Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレット (Import-AzureStorSimpleLegacyApplianceConfig) について

スポンサーリンク

StorSimple は、Microsoft 社が提供するハイブリッドのクラウド ストレージ サービスです。 Microsoft Azure と組み合わせることで、Azure ストレージを拡張領域として利用することが可能であり、また別拠点でのデータ復旧が可能であることから、効率的なデータ管理、災害対策が実現できます。

Azure StorSimple デバイスの管理に使用することが可能な PowerShell コマンドレットが提供されており、設定方法について MSDN サイト上で公開されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットの 1 つである「Import-AzureStorSimpleLegacyApplianceConfig」について、本ブログにて日本語の情報として纏めてみました((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure StorSimple 関連の PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.7 で確認しているものとなります)。

■名前

Import-AzureStorSimpleLegacyApplianceConfig

■概要

構成ファイルをインポートします。

■構文

Import-AzureStorSimpleLegacyApplianceConfig [-ConfigFilePath] <String> [-TargetDeviceName] <String> [-ConfigDecryptionKey] <String> [-Profile [<AzureProfile>]] [<CommonParameters>]

■説明

Import-AzureStorSimpleLegacyApplianceConfig コマンドレットは、レガシー アプライアンスから構成ファイルをインポートします。このファイルは Azure StorSimple サービスに対するデータ コンテナー、バックアップ ポリシー、およびストレージ アカウント証明が含まれます。このコマンドレットは、レガシー アプライアンス構成メタデータを返します。

■パラメーター

-ConfigDecryptionKey <String>
レガシー アプライアンスの構成に対する複合化キーを指定します。

必須true
位置3
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-ConfigFilePath <String>
取得するための構成の絶対パスを指定します。

必須true
位置1
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Profile [<AzureProfile>]
Azure プロファイルを指定します。

必須false
位置named
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-TargetDeviceName <String>
ポータル上に表示されるターゲット デバイス名を指定します。

必須true
位置2
既定値なし
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • なし

■出力

  • LegacyApplianceConfiguration
    このコマンドレットは構成の詳細を返します。LegacyApplianceConfiguration オブジェクトは次の情報が含まれます: configuration ID、volume container names、access control records、backup policies、bandwidth settings、volume containers、storage account credentials、および volumes

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Import-AzureStorSimpleLegacyApplianceConfig -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Import-AzureStorSimpleLegacyApplianceConfig -full」と入力してください。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: 構成ファイルのインポート

 Import-AzureStorSimpleLegacyApplianceConfig -ConfigFilePath "C:\MigrationData\LegacyStorSimpleConfig.sse" -TargetDeviceName "8100-123456789" -ConfigDecryptionKey "fWs793hHVhR90NKdDYTeNq" 

LegacyConfigId      : e2d5c9b1-b528-4c21-b8ae-533feefc8a41
ImportedOn          : 4/8/2015 7:23:04 PM
ConfigFile          : D:\configs\StorSimpleConfig_27_Mar_15_12_19.xml.sse
TargetApplianceName : Arunkm-N4
Details             : Available Cloud Configuration(s) for migration :
                          Cloud Configuration(s) 1    : TC8Cloud[Stingray19-FP6]
                          Cloud Configuration(s) 2    : fulle_cc4
                          Cloud Configuration(s) 3    : fulle_cc2
                          Cloud Configuration(s) 4    : fulle_cc3
                          Cloud Configuration(s) 5    : TC9Cloud[Stingray18-FP3]
                          Cloud Configuration(s) 6    : fulle_cc1
                          Cloud Configuration(s) 7    : Container-New[Stingray19-FP6]
                          Cloud Configuration(s) 8    : TC6Cloud[Stingray19-FP6]
                          Cloud Configuration(s) 9    : TC7Cloud[Stingray18-FP3]

Result              : Successfully imported config from the legacy appliance!
Save the legacy config id and cloud configuration(s) for future reference.

このコマンドは、指定したパスに設定ファイルをインポートします。コマンドには、ファイルを復号化するためのキーが含まれています。

■関連するトピック

  • Import-AzureStorSimpleLegacyVolumeContainer

[参考]