Azure PowerShell – Az モジュール v5.1.0 がリリースされました

2020/11/17 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール の最新版である v5.1.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v5.1.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v5.1.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v5.1.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v5.1.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v5.1.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v5.1.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for Azure PowerShell : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az

Docker イメージ

  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:latest
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:5.1.0-ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:5.1.0-debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:5.1.0-centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:alpine-3.10
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:5.1.0-alpine-3.10
スポンサーリンク

リリース ノート (5.1.0 – November 2020)

Az.Accounts

  • ‘Connect-AzAccount -DeviceCode’ を使用すると、TenantId が尊重されない可能性がある問題を修正 [#13477]
  • 新しいコマンドレット ‘Get-AzAccessToken’ を追加
  • ユーザー プロファイル パスにアクセスできない場合にエラーが発生する問題を修正
  • Connect-AzAccount 中に Write-Object エラーが発生する問題を修正 [#13419]
  • ‘Add-AzEnvironment’、’Set-AzEnvironment’ にパラメーター ‘ContainerRegistryEndpointSuffix’ を追加
  • CTRL+C を押下することによるログインの中断をサポート
  • ‘Connect-AzAccount -KeyVaultAccessToken’ が機能しない問題を修正 [#13127]
  • ‘Invoke-AzRestMethod’ で null 参照とメソッドの大文字と小文字を区別しない問題を修正

Az.Aks

  • ユーザーがサービス プリンシパルを使用して新しい Kubernetes クラスターを作成できない問題を修正 [#13012]

Az.AppConfiguration

  • ‘Az.AppConfiguration’ モジュールが一般提供 (GA)

Az.DataFactory

  • I’New-AzDataFactoryV2LinkedServiceEncryptedCredential’ コマンドのエラー メッセージを改善

Az.DataLakeStore

Az.DesktopVirtualization

  • 新しい MSIX パッケージ コマンドレットを追加し、Applications コマンドレットを更新

Az.EventHub

  • タグのない EventHub クラスターのクラスター コマンドを修正
  • AzEventHubGeoDRConfiguration コマンドの PartnerNamespace のヘルプ テキストをアップデート

Az.HDInsight

  • パラメーター ‘ResourceProviderConnection’ および ‘PrivateLink’ をコマンドレット ‘New-AzHDInsightCluster’ に追加、リレー アウトバウンドおよびプライベート リンク機能をサポート
  • カスタム Ambari データベース機能をサポートするために、パラメーター ‘AmbariDatabase’ をコマンドレット ‘New-AzHDInsightCluster’ に追加
  • コマンドレット ‘Add-AzHDInsightMetastore’ のパラメーター ‘MetastoreType’ に受け入れ値 ‘AmbariDatabase’ を追加

