Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレット (Get-AzureStorSimpleJob) について

スポンサーリンク

StorSimple は、Microsoft 社が提供するハイブリッドのクラウド ストレージ サービスです。

Microsoft Azure と組み合わせることで、Azure ストレージを拡張領域として利用することが可能であり、また別拠点でのデータ復旧が可能であることから、効率的なデータ管理、災害対策が実現できます。

Azure StorSimple デバイスの管理に使用することが可能な PowerShell コマンドレットが提供されており、設定方法について MSDN サイト上で公開されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットの 1 つである「Get-AzureStorSimpleJob」について、本ブログにて日本語の情報として纏めてみました((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.7 で確認しているものとなります)。

■名前

Get-AzureStorSimpleJob

■概要

StorSimple ジョブを取得します。

■構文

Get-AzureStorSimpleJob [-DeviceName] <String> [[-From] [<DateTime>]] [[-To] [<DateTime>]] [-Profile [<AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

Get-AzureStorSimpleJob [-InstanceId] <String> [[-From] [<DateTime>]] [[-To] [<DateTime>]] [-Profile [<AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

Get-AzureStorSimpleJob [-Status] {Running | Completed | Cancelled | Failed | Cancelling | CompletedWithErrors} [[-From] [<DateTime>]] [[-To] [<DateTime>]] [-Profile [<AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

Get-AzureStorSimpleJob [-Type] {Backup | ManualBackup | Restore | CloneWorkflow | DeviceRestore | Update | SupportPackage | VirtualApplianceProvisioning} [[-From] [<DateTime>]] [[-To] [<DateTime>]] [-Profile [<AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

■説明

Get-AzureStorSimpleJob コマンドレットは、Azure StorSimple ジョブを取得します。指定したジョブを取得するために、インスタンス ID を指定します。このコマンドレットが取得するジョブを制限するには他のパラメーターを指定します。

このコマンドレットは、最大 200 ジョブです。200 以上のジョブが存在する場合、-First および -Skip パラメーターを用いて残りのジョブを取得します。-Skip に対して値100、-First に対して 50 を指定する場合、このコマンドレットは最初の 100 の結果は返しません、100 をスキップした後、次の 50 の結果を指定します。

■パラメーター

-DeviceName <String>
コマンドレットが取得するジョブの StorSimple デバイス名を指定します。

必須 true
位置 1
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-From [<DateTime>]
このコマンドレットが取得するジョブに対する開始日時を指定します。このコマンドレットは、完了時間に基づいて完了ジョブを指定します。

必須 false
位置 2
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-InstanceId <String>
取得するジョブの ID を指定します。

必須 true
位置 1
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Profile [<AzureProfile>]
Azure プロファイルを指定します。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Status <String>
このコマンドレットが取得する状態を指定します。有効な値:

  • Running
  • Completed
  • Cancelled
  • Failed
  • Cancelling
  • CompletedWithErrors
必須 true
位置 1
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-To [<DateTime>]
このコマンドレットが取得する完了日時を指定します。このコマンドレットは、完了時間に基づき完了ジョブを取得します。

必須 false
位置 3
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-Type <String>
このコマンドを取得するジョブの型を指定します。有効な値:

  • Backup
  • ManualBackup
  • Restore
  • CloneWorkflow
  • DeviceRestore
  • Update
  • SupportPackage
  • VirtualApplianceProvisioning
必須 true
位置 1
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • なし
    このコマンドレットにパイプ入力することはできません。

■出力

  • IList<DeviceJobDetails>, DeviceJobDetails
    このコマンドレットはジョブ詳細のオブジェクトの一覧を返す、もしくは InstanceID パラメーターを指定する場合、単一のジョブ詳細のオブジェクトを返します。

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Get-AzureStorSimpleJob -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Get-AzureStorSimpleJob -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: ID を用いたジョブの取得

 Get-AzureStorSimpleJob -InstanceId "574f47e0-44e9-495c-b8a5-0203c57ebf6d" 
BackupPolicy             :
BackupTimeStamp          : 1/1/0001 12:00:00 AM
BackupType               : CloudSnapshot
DataStats                : Microsoft.WindowsAzure.Management.StorSimple.Models.DataStatistics
Device                   : Microsoft.WindowsAzure.Management.StorSimple.Models.CisBaseObject
Entity                   : Microsoft.WindowsAzure.Management.StorSimple.Models.CisBaseObject
ErrorDetails             : {}
HideProgressDetails      : False
InstanceId               : 574f47e0-44e9-495c-b8a5-0203c57ebf6d
IsInstantRestoreComplete : False
IsJobCancellable         : True
JobDetails               : Microsoft.WindowsAzure.Management.StorSimple.Models.JobStatusInfo
Name                     : 26447caf-59bb-41c9-a028-3224d296c7dc
Progress                 : 100
SourceDevice             : Microsoft.WindowsAzure.Management.StorSimple.Models.CisBaseObject
SourceEntity             : Microsoft.WindowsAzure.Management.StorSimple.Models.CisBaseObject
SourceVolume             : Microsoft.WindowsAzure.Management.StorSimple.Models.CisBaseObject
Status                   : Completed
TimeStats                : Microsoft.WindowsAzure.Management.StorSimple.Models.TimeStatistics
Type                     : Backup
Volume                   : Microsoft.WindowsAzure.Management.StorSimple.Models.CisBaseObject

このコマンドは、指定した ID を持つジョブの情報を取得します。

例 2: デバイス名を用いたジョブの取得

 Get-AzureStorSimpleJob -DeviceName "8600-Bravo 001" -First 2 
InstanceId Type Status DeviceName StartTime Progress
———- —- —— ———- ——— ——–
1997c33f-bfcc-4d08-9aba-28068340a1f9 Backup Running 8600-Bravo 001 4/15/2015 1:30:02 PM 92
85074062-ef6a-408a-b6c9-2a0904bb99ca Backup Completed 8600-Bravo 001 4/15/2015 1:30:02 PM 100

このコマンドは、デバイス名「8600-Bravo 001」に対する情報を取得します。コマンドは、デバイスに対する最初の 2 つのジョブを取得します。

例 3: 完了したジョブの取得

 Get-AzureStorSimpleJob -Status Completed -Skip 10 -First 2 

このコマンドは、完了したジョブを取得します。コマンドは、最初の 10 ジョブをスキップした後。最初の 2 つのジョブのみを取得します。

例 4: 手動バックアップ ジョブの取得

 Get-AzureStorSimpleJob -Type ManualBackup 

このコマンドは、手動バックアップ型のジョブを取得します。

例 5: 指定した時間の間にあるジョブの取得

 $StartTime = Get-Date -Year 2015 -Month 3 -Day 10
$EndTime = Get-Date -Year 2015 -Month 3 -Day 11 -Hour 12 -Minute 15
Get-AzureStorSimpleJob -DeviceName "Device07" -From $StartTime -To $EndTime

1 番目、2 番目のコマンドは、Get-Date コマンドレットを用いて DateTime オブジェクトを作成します。コマンドは、$StartTime および $EndTime 変数内に新しい新しい時間を格納します。詳細な情報は、Get-Help Get-Date を入力します。

最後のコマンドは、$StartTime および $EndTime に格納された時間の間でデバイス名「Device07」に対するジョブを取得します。

■関連するトピック

  • Stop-AzureStorSimpleJob

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク