Azure PowerShell v3.3.0 がリリースされました

スポンサーリンク

2016/12/14 (現地時間) に Azure PowerShell v3.3.0 がリリースされました。

Azure PowerShell v3.3.0 については、Microsoft Web Platform (WebPI) 経由や PowerShell Gallery、Github から直接 MSI ファイルをダウンロード、インストールすることが可能です。

インストール後、バージョンが v3.3.0 となっていることが確認できます。

リリース内容には記載がありませんでしたが、v.3.2.0 で Get-AzureRmVirtualNetworkGatewayConnection コマンドレットの実行がエラーとなっていました。この問題について修正されており、TunnelConnectionStatus パラメーターも表示できるようになっていました。
※ただ、結果として表示されるパラメーターが v.3.1.0 の時と少し違うのが気になりましたが…

リリース内容 (意訳)

Azure PowerShell 3.3.0 ンストーラー : リンク

ARM コマンドレッドに対する Gallery モジュール : リンク

Service Management (RDFE) のレガシー コマンドレットに対する Gallery モジュール : リンク

  • ApiManagement
    • 外部の Identity Provider Configuration を管理するための新しいコマンドレットの追加
      • New-AzureRmApiManagementIdentityProvider
      • Set-AzureRmApiManagementIdentityProvider
      • Get-AzureRmApiManagementIdentityProvider
      • Remove-AzureRmApiManagementIdentityProvider
    • RBAC サポートを持つ .net client 3.2.0 AzureRm.ApiManagement を使用するよう、クライアントを更新
    • Soap Pass Through (ApiType = Http)、もしくは Soap To Rest(ApiType = Soap)として Wsdl 型 API をインポートできるよう、Import-AzureRmApiManagementApi コマンドレットを更新。既定では、Soap Pass Through
    • Issue #3217 の修正
  • Compute
    • Remove-AzureRmVMSecret コマンドレットの追加
    • ユーザーのフィードバック (#1384) に基づき、Compact および Expand 表示モードを有効にするために VM オブジェクトの DisplayHint の追加。これは、Get -Date – DisplayHint Date コマンドレットに類似。既定では、Get-AzureRmVm -ResourceGroupName <rg-name> -Name <vm-name> が Compact が戻り値となる。-DisplayHint Expand を用いた場合、表示を Expand にすることが可能
    • UPCOMING BREAKING CHANGE Notification : Get-AzureRmVm -ResourceGroupName <rg-name> -Name <vm-name> コマンドレットから VM オブジェクトを返される際の DataDiskNames および NetworkInterfaceIDs パラメーターに関する警告の追加。次の方法による、これらのプロパティにアクセスするスクリプトの更新を推奨 :
      • $vm.StorageProfile.DataDisks
      • $vm.NetworkProfile.NetworkInterfaces
    • 次の新しいオプションを追加するための Set-AzureVMChefExtension コマンドレットの更新 :
      • JsonAttribute : chef-client の最初の実行を追加するための JSON 文字列。例 : -JsonAttribute ‘{“container_service”: {“chef-init-test”: {“command”: “C:\opscode\chef\bin”}}}’
      • ChefServiceInterval : chef-service が実行する周期 (分単位) を指定する。Azure VM 上に chef-service をインストールしたくない場合、このフィールドには 0 を値として設定する。例 : -ChefServiceInterval 45
  • DataLakeAnalytics
    • Add-AzureRMDataLakeAnalyticsDataSource および Set-AzureRMDataLakeAnalyticsDataSource コマンドレット内の非サポート パラメーターの削除 (data lake store の既定)
    • Set-AzureRMDataLakeAnalyticsAccount コマンドレット内の非サポート パラメーターの削除 (data lake store の既定)
    • すべての ARM リソースの nasted プロパティに対する非推奨警告の導入。nasted プロパティは、将来のリリースで削除され、すべてのプロパティは 1 レベル上に移動
    • New-AzureRMDataLakeAnalyticsAccount および Set-AzureRMDataLakeAnalyticsAccount 内の MaxDegreeOfParallelism、MaxJobCount、および QueryStoreRetention を設定機能を追加
    • New-AzureRMDataLakeAnalyticsCatalogSecret コマンドレットから無効な戻り値の削
  • DataLakeStore
    • すべての ARM リソースの nasted プロパティに対する非推奨警告の導入。nasted プロパティは、将来のリリースで削除され、すべてのプロパティは 1 レベル上に移動
    • Set-AzureRMDataLakeStoreAccount アカウントの暗号化を設定する機能の削除 (非サポート)
    • Set-AzureRMDataLakeStoreAccount コマンドレットの間にファイアウォール ルールと信頼できる ID プロバイダを有効化 / 無効化にする機能の追加
    • 新しいコマンドレットの追加 : アカウント内のファイル (フォルダーではない) の有効期限を設定、もしくは削除を許可する Set-AzureRMDataLakeStoreItemExpiry コマンドレット
    • ローカル時刻の代わりに UTC 時刻をピボットするフレンドリ日付プロパティの小さな修正による、標準時刻の報告を保証
  • EventHub
    • Azure EventHub 用のコマンドレットの追加
      • New-AzureRmEventHubNamespace
        • Resource Group 内に新しい EventHub NameSpace を追加
      • Get-AzureRmEventHubNamespace
        • Resource Group の NameSpaces の Eventhub NameSpace / List を取得
      • Set-AzureRmEventHubNamespace
        • EventHub NameSpace のプロパティを更新
      • Remove-AzureRmEventHubNamespace
        • EventHub NameSpace を削除
      • New-AzureRmEventHubNamespaceAuthorizationRule
        • EventHub NameSpace に新しい AuthorizationRule を追加
      • Get-AzureRmEventHubNamespaceAuthorizationRule
        • EventHub NameSpace の AuthorizationRules の AuthorizationRule / List を取得
      • Set-AzureRmEventHubNamespaceAuthorizationRule
        • EventHub NameSpace のAuthorizationRule のプロパティを更新
      • New-AzureRmEventHubNamespaceKey
        • EventHub NameSpace の AuthorizationRule 用の新しい Primary / Secondary Key を生成
      • Get-AzureRmEventHubNamespaceKey
        • EventHub NameSpace の AuthorizationRule の Primary / Secondary Key を取得
      • Remove-AzureRmEventHubNamespaceAuthorizationRule
        • EventHub NameSpace の AuthorizationRule を削除
      • New-AzureRmEventHub
        • NameSpace に新しい EventHub の追加
      • Get-AzureRmEventHub
        • NameSpace の EventHub の Queue / List を取得
      • Set-AzureRmEventHub
        • NameSpace の EventHub のプロパティを更新
      • Remove-AzureRmEventHub
        • NameSpace の EventHub を削除
      • New-AzureRmEventHubAuthorizationRule
        • NameSpace の EventHub に新しい AuthorizationRule を追加
      • Get-AzureRmEventHubAuthorizationRule
        • EventHub の AuthorizationRules の AuthorizationRule / List を取得
      • Set-AzureRmEventHubAuthorizationRule
        • EventHub の AuthorizationRule を更新
      • New-AzureRmEventHubKey
        • EventHub の AuthorizationRule の新しい Primary / Secondary Key を生成
      • Get-AzureRmEventHubKey
        • AuthorizationRule の Primary / Secondary Key を取得
      • Remove-AzureRmEventHubAuthorizationRule
        • EventHub の AuthorizationRule を削除
      • New-AzureRmEventHubConsumerGroup
        • EventHub に新しい ConsumerGroup を追加
      • Get-AzureRmEventHubConsumerGroup
        • EventHub の ConsumerGroups の ConsumerGroup / List を取得
      • Set-AzureRmEventHubConsumerGroup
        • EventHub の ConsumerGroup のプロパティを更新
      • Remove-AzureRmEventHubConsumerGroup
        • EventHub の ConsumerGroup を削除
  • Insights
    • New-AzureRmAutoscaleRule コマンドレット内で 2 つ以上の値を許可するパラメーター
      • ScaleType パラメーターは、以前の ChangeCount(既定)プラス、2 つの値 PercentChangeCount および ExactCount を許可
      • 2 つ以上の値を許可するこのパラメーターに関する警告メッセージの追加
    • Add-AzureRmLogProfile でパラメーターがオプションとして追加
      • Parameter StorageAccountId パラメーターがオプションとして追加
    • より多くのプロパティを公開するためにクラスを出力するマイナー変更
      • 印刷前にプロパティを見ることができますが、インスタンスが保護されているためプログラムではアクセスできません。
  • IotHub
    • Azure IoT Hub 用のコマンドレットの追加
      • Add-AzureRmIotHubEventHubConsumerGroup
        • Azure IoT hub の Event Hub consumer グループを追加
      • Add-AzureRmIotHubKey
        • Azure IoT hub に新しいキーを追加
      • Get-AzureRmIotHub
        • Azure IoT hub のプロパティを取得
      • Get-AzureRmIotHubConnectionString
        • Azure IoT hub の connection 文字列を取得
      • Get-AzureRmIotHubEventHubConsumerGroup
        • 指定した eventhub エンドポイント用の event hub consumer グループの一覧を取得
      • Get-AzureRmIotHubJob
        • サブスクリプション、もしくはリソース グループの  Azure IoT hub セットのプロパティを取得
      • Get-AzureRmIotHubKeyAzure
        • IoT hub の キーの一覧に関連した情報を取得
      • Get-AzureRmIotHubQuotaMetric
        • Azure IoT hub のクォータ量を取得
      • Get-AzureRmIotHubRegistryStatistic
        • Azure IoT hub のレジストリ状態を取得
      • Get-AzureRmIotHubValidSku
        • 既存 Azure IoT hub の切り替えができる有効な Sku 一覧を取得
      • New-AzureRmIotHub
        • 新しい Azure IoT hub を作成
      • New-AzureRmIotHubExportDevices
        • Azure IoT hub デバイスをエクスポートする新しいジョブを開始
      • New-AzureRmIotHubImportDevices
        • Azure IoT hub デバイスをインポートする新しいジョブを開始
      • Remove-AzureRmIotHub
        • Azure IoT hub の削除
      • Remove-AzureRmIotHubEventHubConsumerGroup
        • 指定した Azure IoT hub の event hub エンドポイント の consumer グループを削除
      • Remove-AzureRmIotHubKey
        • Azure IoT hub. からキーの削除
      • Set-AzureRmIotHub
        • Azure IoT hub のプロパティの更新
  • MachineLearning
    • すべてのコマンドレットに対するシリアル化およびシリアル化解除の改善
  • NotificationHubs
    • 名前空間に sku を設定する skuTier パラメーターの追加
      • New-AzureRmNotificationHubsNamespace
      • Set-AzureRmNotificationHubsNamespace
  • RecoveryServices.Backup
    • Azure SDK ベース Hyak から Swagger based Azure SDK ベース Swagger への移行
  • Resources
    • Find-AzureRmResource コマンドレットのパラメーターとして、ResourceNameEquals および ResourceGroupNameEquals が利用可能
      • Find-AzureRmResource コマンドレットの ResourceNameEquals および ResourceGroupNameEquals が利用可能
  • ServiceBus
    • Azure ServiceBus 用のコマンドレットの追加
      • New-AzureRmServiceBusNamespace
        • Resource Group 内の新しい ServiceBus NameSpace の追加
      • Get-AzureRmServiceBusNamespace
        • Resource Grou の NameSpaces の NameSpace / List を取得
      • Set-AzureRmServiceBusNamespace
        • Servicebus NameSpace のプロパティを更新
      • Remove-AzureRmServiceBusNamespace
        • ServiceBus NameSpace を削除
      • New-AzureRmServiceBusNamespaceAuthorizationRule
        • ServiceBus NameSpace に新しい AuthorizationRule を追加
      • Get-AzureRmServiceBusNamespaceAuthorizationRule
        • ServiceBus NameSpace の AuthorizationRules の AuthorizationRule / List を取得
      • Set-AzureRmServiceBusNamespaceAuthorizationRule
        • Servicebus NameSpace の AuthorizationRule のプロパティを更新
      • New-AzureRmServiceBusNamespaceKey
        • ServiceBus NameSpace の AuthorizationRule の新しい Primary / Secondary Key を生成
      • Get-AzureRmServiceBusNamespaceKey
        • ServiceBus NameSpace の AuthorizationRule Primary / Secondary Key を取得
      • Remove-AzureRmServiceBusNamespaceAuthorizationRule
        • ServiceBus NameSpace の AuthorizationRule を削除
      • New-AzureRmServiceBusQueue
        • ServiceBus NameSpace の新しい Queue を追加
      • Get-AzureRmServiceBusQueue
        • ServiceBus NameSpace の Queues の Queue/ List を取得
      • Set-AzureRmServiceBusQueue
        • ServiceBus NameSpace の Queue のプロパティを更新
      • Remove-AzureRmServiceBusQueue
        • ServiceBus NameSpace の Queue を削除
      • New-AzureRmServiceBusQueueAuthorizationRule
        • ServiceBus NameSpace の Queue に新しい AuthorizationRule を取得
      • Get-AzureRmServiceBusQueueAuthorizationRule
        • Queue の AuthorizationRules の AuthorizationRule / List を取得
      • Set-AzureRmServiceBusQueueAuthorizationRule
        • Queue の AuthorizationRule を更新
      • New-AzureRmServiceBusQueueKey
        • ServiceBus Queue の AuthorizationRule の新しい Primary / Secondary Key を生成
      • Get-AzureRmServiceBusQueueKey
        • ServiceBus Queue の AuthorizationRule の Primary / Secondary Key を取得
      • Remove-AzureRmServiceBusQueueAuthorizationRule
        • ServiceBus Queue の AuthorizationRule を削除
      • New-AzureRmServiceBusTopic
        • ServiceBus NameSpace に新しい Topic を追加
      • Get-AzureRmServiceBusTopic
        • ServiceBus NameSpace の Topic の Topic / List を取得
      • Set-AzureRmServiceBusTopic
        • ServiceBus NameSpace の Topic のプロパティを削除
      • Remove-AzureRmServiceBusTopic
        • ServiceBus NameSpace の Topic を削除
      • New-AzureRmServiceBusTopicAuthorizationRule
        • ServiceBus NameSpace の Topic に新しい AuthorizationRule を追加
      • Get-AzureRmServiceBusTopicAuthorizationRule
        • Topic の AuthorizationRules の AuthorizationRule / List を取得
      • Set-AzureRmServiceBusTopicAuthorizationRule
        • Topic の AuthorizationRule を更新
      • New-AzureRmServiceBusTopicKey
        • ServiceBus Topic の AuthorizationRule の新しい Primary / Secondary Key を生成
      • Get-AzureRmServiceBusTopicKey
        • ServiceBus Topic の AuthorizationRule の Primary / Secondary Key を取得
      • Remove-AzureRmServiceBusTopicAuthorizationRule
        • ServiceBus の AuthorizationRule Topic を削除
      • New-AzureRmServiceBusSubscription
        • ServiceBus Topic に新しい Subscription を追加
      • Get-AzureRmServiceBusSubscription
        • ServiceBus の Subscription Topic の Subscription / List を取得
