Azure PowerShell – Az モジュール v2.2.0 がリリースされました

スポンサーリンク
Quantum_Break

2019/06/04 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール v2.2.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v2.2.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v2.2.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v2.2.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v2.2.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v2.2.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v2.2.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for ARM .NET Standard コマンドレット : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force 

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az 

リリース ノート

Az.Cdn

  • API version 2019-04-15 に基づく rulesEngine 機能をサポートするよう、コマンドレットを更新

Az.Compute

  • 操作を開始、および操作が完了する前にプロンプトに戻るよう NoWait パラメーターを追加
    • 次のコマンドレットを更新 :
      • Export-AzLogAnalyticRequestRateByInterval
      • Export-AzLogAnalyticThrottledRequest
      • Remove-AzVM
      • Remove-AzVMAccessExtension
      • Remove-AzVMAEMExtension
      • Remove-AzVMChefExtension
      • Remove-AzVMCustomScriptExtension
      • Remove-AzVMDiagnosticsExtension
      • Remove-AzVMDiskEncryptionExtension
      • Remove-AzVMDscExtension
      • Remove-AzVMSqlServerExtension
      • Restart-AzVM
      • Set-AzVM
      • Set-AzVMAccessExtension
      • Set-AzVMADDomainExtension
      • Set-AzVMAEMExtension
      • Set-AzVMBginfoExtension
      • Set-AzVMChefExtension
      • Set-AzVMCustomScriptExtension
      • Set-AzVMDiagnosticsExtension
      • Set-AzVMDscExtension
      • Set-AzVMExtension
      • Start-AzVM
      • Stop-AzVM
      • Update-AzVM

Az.EventHub

  • #9231 に対する修正 : Get-AzEventHubNamespace でタグを返さなかった
  • #9230 に対する修正 : Get-AzEventHubNamespace が ResourceGroupName の代わりに ResourceGroup を返していた

Az.Network

  • Nat Gateway の ResourceId および InputObject を更新
    • ResourceId および InputObjectのエイリアスを追加

Az.PolicyInsights

  • Get-AzPolicyEvent の Null 参照問題を修正

Az.RecoveryServices

  • IaaSVM ポリシーの最小保存期間 (日数) を 1 から 7 に変更

Az.ServiceBus

  • #9182 に対する修正 : Get-AzServiceBusNamespace が ResourceGroupName の代わりに ResourceGroup を返していた

Az.ServiceFabric

  • ‘Update-AzServiceFabricReliability’ のエラー メッセージの誤字を修正
  • Service Fabric のコマンドラインで不足している文字を修正

Az.Sql

  • Managed インスタンスの AutoDr をサポートするため、New-AzureSqlInstance コマンドレットの DnsZonePartner パラメーターを追加
  • Get-AzSqlDatabaseSecureConnectionPolicy コマンドレットの廃止
  • Threat Detection コマンドレットを Advanced Threat Protection に修正
  • New-AzSqlInstance -StorageSizeInGB および -LicenseType パラメーターがオプションとして追加

Az.Websites

  • -WebApp プロパティを用いた Set-AzWebApp および Set-AzWebAppSlot を実行した際にタグが削除される問題を修正

参考