Update 1707 for Microsoft Configuration Manager Technical Preview が公開されました

スポンサーリンク

2017/07/28 (現地時間) に Update 1707 for Microsoft Configuration Manager Technical Preview が公開された旨のアナウンスがありました。

Update 1707 for Microsoft Configuration Manager Technical Preview の機能について、以下の Microsoft Docs サイトに記載があります (英語)。

Update 1707 for Microsoft Configuration Manager Technical Preview を利用するためには、Configuration Manager コンソールから利用可能となっています。

なお Update 1707 にアップデートするには、TechNet Evaluation Center からダウンロード可能な Configuration Manager Technical Preview branch のベースライン バージョンから version 1703 にアップデートした後となります。

またフィードバックの提供、もしくはこの Technical Preview に含まれる機能の問題を報告する場合には Connect サイトに、将来のアップデートで検討したい新しい機能や拡張機能に関しては、Configuration Manager UserVoice サイト (Configuration Manager UserVoice site) に投稿して欲しいとのことです。

Update 1707 から追加された新機能および機能改善内容抜粋 (意訳)

Update 1707 に含まれる、新しい Preview 機能は次のとおり :

  • Windows 10 と Office 365 用の Express Installation File のクライアント ピア キャッシュのサポート : このリリースから、ピア キャッシュは、Windows 10 用のコンテンツ Express Installation File と Office 365 用の更新ファイルの配布をサポート。追加の構成や変更は不要。
  • パラメーターを持つスクリプトの作成と実行 : デバイスとコレクションからパラメーターを持つスクリプトの作成と実行か可能に。
  • Windows Defender Application Guard ポリシーを使用したネットワーク定義の構成 : Windows Defender Application Guard ポリシーを用いて、ネットワーク定義の構成が可能に。これらには、ドメイン名、IP範囲、クラウドリソース、およびプロキシ サーバーが含まれる。
  • Surface デバイス ダッシュボード : Surface デバイス ダッシュボードを用いて、Surface デバイスのモデルとオペレーティング システムのバージョンに関する情報の表示が可能に。

参考