Windows Server 2019 で利用可能な WSUS の Windows PowerShell コマンドレット (Set-WsusClassification) について

以前、WSUS (Windows Server Update Services) の Windows PowerShell コマンドレット一覧 (https://kogelog.com/2013/12/21/20131221-01/) というブログ エントリを公開しましたが、Windows Server 2012 R2 の情報を元にしていました。

さすがに情報の鮮度がなくなっている状況なので、Windows Server 2019 (バージョン 1809; OS ビルド 17763.1039) で確認した WSUS コマンドレットを日本語の情報として纏めてみました。
※Windows Server 2019 と Windows Server 2016 でコマンドレットの違いは (たぶん) ないです。

このブログ エントリでは、「Set-WsusClassification」コマンドレッのヘルプ情報 (意訳)について記載します (WSUS コマンドレット一覧については、「Windows Server 2019 で利用可能な WSUS の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。

Set-WsusClassification コマンドレット (意訳)

名前

Set-WsusClassification

概要

WSUS が同期する更新の分類を有効にするかどうかを設定します。

構文

Set-WsusClassification
[-Disable]
[-InformationAction {SilentlyContinue | Stop | Continue | Inquire | Ignore | Suspend}]
[-InformationVariable <System.String>]
-Classification <WsusClassification>
[-Confirm]
[-WhatIf]
[<CommonParameters>]

説明

Set-WsusClassification コマンドレットは、更新のカテゴリ (セキュリティやクリティカルなど) の同期を有効化、もしくは無効化します。

結果をフィルターせずにこのコマンドレットを使用するには、Get-WsusClassification コマンドレットを実行する必要があり、結果がこのコマンドレットに渡されます。

フィルター処理された結果でこのコマンドレットを使用するには、Get-WsusClassification コマンドレットを実行する必要があります。次に、Where-Object コマンドレットを使用して結果をフィルター処理し、このコマンドレットに渡します。

パラメーター

-Classification <WsusClassification>

同期する更新の分類を指定します。Disable パラメーターを使用する場合、同期しない更新の分類を指定します。このパラメーター値は、Get-WsusClassification コマンドレットから渡されます。

必須true
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Disable [<SwitchParameter>]

指定した分類に対して更新を同期しない場合に指定します。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-InformationAction [<System.Management.Automation.ActionPreference>]

このコマンドレットが情報イベントに応答する方法を指定します。このパラメーターで利用可能な値は、次のとおりです :

  • Continue
  • Ignore
  • Inquire
  • SilentlyContinue
  • Stop
  • Suspend
必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-InformationVariable [<System.String>]

情報変数を指定します。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Confirm [<SwitchParameter>]

コマンドレットを実行する前に確認を求めます。

必須false
位置named
既定値false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-WhatIf [<SwitchParameter>]

コマンドレットを実行した際の結果を表示します。実際にコマンドレットは実行されません。

必須false
位置named
既定値false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、OutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

  • None

出力

  • None

例 1 : ドライバーの更新を無効化する

コマンド
 Get-WsusClassification | Where-Object -FilterScript {$_.Classification.Title -Eq "Drivers"} | Set-WsusClassification -Disable
コマンドの説明

このコマンドは、Drivers を含む更新を無効化します。

関連するリンク

  • Where-Object
  • Get-WsusClassification

参考

Windows Server 2019
タイトルとURLをコピーしました