Windows Server 2019 で利用可能な WSUS の Windows PowerShell コマンドレット (Set-WsusProduct) について

以前、WSUS (Windows Server Update Services) の Windows PowerShell コマンドレット一覧 (https://kogelog.com/2013/12/21/20131221-01/) というブログ エントリを公開しましたが、Windows Server 2012 R2 の情報を元にしていました。

さすがに情報の鮮度がなくなっている状況なので、Windows Server 2019 (バージョン 1809; OS ビルド 17763.1039) で確認した WSUS コマンドレットを日本語の情報として纏めてみました。
※Windows Server 2019 と Windows Server 2016 でコマンドレットの違いは (たぶん) ないです。

このブログ エントリでは、「Set-WsusProduct」コマンドレッのヘルプ情報 (意訳)について記載します (WSUS コマンドレット一覧については、「Windows Server 2019 で利用可能な WSUS の Windows PowerShell コマンドレットについて」を参照)。

Set-WsusProduct コマンドレット (意訳)

名前

Set-WsusProduct

概要

同期する更新のカテゴリを表す製品を有効にするかどうかを設定します。

構文

Set-WsusProduct
[-Disable]
[-InformationAction {SilentlyContinue | Stop | Continue | Inquire | Ignore | Suspend}]
[-InformationVariable <System.String>]
-Product <WsusProduct>
[-Confirm]
[-WhatIf]
[<CommonParameters>]

説明

Set-WsusProduct コマンドレットは、同期する更新のカテゴリを表す製品を有効化、もしくは無効化します。このコマンドレットを使用するには、このコマンドレットに結果を渡して Get-WsusProduct コマンドレットを実行する必要があります。 Where-Object コマンドレットを実行して、結果をフィルター処理が可能です。

パラメーター

-Disable [<SwitchParameter>]

指定した製品の更新を同期しない場合に指定します。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-InformationAction [<System.Management.Automation.ActionPreference>]

このコマンドレットが情報イベントに応答する方法を指定します。このパラメーターで利用可能な値は、次のとおりです :

  • Continue
  • Ignore
  • Inquire
  • SilentlyContinue
  • Stop
  • Suspend
必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-InformationVariable [<System.String>]

情報変数を指定します。

必須false
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Product <WsusProduct>

同期する更新の製品を指定します。Disable パラメーターを使用する場合、同期しない更新の製品を指定します。このパラメーター値は、Get-WsusProduct コマンドレットから渡されます。

必須true
位置named
既定値none
パイプライン入力を許可するtrue (ByValue)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Confirm [<SwitchParameter>]

コマンドレットを実行する前に確認を求めます。

必須false
位置named
既定値false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

-WhatIf [<SwitchParameter>]

コマンドレットを実行した際の結果を表示します。実際にコマンドレットは実行されません。

必須false
位置named
既定値false
パイプライン入力を許可するfalse
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>

このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: Verbose、Debug、ErrorAction、ErrorVariable、WarningAction、WarningVariable、OutBuffer, PipelineVariable、および OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

入力

  • None

出力

  • None

例 1 : 製品の更新を指定する

コマンド
 Get-WsusServer | Get-WsusProduct | Where-Object -FilterScript {$_.product.title -Eq "Antigen"} | Set-WsusProduct
コマンドの説明

このコマンドは、Antigen 製品の更新が必要である場合に指定します。

関連するリンク

  • Where-Objec
  • Get-WsusProduc
  • Get-WsusServer

参考

Windows Server 2019

コメント

タイトルとURLをコピーしました