System Center Updates Publisher June 2017 Preview が公開されました

スポンサーリンク

System Center Updates Publisher (SCUP) は、独立系ソフトウェア ベンダー、もしくは基幹業務アプリケーション開発者がカスタム更新プログラムを管理できるようにするスタンドアロン ツールです。これには、ドライバーや更新プログラムなどの依存関係を持つアップデートが含まれており、System Center Configuration Manager と連携することで、Microsoft 製品およびサード パーティ製品の配信を効率的に行うことが可能となります。

現行のバージョンは「System Center Updates Publisher 2011」となり、長く使用されている製品となりますが、Windows 10 や Windows Server 2016 には対応していません。

2017/07/03 (現地時間) に、現在最新の OS である Windows 10 および Windows Server 2016 に対応した SCUP のプレビュー版 (System Center Updates Publisher June 2017 Preview) を公開した旨のアナウンスがありました。

SCUP のプレビュー版は、以下のサイトからダウンロード可能です。

インストールの前提条件、手順については、以下サイトを参照してください。

機能の追加や新しいアイディアなどの要望については、Configuration Manager UserVoice に、問題が発生した場合には、Configuration Manager UserVoice、もしくは直接 Scupfeedback@microsoft.com 宛に報告して欲しいとのことです。

よく寄せられる質問 (意訳)

Q. このプレビュー版には、SCUP と Configuration Manager コンソールとの統合は含まれているか?

A. このプレビュー版は、最新の OS で SCUP 2011 の機能を有効にするためのものです。Configuration Manager コンソール統合で計画されている作業には直接関係しません。最新のニュースについては、ここをクリックしてください。

Q. このプレビュー版を Windows 7、もしくは WSUS 3.x で使用できるかどうか?

A. このプレビュー版では、Windows 7、および WSUS 3.x をサポートしていません。引き続き、SCUP 2011 を使用してください。

Q. このプレビュー版は、SCUP 2011 からのアップグレードをサポートしているか?

A. SCUP 2011 がインストールされている Windows 8.1、およびWindows Server 2012 R2 環境の場合、プレビュー版のインストールが既存の SCUP 2011 のインストールを妨げたり、アンインストールすることはありません。これらの環境では、引き続き SCUP 2011 を使用する、もしくはプレビュー版を使用できますが、この 2つのインストールでデータは共有されません。

参考