定します。

必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-To [<String>]
このコマンドレットが取得するバックアップの完了日を指定します。

必須false
位置4
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Volume <VirtualDisk>
VirtualDisk
オブジェクトを指定します。このコマンドレットは、存在するバックアップのボリュームを決定するためのこのオブジェクトの InstanceId を用います。VirtualDisk オブジェクトを指定するために、Get-AzureStorSimpleDeviceVolume パラメータを用います。

必須true
位置2
既定値なし
パイプライン入力を許可するtrue(ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VolumeId <String>
バックアップが存在するボリュームのインスタンス ID を指定します。

必須true
位置2
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • BackupPolicyDetails, VirtualDisk
    このコマンドレットは、BackupPolicyDetails および VirtualDisk オブジェクトを受け入れます。

■出力

  • IList<Backup>
    このコマンドレットは、Backup オブジェクトの一覧を返します。

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Get-AzureStorSimpleDeviceBackup -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Get-AzureStorSimpleDeviceBackup -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: デバイス上にあるすべてのバックアップの取得

 Get-AzureStorSimpleDeviceBackup -DeviceName "Contoso63-AppVm" 
InstanceId                           Name                               Type          BackupJobCreationType              CreatedOn                          SizeInBytes                       Snapshots                         SSMHostName
———-                           —-                               —-          ———————              ———                          ———–                       ———                         ———–
85074062-ef6a-408a-b6c9-2a0904bb99ca Snapshot_vg-all                    LocalSnapshot BySchedule                         4/15/2015 1:30:02 PM               9375913607168                     {Volume 1, Volume 4, Volume 3,
Volume 2}
ebd87fa3-a9e2-49c9-a7e6-dada47071544 Cloud_Snapshot_vg-all              CloudSnapshot BySchedule                         4/15/2015 11:30:02 AM              9375913607168                     {Volume 1, Volume 4, Volume 3,
Volume 2}
9f7a03be-8c39-474c-bf88-b2c7b54e833c Cloud_Snapshot_Vol3_clone VG       CloudSnapshot BySchedule                         4/15/2015 9:00:03 AM               1717986918400                     {Volume 3 Clone}
177b2dad-c0b2-42d6-b7bb-16926e54e9c6 VG Clones                          CloudSnapshot BySchedule                         4/15/2015 8:30:02 AM               5016521801728                     {Volume 1 Clone, Volume 3 Clone}
49c470c0-eadb-40ac-9928-94018a8edcd4 Cloud_Snapshot_Vol1_clone VG       CloudSnapshot BySchedule                         4/15/2015 7:30:02 AM               3298534883328                     {Volume 1 Clone}
45dfd283-f924-4b45-93eb-b20650cadf43 vg-all                             LocalSnapshot Adhoc                              3/27/2015 9:12:15 PM               9375913607168                     {Volume 1, Volume 4, Volume 3,
Volume 2}
2c3dd48d-824c-4298-82b5-fb44abb67a1e Test Group                         LocalSnapshot Adhoc                              3/27/2015 1:47:00 AM               5016521801728                     {Volume 1, Volume 3}

このコマンドは、デバイス名「Contoso63-AppVm」上に存在するすべてのバックアップを取得します。最初のページに許可される最大バックアップ数 100 以上の場合、追加の結果を取得するために、-First および -Skip パラメーターを用います。

例 2: 2 つの日付の間で作成されたバックアップの取得

 Get-AzureStorSimpleDeviceBackup -DeviceName "Contoso63-AppVm" -From "9/7/2014" -To "10/7/2014" -First 2 -Skip 1 
BackupJobCreationType : BySchedule
CreatedOn             : 10/5/2014 11:00:04 AM
SizeInBytes           : 10737418240
Snapshots             : {ContosoTSQA}
SSMHostName           :
Type                  : CloudSnapshot
InstanceId            : ec2fdf5c-c807-4f7b-a942-d4c4a9b68c44
Name                  : ContosoTSQA_Default
BackupJobCreationType : BySchedule
CreatedOn             : 10/4/2014 11:00:06 AM
SizeInBytes           : 10737418240
Snapshots             : {ContosoTSQA}
SSMHostName           :
Type                  : CloudSnapshot
InstanceId            : 5ac4f947-f4c6-4770-9000-2242e72fc6d3
Name                  : ContosoTSQA_DefaultVERBOSE: # of backups returned : 2
VERBOSE: More backups are available for your query. To access the next page of your result use \”-First 2 -Skip 3\” in your commandlet

このコマンドは、10/8/2014 以前もしくは 10/7/2014 以降のデバイス名「Contoso63-AppVm」上にあるバックアップを取得します。このコマンドレットは、最初の結果をスキップし、その最初の結果の後にある 2 つの結果を返します。他の結果を確認するためには -First および -Skip の値を修正します。

例 3: バックアップ ポリシー ID に対するバックアップの取得

 Get-AzureStorSimpleDeviceBackup -DeviceName "Contoso63-AppVm" -BackupPolicyId "de088eac-b283-4d92-b501-a7598 
45fdf3f” -First 10 -From “9/7/2014″
BackupJobCreationType : BySchedule
CreatedOn             : 10/1/2014 11:00:12 AM
SizeInBytes           : 10737418240
Snapshots             : {ContosoTSQA}
SSMHostName           :
Type                  : CloudSnapshot
InstanceId            : e1aec9f1-a321-443f-a058-ba78c749c2c2
Name                  : ContosoTSQA_Default
…….

