StoSimple 8000 シリーズ Update 3.0 が公開されました

スポンサーリンク

Microsoft Azure クラウド ストレージと組み合わせた、統合ストレージ ソリューションである Azure StorSimple の物理アプライアンス、StorSimple 8000 シリーズの Update 3.0 が 2016/09/15 (現地時間) に公開された旨のアナウンスがありました。

Update 3.0 のバージョンは、「6.3.9600.17759」となり、含まれる内容としては以下の新しい機能と改善項目となります。

  • クラウドへの read/write パフォーマンスの改善。これは、クラウドへの高速バックアップ、クラウドから階層化されたデータの読み出し、ディザスタ リカバリ操作中にデータ ポストの読み出し/リストアが可能。
  • 領域の再利用を実行するため、およびアクティブ I/O に対してサービス データ上にフォーカスしたアクティブ コントローラー リソースを確保するために 8000 シリーズ物理アプライアンス上のスタンドバイ コントローラーの有効化
  • StorSimple Management Service 上で利用可能なモニタリング チャートの改善

なお、自動更新については今後数ヶ月に渡り段階的に行われ、Azure ポータル内の StorSimple Management Service から適用できるようになるとのことで、手動でもアップグレードすることも可能になっています。

ただし、Update 3.0 へのアップグレードには事前準備などもあるようなので、以下の Azure ドキュメントのサイトに記載がありますので、あらかじめ確認しておくのがよいかと思います。

また、Update 3.0 にはデバイス ソフトウェア、LSI ソフトウェアとファームウェア、Storport および Spaceport のアップデートが含まれており、適用時間も約 1.5 ~ 2 時間程度掛かるようなので、業務に影響がないよう、アップデートを計画的に進める必要があります。

参考

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク