Azure PowerShell v6.0.1 がリリースされました

スポンサーリンク

2018/05/08 (現地時間) に Azure PowerShell v6.0.1 がリリースされました。
※v6.0.0 については、プレリリースとして公開されていました。

Azure PowerShell v6.0.1 について、MSI インストーラー(x64)MSI インストーラー(x86) および PowerShell Gallery モジュール経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell v6.0.1 について (意訳)

  • Azure PowerShell v6.0.1 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell v6.0.1 インストーラー (x86) : リンク
  • ARM コマンドレッドに対する Gallery モジュール : リンク

PowerShell Gallery から AzureRM をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name AzureRM -Repository PSGallery -Force  

古い AzureRM のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name AzureRM 

v6.0.0 からの変更点

  • Fixes Public environment initialization for sovereign clouds のパブリック環境初期化の修正 (#5727)

Azure PowerShell v6.0.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell v6.0.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell v6.0.0 インストーラー (x86) : リンク
  • ARM コマンドレッドに対する Gallery モジュール : リンク

PowerShell Gallery から AzureRM をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name AzureRM -Repository PSGallery -Force  

古い AzureRM のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name AzureRM 

移行ガイド

このリリースでは大きな変更がある。このリリースで導入された最新の変更、およびスクリプトの移行方法の詳細について、移行ガイドを参照。

全般

  • PowerShell 5.0 にモジュールの最小の依存性を設定

AzureRM.Profile

  • 既定によるコンテキスト自動保存を有効化
  • US Gov の Azure 環境に USGovernmentOperationalInsightsEndpoint と USGovernmentOperationalInsightsEndpointResourceId プロパティを追加

Azure.Storage

  • Storage blob コンテナー名としてサポート
    • New-AzureStorageBlobContainer
    • Remove-AzureStorageBlobContainer
    • Set-AzureStorageBlobContent
    • Get-AzureStorageBlobContent
  • 一部の Storage コマンドレットで失敗を出力する際、詳細な障害情報が含まれない問題を修正

AzureRM.ApiManagement

  • 複数の大きな変更を導入
    • 詳細について、移行ガイドを参照

AzureRM.Automation

  • 廃止予定だった ‘Tags’ エイリアスをコマンドレットから削除
    • Set-AzureRmAutomationRunbook

AzureRM.Batch

  • 廃止予定だった例を削除するため、New-AzureBatchPool ドキュメントを更新

AzureRM.Cdn

  • 複数の大きな変更を導入
    • 詳細について、移行ガイドを参照

AzureRM.Compute

  • ‘New-AzureRmVm’ および ‘New-AzureRmVmss’ にて、パラメーターの詳細出力をサポート
  • ‘New-AzureRmVm’ および ‘New-AzureRmVmss’ (単純なパラメーター セット) にて、VM にユーザー定義された ID、および/もしくは システム定義された ID の割り当てをサポート
  • VMSS Redeploy および PerformMaintenance 機能
    • ‘Set-AzureRmVmss’ および ‘Set-AzureRmVmssVM’ に新しいスイッチ パラメーター -Redeploy と -PerformMaintenance を追加
  • ‘Set-AzureRmVMOperatingSystem’ コマンドレットに DisableVMAgent スイッチ パラメーターを追加
  • ‘New-AzureRmVm’ および ‘New-AzureRmVmss’ (単純なパラメーター セット) に ‘Win10’ イメージをサポート
  • ‘Repair-AzureRmVmssServiceFabricUpdateDomain’ コマンドレットを追加
  • 複数の大きな変更を導入
    • 詳細について、移行ガイドを参照
  • ‘Set-AzureRmVmDiskEncryptionExtension’ に AAD パラメーターを追加

AzureRM.DataFactories

  • 廃止予定だった ‘Tags’ エイリアスをコマンドレットから削除
    • New-AzureRmDataFactory

AzureRM.DataFactoryV2

  • Updated the ADF .Net SDK バージョンを次の変更を含む 0.7.0-preview に更新 :
    • ExecuteSSISPackage Activity に execution パラメーターおよび connection managers プロパティを追加
    • サーバー、データベース、スキーマ、ユーザー名、パスワードに代わる完全な接続文字列を使用するよう、PostgreSql および MySql リンク サービスを更新
    • DB2 リンク サービスからスキーマを削除
    • Teradata リンク サービスからスキーマ プロパティを削除
    • Responsys に、LinkedService、Dataset、CopySource を追加

