DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット (Set-DatasourceDiskAllocation) について

スポンサーリンク

System Center Data Protection Manager 2010 (DPM 2010) のDPM管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

DPM管理シェルは、DPM 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 コマンドレットのヘルプについて、オンライン上では英語の情報しか公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Set-DatasourceDiskAllocation」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「DPM 2010のDPM管理シェルで使用できるコマンドレット一覧について」を参照)。

■名前

Set-DatasourceDiskAllocation

■概要

保護されたデータのディスク割り当てを変更します。

■構文

Set-DatasourceDiskAllocation [-ProtectionGroup] [-Datasource]
     -ExpectedDataSizePerClientInMB [-ShadowCopyArea] [<CommonParameters>]

Set-DatasourceDiskAllocation [-ProtectionGroup] [-AutoGrow] [<CommonParameters>]

Set-DatasourceDiskAllocation [-ProtectionGroup] [-Datasource] -Manual [-PassThru]
     [-ProductionServerJournalSize] [-ReplicaArea] [-ShadowCopyArea]
     [<CommonParameters>]

Set-DatasourceDiskAllocation [-DestinationDiskPool] [-MigrateDatasourceDataFromDPM]
     [-Datasource] [-ProtectionGroup] [<CommonParameters>]

Set-DatasourceDiskAllocation [-Datasource] [-ProtectionGroup] [-PassThru]
     [<CommonParameters>]

Set-DatasourceDiskAllocation [-ProtectionGroup] [-DestinationReplicaVolume]
     [-MigrateDatasourceDataFromDPM] [-DestinationShadowCopyVolume] [-Datasource]
     [-FormatVolumes] [<CommonParameters>]

Set-DatasourceDiskAllocation [-Datasource] -CustomRequirements [-ProtectionGroup]
     [-FormatVolumes] [-PassThru] [-ReplicaVolume] [-ShadowCopyVolume]
     [-USNJournalSize] [<CommonParameters>]

■説明

Set-DatasourceDiskAllocationコマンドレットは、保護されたデータのディスク割り当てを変更します。
保護グループの各データ ソースに割り当てるディスク領域の容量を指定するには、-Manualパラメーターを使用します。
保護グループの各データ ソースに使用するボリュームを指定するには、-CustomRequirementsパラメーターを使用します。
どちらのパラメーターも使用しない場合、DPMではデータ ソースの既定のディスク領域およびボリュームを割り当てます。

■パラメーター

-AutoGrow
ユーザー領域のしきい値を超えたときにレプリカまたは回復ポイントのボリューム サイズを自動的に大きくするかどうかを示します。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
位置1

-ProtectionGroup
保護グループの名前。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
位置0

-DestinationDiskPool
DPMによってデータ ソースの移行用のボリュームを割り当てる、一連のディスクを指定します。このパラメーターは移行専用です。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置3

-DestinationReplicaVolume
データ ソースのレプリカを移行するためにユーザーによって割り当てられる移行先ボリュームを指定します。このパラメーターは移行専用です。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置3

-MigrateDatasourceDataFromDPM
現在のボリュームから一連の新しいボリュームへデータ ソースを移行することを示します。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置2

-DestinationShadowCopyVolume
データ ソースのシャドウ コピーを移行するためにユーザーによって割り当てられる移行先ボリュームを指定します。このパラメーターは移行専用です。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置4

-CustomRequirements
このパラメーターにより、レプリカ ボリュームおよびシャドウ コピー ボリュームを手動で指定することができます。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-Datasource
Windowsファイル システムの共有またはボリューム、Microsoft SQL Serverデータベース、Microsoft Exchangeストレージ グループ、Microsoft SharePointファーム、Microsoft Virtual Machine、DPMデータベース、または保護グループのメンバーであるシステム状態。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
位置0

-ExpectedDataSizePerClientInMB
各クライアント コンピューターからバックアップされるデータの予想サイズ (MB)。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
位置named

-Manual
設定が手動で適用されることを示します。

必須true
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-FormatVolumes
割り当てられたボリュームをフォーマットするかどうかを示します。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-PassThru
-PassThruパラメーターはDPMの多くのコマンドで使用でき、既定の出力がない場合に関連オブジェクトを返します。-PassThruパラメーターを使用すると、上記のコマンドレットをパイプラインの一部にすることができます。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

–ProductionServerJournalSize
保護されたサーバーのジャーナル サイズ。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-ReplicaArea
現在のデータ ソースのレプリカ領域のディスク割り当てを設定します。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-ReplicaVolume
レプリカ ボリュームとは、保護されたデータ ソースのレプリカが含まれる DPM サーバー上のボリュームです。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-ShadowCopyArea
現在のデータ ソースのシャドウ コピー領域のディスク割り当てを設定します。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-ShadowCopyVolume
タイムアウトが発生する時間を示します。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

-USNJournalSize
USNジャーナル サイズ。

必須false
ワイルドカード文字を許可するfalse
パイプライン入力を許可するfalse
位置named

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

Datasource

■メモ

詳細については、「Get-Help Set-DatasourceDiskAllocation -detailed」と入力してください。
技術情報については、「Get-Help Set-DatasourceDiskAllocation -full」と入力してください。

コマンドレットの更新情報については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=95130 (英語の可能性あり) を参照することもできます。

■例

例1

$pg = Get-ProtectionGroup -DPMServerName &quot;TestingServer&quot;
$mpg = Get-ModifiableProtectionGroup $pg
$ds = Get-Datasource -ProtectionGroup $mpg
Get-DatasourceDiskAllocation -Datasource $ds[1]
Set-DatasourceDiskAllocation -Datasource $ds[1] -ProtectionGroup $mpg
Set-ProtectionGroup $mpg

このコマンドにより、データ ソース一覧$dsの2番目のデータ ソースのディスク割り当てが設定されます。

[参考]

コメント

  1. […] (Set-DatasourceDiskAllocation) について « 焦げloghttps://kogelog.com/2011/09/16/20110916-02/ 共有:印刷メールアドレスFacebookTwitterはてな続きStumbleUponRedditDigg […]