      • Set-AzureRmServiceBusSubscription
        • ServiceBus の Subscription Topic を更新
      • Remove-AzureRmServiceBusSubscription
        • ServiceBus の Subscription Topic を削除
  • Sql
    • データベースおよびサーバー レベルの Azure SQL 脅威検出ポリシーのコマンドレットに storage プロパティを追加
      • StorageAccountName
      • RetentionInDays
    • Set-AzureSqlDatabaseServerAuditingPolicy コマンドレットから非サポート パラメーター “AuditAction” の削除
    • Set-AzureSqlDatabaseAuditingPolicy に新しいパラメーター “AuditAction” の追加
    • Database、Server および Elastic Pool (で与えられていない場合) の GET 上の表示、および SET 上の持続 Tag の修正
      • Tag がコマンドで使用される場合にはタグを保存、そうでない場合はリソース上のタグは削除されない
    • New-AzureRmSqlDatabase、Set-AzureRmSqlDatabase、および Get-AzureRmSqlDatabase” コマンドレットの変更
      • 上記 3 コマンドレットに対する 新しい “ReadScale” パラメーターの追加
      • “ReadScale” parameter has 2 つの利用可能な値を持つ “ReadScale” : データベースの ReadScale オプションが有効かどうかを “Enabled”、もしくは “Disabled” で指定する
    • ReadScale 機能
      • ReadScale は、Geo-secondary Premium データベースの読み取り要求のルーティングを有効化 / 無効化を許可する SQL Database の新しい機能
      • この機能は、読み取り専用ワークロードを柔軟にスケール アップ / ダウンを利用者に許可し、premium データベースの DTU 数を増加します。
      • ReadScale を構成するため、New-AzureRmSqlDatabaseコマンドレットを使用したデータベース作成時に “Enabled / Disabled” を持つ “ReadScale” パラメータを指定
  • Websites
    • 追加 : New-AzureRmAppservicePlan および Set-AzureRmAppServicePlan コマンドレットの PerSiteScaling オプション
    • 追加 : Set-AzureRmWebApp および Set-AzureRmWebAppSlot コマンドレットの NumberOfWorkers オプション
    • 追加 : platyPS を用いたヘルプ ドキュメント
  • ServiceManagement
    • 次の新しいオプションを追加するための Set-AzureVMChefExtension コマンドレットの更新 :
      • JsonAttribute : chef-client を最初に実行するための JSON 文字列。例 : -JsonAttribute ‘{“container_service”: {“chef-init-test”: {“command”: “C:\opscode\chef\bin”}}}’
      • ChefServiceInterval : chef-service が実行する周期 (分単位) を指定する。Azure VM 上に chef-service をインストールしたくない場合、このフィールドには 0 を値として設定する。例 : -ChefServiceInterval 45
    • Updated 許可する入力パラメーターの検証を追加するため、New-AzureVirtualNetworkGatewayConnection の更新 : GatewayConnectionType 値が設定され、大文字、小文字は区別しない
      • GatewayConnectionType : 値のセットのみを許可する検証の追加 : ‘ExpressRoute’/’IPsec’/’Vnet2Vnet’/’VPNClient’ および 許可する値の設置は任意のケースで渡すことが可能
    • 次のコマンドレットで、サービスの廃止予定機能に関する顧客への Managed Cache 警告メッセージ通知の更新
      • Get-AzureManagedCache
      • Get-AzureManagedCacheAccessKey
      • Get-AzureManagedCacheLocation
      • Get-AzureManagedCacheNamedCache
      • New-AzureManagedCache
      • New-AzureManagedCacheAccessKey
      • New-AzureManagedCacheNamedCache
      • Remove-AzureManagedCache
      • Remove-AzureManagedCacheNamedCache
      • Set-AzureManagedCache
      • Set-AzureManagedCacheNamedCache
    • Managed Cache サービスの廃止予定機能に関する詳細情報は、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=717458 を参照

参考

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. […] Azure PowerShell v3.3.0 がリリースされました […]

コメントを残す