Azure PowerShell – Az モジュール v1.1.0 がリリースされました

スポンサーリンク

以前アナウンスされたとおり、2019/01/15 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール v1.1.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v1.1.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v1.1.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v1.1.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v1.1.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v1.1.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v1.1.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for ARM .NET Standard コマンドレット : リンク

AzureRM から移行する場合、Migration Guide を参照。

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force 

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az 

リリース ノート

Az.Accounts

  • Enable-AzureRmAlias に ‘Local’ スコープを追加

Az.Compute

  • Restart / Start / Stop / Remove / Set-AzVM および Save-AzVMImage の ID パラメーター セットの Name がオプションに
  • ヘルプ ファイル内の ID の説明を更新
  • Az.Accounts モジュールの下位互換性問題を修正

Az.DataLakeStore

  • SDK 修正に対するデータプレーンの SDK バージョンを 1.1.14 に更新
    • getfilestatus および liststatus がマイナスのアクセス時刻および変更時刻となる処理を修正
    • 非同期キャンセル トークンを修正

Az.EventGrid

  • 2019-01-01 API バージョンを使用するよう、更新
  • 2019-01-01 API バージョンの新しいシナリオをサポートするため、次のコマンドレットを更新
    • New-AzureRmEventGridSubscription : 指定するための新しいオプション パラメーターを追加 :
      • Event Time-To-Live (イベントの有効期限)
      • Maximum number of delivery attempts for the events (イベント配信の最大試行回数)
      • Dead letter endpoint (配信不能なエンドポイント)
    • Update-AzureRmEventGridSubscription : 指定するための新しいオプション パラメーターを追加 :
      • Event Time-To-Live (イベントの有効期限)
      • Maximum number of delivery attempts for the events (イベント配信の最大試行回数)
      • Dead letter endpoint (配信不能なエンドポイント)
    • New-AzureRmEventGridSubscription および Update-AzureRmEventGridSubscription コマンドレットの EndpointType オプションに対する新しい列挙値 (storageQueue および hybridConnection) を追加
    • イベント サブスクリプションの作成、もしくは更新がユーザーからの手動操作が必要となる場合、警告メッセージを表示

Az.IotHub

  • IotHub SDK のバージョンを最新に更新

Az.LogicApp

  • Get-AzLogicApp について、Name を指定しない場合は全リストを表示する

Az.Resources

  • ‘Get-AzResource’ に対して ‘-ODataQuery’ および ‘-ResourceId’ パラメーターが設定された際のパラメーター セット問題を修正
  • New / Set-AzPolicyDefinition 内の -Custom パラメーターのハンドリングを修正
  • New-AzDeployment ドキュメントの誤字を修正
  • ‘New-AzADUser’ に対する ‘-MailNickname’ パラメーターが必須に

Az.SignalR

  • Az.Accounts モジュールの下位互換性問題を修正

Az.Sql

  • Storage 管理クライアントの依存関係を共通の SDK 実装に変換

Az.Storage

  • Sas Token、OAuth、もしくは Anonymous を用いて作成された場合、Storage コンテキストの StorageAccountName を実際のストレージ アカウント名として設定
    • New-AzStorageContext
  • ‘-FullUri’パラメーター を用いた Blob スナップショット オブジェクトの Sas トークンを作成し、返された Uri をスナップショット Uri に修正
    • New-AzStorageBlobSASToken

Az.Websites

  • ‘Get-AzDeletedWebApp’ におけるデータ解析不具合を修正
  • Az.Accounts モジュールの下位互換性問題を修正

参考