AzureRM.DataLakeAnalytics

  • 廃止予定だった ‘Tags’ エイリアスをコマンドレットから削除
    • New-AzureRmDataLakeAnalyticsAccount
    • Set-AzureRmDataLakeAnalyticsAccount

AzureRM.DataLakeStore

  • Remove-AzureRmDataLakeStoreItemAclEntry、Set-AzureRmDataLakeStoreItemAclEntry、Set-AzureRmDataLakeStoreItemAcl に再帰的 ACL 変更の新しい機能を追加
  • ディレクトリは以下のコンテンツ サマリを取得する新しいコマンドレット
  • ディスク使用量および ACL ダンプを取得する新しいコマンドレットを追加
  • Set-AzureRmDataLakeStoreItemAcl boolの戻り値の型を IEnumerable に修正
  • Set-AzureRmDataLakeStoreItemAclEntry bool の戻り値の型を IEnumerable に修正
  • Export-AzureRmDataLakeStoreItem、Import-AzureRmDataLakeStoreItem、Remove-AzureRmDataLakeStoreItem の大きな変更

AzureRM.Dns

  • 複数の大きな変更を導入
    • 詳細について、移行ガイドを参照

AzureRM.EventHub

  • 間違った例を持つコマンドレットのヘルプを更新

AzureRM.Insights

  • 複数の大きな変更を導入
    • 詳細について、移行ガイドを参照

AzureRM.IotHub

  • IotHub にタグと Basic Sku を有効化

AzureRM.KeyVault

  • パイプ シナリオをサポートする大きな変更
  • 新しいコマンドレットの追加 :
    • Backup/Restore-AzureKeyVaultManagedStorageAccount
    • Backup/Restore-AzureKeyVaultCertificate
    • Undo-AzureKeyVaultManagedStorageSasDefinitionRemoval
    • Undo-AzureKeyVaultManagedStorageAccountRemoval

AzureRM.MachineLearning

  • 廃止予定だった ‘Tags’ エイリアスをコマンドレットから削除
  • Update-AzureRmMlCommitmentPlan

AzureRM.Media

  • 廃止予定だった ‘Tags’ エイリアスをコマンドレットから削除
    • Set-AzureRmMediaService

AzureRM.Network

  • DDoS プロテクション プラン リソースのサポートを追加
  • 複数の大きな変更を導入
    • 詳細について、移行ガイドを参照

AzureRM.NotificationHubs

  • 複数の大きな変更を導入
    • 詳細について、移行ガイドを参照

AzureRM.OperationalInsights

  • 複数の大きな変更を導入
    • 詳細について、移行ガイドを参照

AzureRM.RecoveryServices.SiteRecovery

  • SiteRecovery シナリオでの Authentication Header を修正

AzureRM.RedisCache

  • 複数の大きな変更を導入
    • 詳細について、移行ガイドを参照

AzureRM.Resources

  • Get-AzureRmRoledefinition 呼び出しから不要なパラメーター -AtScopeAndBelow を削除
  • Get-AzureRmRoleAssignment の結果に、削除された Users/Groups/ServicePrincipal の割り当てを含める
  • Scope と ResourceType に Tab 補完を追加
  • ServicePrincipal を作成するための便利なコマンドレットを追加
  • Get-AzureRmResourceで Get- と -Find 機能をマージ
  • AD コマンドレットの追加 :
    • Remove-AzureRmADGroupMember
    • Get-AzureRmADGroup
    • New-AzureRmADGroup
    • Remove-AzureRmADGroup
    • Remove-AzureRmADUser
    • Update-AzureRmADApplication
    • Update-AzureRmADServicePrincipal
    • Update-AzureRmADUser

AzureRM.ServiceFabric

  • 既定の Linux イメージ バージョン SKU を更新
    • NewAzureServiceFabricCluster.cs の既定を UbuntuServer1604 Sku に更新

AzureRM.Storage

  • 複数の大きな変更を導入
    • 詳細について、移行ガイドを参照

AzureRM.Websites

  • Websites SDK の最新バージョンに更新
  • Set-AzureRmWebApp および Set-AzureRmWebAppSlot に -AssignIdentity と -Httpsonly プロパティを追加
  • 2つの新しいコマンドレットを追加 :
    • Get-AzureRmWebAppSnapshots
    • Restore-AzureRmWebAppSnapshot

Changes since last release: v5.7.0-April2018…v6.0.0-May2018

参考

コメント

  1. […] Azure PowerShell v6.0.1 がリリースされました […]