Azure PowerShell v6.1.0 がリリースされました

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

2018/05/22 (現地時間) に Azure PowerShell v6.1.0 がリリースされました。

Azure PowerShell v6.1.0 について、MSI インストーラー(x64)MSI インストーラー(x86) および PowerShell Gallery モジュール経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell v6.1.0 をインストールおよびモジュール インポート後、AzureRM モジュールのバージョンが v6.1.0 となっていることが確認できます。

Azure PowerShell v6.1.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell v6.1.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell v6.1.0 インストーラー (x86) : リンク
  • ARM コマンドレッドに対する Gallery モジュール : リンク

PowerShell Gallery から AzureRM をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name AzureRM -Repository PSGallery -Force 

古い AzureRM のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name AzureRM 

AzureRM.Profile

  • ‘Clear-AzureRmContext’ を実行した際、以前のデフォルト コンテキストの名前を持つ空のコンテキストが保持され、古い名前で新しいコンテキストを作成できなくなった問題を修正

AzureRM.AnalysisServices

  • AS に対する Gateway assocaite / disassociate 操作の有効化

AzureRM.ApiManagement

  • ApiVersions, ApiReleases および ApiRevisions
    のサポートを追加
  • ServiceFabric Backend
    のサポートを追加
  • Application Insights Logger
    のサポートを追加
  • Api Management サービスの有効なスキューとして ‘Basic’ SKU を認識するためのサポートを追加
  • Root もしくは CA としてプライベート CA によって発行された証明書のインストールにおけるサポートを追加
  • KeyVault および Multiple プロキシ ホスト名 を経由したカスタム SSL 証明書の受け入れのサポート
  • MSI identity
    サポートを追加
  • URL によるポリシーの受け入れのサポートを追加
    注 : 次のコマンドレットは、今後のリリースで廃止される予定

    • Import-AzureRmApiManagementHostnameCertificate
    • New-AzureRmApiManagementHostnameConfiguration
    • Set-AzureRmApiManagementHostnames
    • Update-AzureRmApiManagementDeployment

AzureRM.Batch

  • 新しいコマンドレット Get-AzureBatchPoolNodeCounts
    をリリース
  • 新しいコマンドレット Start-AzureBatchComputeNodeServiceLogUpload をリリース

AzureRM.Consumption

  • Get-AzureRmConsumptionUsageDetail コマンドレットに、に新しいパラメーター Expand、ResourceGroup、InstanceName、InstanceId、Tags、および Top を追加

AzureRM.DataLakeStore

  • Export-AzureRmDataLakeStoreChildItemProperties
    の例を修正
  • Set-AzureRmDataLakeStoreItemAclEntry の
    Recurse ケースにおける null パラメーター例外を修正
  • Set-AzureRmDataLakeStoreItemAclEntry、Set-AzureRmDataLakeStoreItemAcl、Remove-AzureRmDataLakeStoreItemAclEntry のヘルプ ファイルを修正

AzureRM.Network

  • 18.0.0-preview から 19.0.0-preview に Network SDK バージョンのアップデート
  • プロトコル構成を作成するためのコマンドレットを追加
    • New-AzureRmNetworkWatcherProtocolConfiguration
  • 既存の ExpressRoute 回線に新しい回線接続情報を追加するコマンドレットを追加
    • Add-AzureRmExpressRouteCircuitConnectionConfig
  • 既存の ExpressRoute 回線から回線接続情報を削除するコマンドレットを追加
    • Remove-AzureRmExpressRouteCircuitConnectionConfig
  • 回線接続情報を取得するコマンドレットを追加
    • Get-AzureRmExpressRouteCircuitConnectionConfig

AzureRM.ServiceFabric

  • 生成された証明書による固定サーバー認証の使用に関する修正 (Issue #5998)

AzureRM.Sql

  • AuditActions もしくは AuditActionGroups を削除できるように更新された Auditing コマンドレット
  • コマンドが ‘long term retention policy with azure recovery service vault and policy is no longer supported. Please submit request with the new flexible retention policy’ で失敗する新しい柔軟な保持ポリシーを設定する場合における、Set-AzureRmSqlDatabaseBackupLongTermRetentionPolicyの問題を修正
  • Sku プロパティをサポートする新しい Database API をスケールおよび階層関連のプロパティに使用するため、Azure Sql Database/ ElasticPool Creation/Update 関連のすべてのコマンドレットを更新
  • 更新されたコマンドレットは次のとおり :
    • New-AzureRmSqlDatabase; Set-AzureRmSqlDatabase
    • New-AzureRmSqlElasticPool; Set-AzureRmSqlElasticPool
    • New-AzureRmSqlDatabaseCopy
    • New-AzureRmSqlDatabaseSecondary
    • Restore-AzureRmSqlDatabase

AzureRM.TrafficManager

  • -Name パラメータを使用する場合、-ResourceGroupName パラメーターが必要となるよう、’Get-AzureRmTrafficManagerProfile’ のパラメーターを更新

前回のリリースからの変更点 : v6.0.1-May2018…v6.1.0-May2018

参考

コメント

  1. […] Azure PowerShell v6.1.0 がリリースされました […]