Windows Server 2008 R2のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレット (Repair-ClusterSharedVolume) について

スポンサーリンク

Windows Server 2008 R2では、Active Directory (AD) やフェールオーバー クラスタリング (WSFC)、グループ ポリシーといった役割および機能がインストールされたサーバーの管理、もしくは管理したい役割および機能についてリモート サーバー管理ツールをインストールしたサーバー上で、PowerShellコマンドレットを用いて管理することが可能です。

各役割および機能に関するPowerShellコマンドレットのヘルプについて、オンライン上で公開されていますが、主に英語のみで日本語の情報はあまり公開されていないようです。

ここでは、WSFCに関するPowerShellコマンドレットの情報について、日本語としてオンライン上で備忘録として確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみることにしました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Repair-ClusterSharedVolume」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「Windows Server 2008 R2のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Repair-ClusterSharedVolume

■概要

クラスター ノード上のクラスター共有ボリュームで修復ツールをローカルに実行します。

■構文

Repair-ClusterSharedVolume -ChkDsk [-VolumeName] <string> [-Parameters <string>]
     [<CommonParameters>]

Repair-ClusterSharedVolume -Defrag [-VolumeName] <string> [-Parameters <string>]
     [<CommonParameters>]

■説明

このコマンドレットにより、CSVボリュームでchkdsk.exeまたはdefrag.exeが実行されます。実行されると、ボリュームのメンテナンスが有効になり、このコマンドレットを実行しているノードにクラスター リソースが移動し、ツールが実行された後、ボリュームのメンテナンスが無効になります。このコマンドレットは、クラスター ノードの1つでローカルに実行する必要があります。ローカルに実行するには、PowerShellリモート処理を使用します。

■パラメーター

-ChkDsk [<SwitchParameter>]
コマンドレットにより、ボリュームに対して chkdsk.exe が実行されます。-Parametersで指定したすべてのパラメーターがchkdsk.exeに渡されます。このツールのヘルプを表示するには、「chkdsk.exe /?」と入力します。

必須true
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Defrag [<SwitchParameter>]
コマンドレットにより、ボリュームに対してdefrag.exeが実行されます。-Parametersで指定したすべてのパラメーターがdefrag.exeに渡されます。このツールのヘルプを表示するには、「defrag.exe /?」と入力します。

必須true
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Parameters <string>
ツールに渡すパラメーターを指定します。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-VolumeName <string>
このツールを実行するボリュームの名前を指定します。

必須true
位置1
既定値
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

例1

 Repair-ClusterSharedVolume C:ClusterStorageVolume1 -Defrag 

例1:説明

このコマンドは、クラスター共有ボリュームC:ClusterStorageVolume1に対してdefrag.exeを実行します。

例2

 Repair-ClusterSharedVolume C:ClusterStorageVolume1 -ChkDsk -Parameters &quot;/F&quot; 

例2:説明

このコマンドにより、クラスター共有ボリュームC:ClusterStorageVolume1に対して chkdsk.exeが実行されます。chkdsk.exeコマンドラインには、”/F”が渡されます。

■関連するリンク

  • Get-ClusterSharedVolume
  • Resume-ClusterResource
  • Suspend-ClusterResource

[参考]

コメント

  1. […] Windows Server 2008 R2のWSFCで使用できるPowerShellコマンドレット (Repair-ClusterSharedVolume) について « 焦げloghttps://kogelog.com/2012/09/07/20120907-02/ […]