Windows Server 2019 で利用可能な WSUS の Windows PowerShell コマンドレットについて

以前、WSUS (Windows Server Update Services) の Windows PowerShell コマンドレット一覧 (https://kogelog.com/2013/12/21/20131221-01/) というブログ エントリを公開しましたが、Windows Server 2012 R2 の情報を元にしていました。

さすがに情報の鮮度がなくなっている状況なので、Windows Server 2019 (バージョン 1809; OS ビルド 17763.1039) で確認した WSUS コマンドレットを日本語の情報として纏めてみました。
※Windows Server 2019 と Windows Server 2016 でコマンドレットの違いは (たぶん) ないです。

なお、WSUS コマンドレットの一覧は、以下のコマンドを実行することで表示することが可能です。

 Get-Command -Module UpdateServices

Windows Server 2019 で利用可能な WSUS の Windows PowerShell コマンドレット

#コマンドレット概要
1Add-WsusComputerクライアント コンピューターをターゲット グループに追加します。
2Add-WsusDynamicCategory動的カテゴリを WSUS サーバーに追加します。
3Approve-WsusUpdateクライアントに適用される更新を承認します。
4Deny-WsusUpdate展開の更新を拒否します。
5Get-WsusClassificationシステムで現在使用可能なすべての WSUS 分類のリストを取得します。
6Get-WsusComputerクライアント コンピューターを表す WSUS コンピューター オブジェクトを取得します。
7Get-WsusDynamicCategoryWSUS サーバーで動的カテゴリを取得します。
8Get-WsusProduct現在 WSUS で利用可能なすべての製品のリストを取得します。
9Get-WsusServerWSUS 更新サーバー オブジェクトを取得します。
10Get-WsusUpdate更新の詳細を含む WSUS 更新オブジェクトを取得します。
11Invoke-WsusServerCleanupWSUS サーバーでクリーンアップ プロセスを実行します。
12Remove-WsusDynamicCategoryWSUS サーバーから動的カテゴリを削除します。
13Set-WsusClassificationWSUS が同期する更新の分類を有効にするかどうかを設定します。
14Set-WsusDynamicCategory動的カテゴリの同期ステータスを設定します。
15Set-WsusProduct同期する更新のカテゴリを表す製品を有効にするかどうかを設定します。
16Set-WsusServerSynchronizationWSUS サーバーが Microsoft Update から同期するか、アップストリーム サーバーから同期するかどうかを設定します。

参考

Windows Server 2019
タイトルとURLをコピーしました