Windows Server 2019 で利用可能な WSUS の Windows PowerShell コマンドレット (Invoke-WsusServerCleanup) について

以前、WSUS (Windows Server Update Services) の Windows PowerShell コマンドレット一覧 (https://kogelog.com/2013/12/21/20131221-01/) というブログ エントリを公開しましたが、Windows Server 2012 R2 の情報を元にしていました。

さすがに情報の鮮度がなくなっている状況なので、Windows Server 2019 (バージョン 1809; OS ビルド 17763.1039) で確認した WSUS コマンドレットを日本語の情報として纏めてみました。
※Windows Server 2019 と Windows Server 2016 でコマンドレットの違いは (たぶん) ないです。

このブログ エントリでは、「Invoke-WsusServerCleanup」コマンドレッのヘルプ情報 (意訳)について記載します (WSUS コマンドレット一覧については、「Windows Server 2019 で利用可能な WSUS の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。

Invoke-WsusServerCleanup コマンドレット (意訳)

名前

Invoke-WsusServerCleanup

概要

WSUS サーバーでクリーンアップ プロセスを実行します。

構文

Invoke-WsusServerCleanup
[-CleanupObsoleteComputers]
[-CleanupObsoleteUpdates]
[-CleanupUnneededContentFiles]
[-CompressUpdates]
[-DeclineExpiredUpdates]
[-DeclineSupersededUpdates]
[-InformationAction {SilentlyContinue | Stop | Continue | Inquire | Ignore | Suspend}
[-InformationVariable <System.String>]
[-UpdateServer <IUpdateServer>]
[-Confirm]
[-WhatIf]
[<CommonParameters>]

説明

Invoke-WsusServerCleanup コマンドレットは、指定された Windows Server Update Services (WSUS) サーバーでクリーンアップのプロセスを実行します。このプロセスは、WSUS コンソール アプリケーション内からクリーンアップ ウィザードを実行するのと同じ影響があり、パラメーターと同じオプションを指定可能です。

 

パラメーター

-CleanupObsoleteComputers [<SwitchParameter>]

コマンドレットがデータベースから古いコンピューターを削除する場合に指定します。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-CleanupObsoleteUpdates [<SwitchParameter>]

コマンドレットが古い更新をデータベースから削除する場合に指定します。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-CleanupUnneededContentFiles [<SwitchParameter>]

コマンドレットが不要な更新ファイルを削除する場合に指定します。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-CompressUpdates [<SwitchParameter>]

コマンドレットがデータベースから更新に対する古いリビジョンを削除する場合に指定します。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-DeclineExpiredUpdates [<SwitchParameter>]

コマンドレットが期限切れの更新を拒否する場合に指定します。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-DeclineSupersededUpdates [<SwitchParameter>]

コマンドレットが置き換えられた更新を拒否する場合に指定します。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-InformationAction [<System.Management.Automation.ActionPreference>]

このコマンドレットが情報イベントに応答する方法を指定します。このパラメーターで利用可能な値は、次のとおりです :

  • Continue
  • Ignore
  • Inquire
  • SilentlyContinue
  • Stop
  • Suspend
必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-InformationVariable [<System.String>]

情報変数を指定します。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-UpdateServer [<IUpdateServer>]

WSUS サーバーを含むオブジェクトを指定します。この値は、Get-WsusServer コマンドレットを呼び出し、結果の IUpdateServer オブジェクトをこのコマンドレットに渡すことで取得されます。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Confirm [<SwitchParameter>]

コマンドレットを実行する前に確認を求めます。

必須false
位置named
既定値false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-WhatIf [<SwitchParameter>]

コマンドレットを実行した際の結果を表示します。実際にコマンドレットは実行されません。

必須false
位置named
既定値false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、OutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

  • Microsoft.UpdateServices.Commands.IUpdateServer

出力

  • None

例 1 : 廃止されたコンピューターのクリーンアップを実行する

コマンド
 Get-WsusServer | Invoke-WsusServerCleanup -CleanupObsoleteComputers
コマンドの実行結果

Obsolete Computers Deleted: 1

コマンドの説明

このコマンドは、廃止されたコンピューターをクリーンアップするオプションを指定し、ローカル WSUS サーバーでこのコマンドレットを実行します。

例 2 : ローカル WSUS サーバーに動的カテゴリを追加する

コマンド
ll"] Get-WsusServer consoso | Invoke-WsusServerCleanup -CleanupObsoleteComputers -CleanupObsoleteUpdates [/code]
コマンドの実行結果

Obsolete Updates Deleted: 62
Obsolete Computers Deleted: 0

コマンドの説明

このコマンドは、廃止されたコンピューターと廃止された更新プログラムをクリーンアップするオプションを指定し、サーバー contoso でこのコマンドレットを実行します。

関連するリンク

  • Get-WsusServer

参考

Windows Server 2019
タイトルとURLをコピーしました