Windows Server 2019 で利用可能な WSUS の Windows PowerShell コマンドレット (Get-WsusProduct) について

以前、WSUS (Windows Server Update Services) の Windows PowerShell コマンドレット一覧 (https://kogelog.com/2013/12/21/20131221-01/) というブログ エントリを公開しましたが、Windows Server 2012 R2 の情報を元にしていました。

さすがに情報の鮮度がなくなっている状況なので、Windows Server 2019 (バージョン 1809; OS ビルド 17763.1039) で確認した WSUS コマンドレットを日本語の情報として纏めてみました。
※Windows Server 2019 と Windows Server 2016 でコマンドレットの違いは (たぶん) ないです。

このブログ エントリでは、「Get-WsusProduct」コマンドレッのヘルプ情報 (意訳)について記載します (WSUS コマンドレット一覧については、「Windows Server 2019 で利用可能な WSUS の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。

Get-WsusProduct コマンドレット (意訳)

名前

Get-WsusProduct

概要

現在 WSUS で利用可能なすべての製品のリストを取得します。

構文

Get-WsusProduct
[-InformationAction {SilentlyContinue | Stop | Continue | Inquire | Ignore | Suspend}]
[-InformationVariable <System.String>]
[-TitleIncludes <String>]
[-UpdateServer <IUpdateServer>]
[<CommonParameters>]

説明

Get-WsusProduct コマンドレットは、すべての Windows Server Update Services (WSUS) 製品 (カテゴリ) のリストを取得します。このリストは、Set-WsusProduct コマンドレットに渡された結果で Where-Object コマンドレットを使用してフィルター処理可能です。

パラメーター

-InformationAction [<System.Management.Automation.ActionPreference>]

このコマンドレットが情報イベントに応答する方法を指定します。このパラメーターで利用可能な値は、次のとおりです :

  • Continue
  • Ignore
  • Inquire
  • SilentlyContinue
  • Stop
  • Suspend
必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-InformationVariable [<System.String>]

情報変数を指定します。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-TitleIncludes [<String>]

検索する製品の部分的なタイトルを指定します。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-UpdateServer [<IUpdateServer>]

WSUS サーバーを含むオブジェクトを指定します。この値は、Get-WsusServer コマンドレットを呼び出し、結果の IUpdateServer オブジェクトをこのコマンドレットに渡すことで取得されます。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、OutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

  • None

出力

  • None

例 1 : WSUS サーバーのすべての製品情報を入手する

コマンド
 Get-WsusProduct
コマンドの実行結果

Title ID
—– —
Antigen for Exchange/SMTP 5d6a452a-55ba-4e11-adac-85e180bda3d6
Antigen 116a3557-3847-4858-9f03-38e94b977456

コマンドの説明

このコマンドは、WSUS サーバーによって定義されたすべての製品情報を取得します。

例 2 : タイトルで製品情報を入手する

コマンド
 Get-WsusProduct | Where-Object -FilterScript {$_.product.title -eq "Antigen"}
コマンドの実行結果

Title ID
—– —
Antigen 116a3557-3847-4858-9f03-38e94b977456

コマンドの説明

このコマンドは、製品タイトルが Antigen と等しいすべての製品情報を取得します。

例 3 : 部分的なタイトルで製品情報を入手する

コマンド
 Get-WsusProduct | Where-Object -FilterScript {$_.product.title -match "Office"}
コマンドの実行結果

Title ID
—– —
Office 2002/XP 6248b8b1-ffeb-dbd9-887a-2acf53b09dfe
Office 2003 1403f223-a63f-f572-82ba-c92391218055
Office 2007 041e4f9f-3a3d-4f58-8b2f-5e6fe95c4591
Office 2010 84f5f325-30d7-41c4-81d1-87a0e6535b66
Office Communications Server 2007 R2 22bf57a8-4fe1-425f-bdaa-32b4f655284b
Office Communications Server 2007 e164fc3d-96be-4811-8ad5-ebe692be33dd
Office Communications Server And Office Communicator 504ae250-57c5-484a-8a10-a2c35ea0689b
Office Communicator 2007 R2 8bc19572-a4b6-4910-b70d-716fecffc1eb
Office 477b856e-65c4-4473-b621-a8b230bb70d9
Visual Studio 2010 Tools for Office Runtime cbfd1e71-9d9e-457e-a8c5-500c47cfe9f3

コマンドの説明

このコマンドは、製品タイトルに Office という単語が含まれるすべての製品情報を取得します。

関連するリンク

  • Where-Object
  • Set-WsusProduc

参考

Windows Server 2019
タイトルとURLをコピーしました