Azure 仮想マシン (Windows Server 2016) に System Center – Data Protection Manager Semi-Annual Channel version 1711 をインストールしてみました

スポンサーリンク

Azure 仮想マシン上に System Center – Data Protection Manager Semi-Annual Channel version 1711 (DPM SAC 1711) を手動インストールしてみました。

環境としては、以下のような感じ (DPM サーバーはドメイン参加済み、また SQL Server のローカル インスタンスを DPMDB として使用) となります。

ハードウェアやソフトウェアの要件については、少し古い情報も混じってはいますが以下を参照してください。

DPM SAC 1711 のインストール

SQL Server 2016 のインストール

  1. ドメインの Administrator 権限を持ったユーザーでログインします。
  2. SQL Server 2016 (x64) のインストール メディアをドライブに挿入し、管理者権限で「Setup.exe」を実行、[SQL Server インストール センター] を起動します。
  3. [インストール] をクリックします。
  4. [SQL Server の新規スタンドアロン インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加] をクリックします。
  5. 「プロダクト キーを入力する」を選択、プロダクト キーを入力した後、[次へ] ボタンをクリックします。
  6. 「ライセンス条項に同意します。」のチェックボックスをオンにし、[次へ] ボタンをクリックします。
  7. インストール ルールが実行されるので、完了後に [次へ] ボタンをクリックします。
  8. 「Microsoft Update を使用して更新プログラムを確認する (推奨)」のチェックボックスをオンにし、[次へ] ボタンをクリックします。
    ※要インターネット接続
  9. [次へ] ボタンをクリックします。
  10. インストール ルールが実行されるので、完了後に [次へ] ボタンをクリックします。
  11. [機能の選択] 画面にて、以下のとおり [インスタンス機能] – [データベース エンジン サービス]、[インスタンス機能] – [データベース エンジン サービス] – [検索のためのフルテキスト抽出とセマンティック抽出] および [Reporting Services – ネイティブ] のチェックボックスをオンにし、[次へ] ボタンをクリックします。
  12. 機能ルールが実行されるので、完了後に [次へ] ボタンをクリックします。
  13. デフォルト設定のままで [次へ] ボタンをクリックします。
  14. [サービス アカウント] タブを選択し、以下のとおりに変更します。
    • [SQL Server エージェント] のアカウント名を「NT AUTHORITYSYSTEM」、[スタートアップの種類] を「自動」
    • [SQL Server データベース エンジン] のアカウント名を「NT AUTHORITYSYSTEM」、[スタートアップの種類] を「自動」
    • [SQL Server Reporting Services] のアカウント名を「NT AUTHORITYNETWORK SERVICE」、[スタートアップの種類] を「自動」

  15. [照合順序] タブを選択、[カスタマイズ] ボタンをクリックした後、照合順序を [SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS] に変更して、[次へ] ボタンをクリックします。
  16. [認証モード] をデフォルトの「Windows 認証モード」を設定し、[SQL Server 管理者の指定] では、[現在のユーザーの追加] ボタンをクリックし、[次へ] ボタンをクリックします(データ ディレクトリ、TempDB、および FILESTREAM はデフォルト設定のままとしています)。
  17. 「インストールと構成。」を選択し、[次へ] ボタンをクリックします。
  18. 機能構成ルールが実行されるので、完了後に [次へ] ボタンをクリックします。
  19. [インストール] ボタンをクリックします。 
  20. インストールが完了したら、[閉じる] ボタンをクリックし、終了します。
  21. [SQL Server インストール センター] の画面を閉じます。

SQL Server Management Studio のインストール

※SQL Server Management Studio の最新版は SQL Server 2017 に対応した v17.4 (2017/12/11 時点) ですが、DPM SAC 1711 のインストールに失敗します。そのため、SQL Server 2016 に対応した v16.5.3 を使用しています。

  1. ドメインの Administrator 権限を持ったユーザーでログインします。
  2. SQL Server Management Studio – Changelog (SSMS) にアクセス、「SSMS 16.5.3」をクリックするか、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=840946 にアクセス、「SSMS-Setup-JPN.exe」を直接ダウンロードします。
  3. ダウンロードした「SSMS-Setup-JPN.exe」を管理者権限で起動します。
  4. 「リリース 16.5.3」となっていることを確認して、[インストール] ボタンをクリックします。
  5. インストールが完了したら、[閉じる] ボタンをクリックします。

DPM SAC 1711 のインストール

  1. ドメインの Administrator 権限を持ったユーザーでログインします。
  2. Microsoft Evaluation Center (https://www.microsoft.com/en-us/evalcenter/evaluate-system-center-technical-preview) にアクセス、「SCDPM_Preview_1711.exe」をダウンロード(要登録)、任意の場所に保存します 。
  3. ダウンロードした「SCDPM_Preview_1711.exe」を管理者権限で起動します。
  4. [Next] ボタンをクリックします。
  5. 「I accept the agreement」を選択、[Next] ボタンをクリックします。
  6. デフォルト設定のまま、[Next] ボタンをクリックします。
  7. [Extract] ボタンをクリックし、インストーラーを解凍します。
  8. 解凍が完了したら、[Finish] ボタンをクリックして終了します。
  9. 解凍先フォルダーに作成された「Setup.exe」を管理者権限で実行します。
  10. [Data Protection Manager] をクリックします。
  11. 「ライセンス条項および条件に同意する」のチェックボックスをオンにし、[OK] ボタンをクリックします。
  12. 必要なセットアップ コンポーネントがインストールされます。
  13. [次へ] ボタンをクリックします。
  14. 「スタンドアロン SQL Server を使用する (SQL Server がクラスター化されていない場合)」を選択、SQL Server のインスタンスを入力 (「localhost」ではなく、「ホスト名」)し、[確認してインストール] ボタンをクリックします。
  15. HyperVPowerShell が このタイミングでインストールされ、再起動を促すメッセージが表示されるので、[キャンセル] ボタンをクリックし、システムを再起動します。
  16. 再度、手順 9. ~ 14. まで実施します。
  17. [次へ] ボタンをクリックします。
  18. [ユーザー名]、および [会社名] を入力し、[次へ] ボタンをクリックします。
  19. [次へ] ボタンをクリックします。
  20. Windows Update を使用するかどうかの選択を実施 (ここでは、「Microsoft Update を使用して更新プログラムを確認する (推奨)」を選択) し、[次へ] ボタンをクリックします。
  21. [インストール] ボタンをクリックします。
  22. インストールが完了したら、[閉じる] ボタンをクリックして終了します。

    インストールが完了したタイミングで、以下のファイアウォール ルールが追加されます。
    • すべてのプロファイルの DCOM 通信用ポート 135 (TCP および UDP)
    • ドメイン プロファイルの Msdpm.exe
    • すべてのプロファイルの DPMRA.exe
    • すべてのプロファイルの AMSvcHost.exe
    • すべてのプロファイルの DPMAMService 通信用ポート 6075 (TCP および UDP)
  23. [終了] をクリックし、DPM のインストールを終了します。

System Center – Data Protection Manager を起動、バージョン情報を確認すると、以下のように表示されます。

参考