Az.IotHub

  • IoT Hub 作成コマンドレットのタグを許可

Az.KeyVault

  • Key Vault タグ のアップデートをサポート

Az.LogicApp

  • Get-AzLogicAppRunHistory が結果の最初のページのみを取得するように修正

Az.Network

  • 次のコマンドレットをアップデート
    • ‘New-AzLoadBalancerFrontendIpConfigCommand’、’Set-AzLoadBalancerFrontendIpConfigCommand’、’Add-AzLoadBalancerFrontendIpConfigCommand’ :
      • PublicIpAddressPrefix プロパティを追加
      • PublicIpAddressPrefixId プロパティを追加
  • グローバル負荷分散を可能にするため、次のコマンドレットに新しいプロパティを追加
    • ‘New-AzLoadBalancer’ :
      • Sku Tier プロパティを追加
    • ‘New-AzPuplicIpAddress’ :
      • Sku Tier プロパティを追加
    • ‘New-AzPublicIpPrefix’ :
      • Sku Tier プロパティを追加
    • ‘New-AzLoadBalancerBackendAddressConfig’ :
      • LoadBalancerFrontendIPConfigurationId プロパティを追加
  • 次のコマンドレットの警告を廃止するように計画をアップデート
    • ‘New-AzVirtualHubRoute’
    • ‘New-AzVirtualHubRouteTable’
    • ‘Add-AzVirtualHubRoute’
    • ‘Add-AzVirtualHubRouteTable’
    • ‘Get-AzVirtualHubRouteTable’
    • ‘Remove-AzVirtualHubRouteTable’
  • 次のコマンドレットの引数 ‘RouteTable’ の警告を非推奨にする計画を追加
    • ‘New-AzVirtualHub’
    • ‘Set-AzVirtualHub’
    • ‘Update-AzVirtualHub’
  • ‘Set-AzExpressRouteGateway’ で 引数 ‘-MinScaleUnits’ および ‘-MaxScaleUnits’ をオプション化
  • ApplicationGateway で相互認証と SSL プロファイルをサポートするための新しいコマンドレットを追加
    • ‘Get-AzApplicationGatewayClientAuthConfiguration’
    • ‘New-AzApplicationGatewayClientAuthConfiguration’
    • ‘Remove-AzApplicationGatewayClientAuthConfiguration’
    • ‘Set-AzApplicationGatewayClientAuthConfiguration’
    • ‘Add-AzApplicationGatewayTrustedClientCertificate’
    • ‘Get-AzApplicationGatewayTrustedClientCertificate’
    • ‘New-AzApplicationGatewayTrustedClientCertificate’
    • ‘Remove-AzApplicationGatewayTrustedClientCertificate’
    • ‘Set-AzApplicationGatewayTrustedClientCertificate’
    • ‘Add-AzApplicationGatewaySslProfile’
    • ‘Get-AzApplicationGatewaySslProfile’
    • ‘New-AzApplicationGatewaySslProfile’
    • ‘Remove-AzApplicationGatewaySslProfile’
    • ‘Set-AzApplicationGatewaySslProfile’
    • ‘Get-AzApplicationGatewaySslProfilePolicy’
    • ‘Remove-AzApplicationGatewaySslProfilePolicy’
    • ‘Set-AzApplicationGatewaySslProfilePolicy’

Az.RecoveryServices

  • ポリシー BackupTime に UTC を指定
  • Get-AzRecoveryServicesBackupJobDetails コマンドレットの重大な変更の警告を変更
  • Set-AzRecoveryServicesBackupProtectionPolicy コマンドレットのサンプル スクリプト ヘルプ テキストをアップデート

Az.Resources

  • What-If が大文字と小文字が異なる 2 つのリソースグループ スコープを表示する問題を修正
  • SDK を使用するために、’Export-AzResourceGroup’ をアップデート
  • メソッドを解析するためのカルチャー情報を追加

Az.Sql

  • Set-AzSqlDatabaseAudit がハイパースケール データベースをサポートせず、データベースのエディションを判別できない問題を修正
  • ‘New-AzSqlInstance’ と ‘Set-AzSqlInstance’ に MaintenanceConfigurationId を追加
  • PartnerServerName パラメーターがキーではなく値でチェックされていた GetAzureSqlDatabaseReplicationLink.cs の不具合を修正

Az.Websites

  • 新しいアクセス制限機能のサポートを追加
    • ServiceTag、multi-ip および http-headers
スポンサーリンク

コミュニティの貢献者に感謝

  • John Q. Martin (@johnmart82)
    • ファイアウォールの前提条件情報を追加 (#13385)
  • Manikandan Duraisamy (@madurais-msft)
    • PublicSubnetName 引数を修正 (#13417)
  • @mahortas
    • -HostNames パラメーター値のアップデート (#13349)
  • @MariachiForHire
    • TrafficAnalyticsInterval 値のサポートを追加 (#13304)
  • Michael James (@mikejwhat)
    • Get-AzLogicAppRunHistory が 30 を超えるエントリを返すことを許可 (#13393)
  • Shashikant Shakya (@shshakya)
    • Restore-AzSqlInstanceDatabase.md をアップデート (#13404)

参考 URL

Azure PowerShell Microsoft Azure

コメント

タイトルとURLをコピーしました