BackupJobCreationType : BySchedule
CreatedOn             : 9/29/2014 11:00:12 AM
SizeInBytes           : 10737418240
Snapshots             : {ContosoTSQA}
SSMHostName           :
Type                  : CloudSnapshot
InstanceId            : f8041928-37b9-4048-a99c-2d3078943874
Name                  : ContosoTSQA_Default
VERBOSE: # of backups returned : 10
VERBOSE: More backups are available for your query. To access the next page of your result use \”-First 10 -Skip 10\” in your commandlet

このコマンドは、デバイス名「Contoso63-AppVm」上に作成された、もしくは指定した日時のバックアップを取得します。コマンドは、指定した ID を持つバックアップ ポリシーを用いて作成されたバックアップを取得します。このコマンドは、-First パラメーターが指定されているので、最初の 10 の結果のみを返します。

例 4: バックアップ ポリシー オブジェクトに対するオブジェクトの取得

 Get-AzureStorSimpleDeviceBackupPolicy -DeviceName "Contoso63-AppVm" -BackupPolicyName "TSQATest_Default" | Get-AzureStorSimpleDeviceBackup -DeviceName "Contoso63-AppVm" -First 10 -From "9/7/2014" 
BackupJobCreationType : BySchedule
CreatedOn             : 10/1/2014 11:00:12 AM
SizeInBytes           : 10737418240
Snapshots             : {ContosoTSQA}
SSMHostName           :
Type                  : CloudSnapshot
InstanceId            : e1aec9f1-a321-443f-a058-ba78c749c2c2
Name                  : ContosoTSQA_Default
…….

BackupJobCreationType : BySchedule
CreatedOn             : 9/29/2014 11:00:12 AM
SizeInBytes           : 10737418240
Snapshots             : {ContosoTSQA}
SSMHostName           :
Type                  : CloudSnapshot
InstanceId            : f8041928-37b9-4048-a99c-2d3078943874
Name                  : ContosoTSQA_Default
VERBOSE: # of backups returned : 10
VERBOSE: More backups are available for your query. To access the next page of your result use \”-First 10 -Skip 10\” in your commandlet

このコマンドは、Get-AzureStorSimpleDeviceBackupPolicy コマンドレットを用いて BackupPolicyDetails オブジェクトを取得し、パイプライン操作を用いて現在のコマンドにオブジェクトを渡します。このコマンドレットは、コマンドの最初の部分からバックアップ ポリシーを用いて作成されたデバイス名「Contoso63-AppVm」に対するバックアップを取得します。コマンドは、例 4 のように、もしくは指定した日付より以前に作成されたバックアップを取得します。このコマンドは、-First パラメーターが指定されているので、最初の 10 の結果のみを返します。

例 5: ボリューム ID に対するバックアップの取得

 Get-AzureStorSimpleDeviceBackup -DeviceName "Contoso63-AppVm" -VolumeId "SS-VOL-246b9df1-11bb-4071-8043-f955cc406446" -First 1 
BackupJobCreationType : BySchedule
CreatedOn             : 10/9/2014 11:00:10 AM
SizeInBytes           : 10737418240
Snapshots             : {ContosoTSQA}
SSMHostName           :
Type                  : CloudSnapshot
InstanceId            : 4fef4178-0145-404b-8257-7d958a380b8b
Name                  : ContosoTSQA_Default

VERBOSE: # of backups returned : 1
VERBOSE: No more backup sets are present for your query!

このコマンドは、指定したインスタンス ID を持つボリューム上で作成されたデバイス上のバックアップを取得します。このコマンドは、-First パラメーターが指定されているので、最初の結果のみを返します。

例 6: ボリューム名に対するバックアップの取得

 Get-AzureStorSimpleDeviceVolume -DeviceName "Contoso63-AppVm" -VolumeName "TSQATest03" | Get-AzureStorSimpleDeviceBackup -DeviceName "Contoso63-AppVm" -First 1 
BackupJobCreationType : BySchedule
CreatedOn             : 10/9/2014 11:00:10 AM
SizeInBytes           : 10737418240
Snapshots             : {ContosoTSQA}
SSMHostName           :
Type                  : CloudSnapshot
InstanceId            : 4fef4178-0145-404b-8257-7d958a380b8b
Name                  : ContosoTSQA_Default

VERBOSE: # of backups returned : 1
VERBOSE: No more backup sets are present for your query!

このコマンドは、Get-AzureStorSimpleDeviceVolume コマンドレットを用いて VirtualDisk オブジェクトを取得し、パイプラインを用いて現在のコマンドレットへオブジェクトを渡します。このコマンドレットは、コマンドの最初の部分からボリューム上に作成されたデバイス名「Contoso63-AppVm」のバックアップを取得します。このコマンドは、最初の結果を返します。

■関連するトピック

  • Remove-AzureStorSimpleDeviceBackup
  • Get-AzureStorSimpleDeviceBackupPolicy
  • Get-AzureStorSimpleDeviceVolume

[参考]