Azure PowerShell – Az モジュール v6.1.0 がリリースされました

スポンサーリンク

2021/06/15 (現地時間) に Azure PowerShell – Az モジュール の最新版である v6.1.0 がリリースされました。

Azure PowerShell – Az モジュール v6.1.0 について、MSI インストーラー (x64)、(x86)、および PowerShell Gallery 経由で入手、適用可能となっています。

Azure PowerShell – Az モジュール v6.1.0 をインストールおよびインポート後、バージョンが v6.1.0 となっていることが確認できます。

Az モジュール v6.1.0 について (意訳)

  • Azure PowerShell – Az モジュール v6.1.0 インストーラー (x64) : リンク
  • Azure PowerShell – Az モジュール v6.1.0 インストーラー (x86) : リンク
  • Gallery Module for Azure PowerShell : リンク

PowerShell Gallery から Az をインストールする場合、次のコマンドを実行します :

 Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force 

古い Az のバージョンからアップデートする場合、次のコマンドを実行します :

 Update-Module -Name Az 

Docker イメージ

  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:latest
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:6.1.0-ubuntu-18.04
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:6.1.0-debian-9
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:6.1.0-centos-7
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:alpine-3.10
  • mcr.microsoft.com/azure-powershell:6.1.0-alpine-3.10
スポンサーリンク

リリース ノート (6.1.0 – June 2021)

Az.Accounts

  • コマンドレット ‘Open-AzSurveyLink’ を追加
  • Connect-AzAccount の入力パラメーターとして証明書ファイルをサポート

Az.Aks

  • AutomationRunbook で ‘Set-AzAks’ が失敗する問題を修正 [#15006]

Az.ApplicationInsights

  • ‘InputObject’ パラメーターを用いて以下のコマンドレットを実行した際に、’ResourcegroupName’ が失われる問題を修正 [#14848]
    • ‘Get-AzApplicationInsightsLinkedStorageAccount’
    • ‘New-AzApplicationInsightsLinkedStorageAccount’
    • ‘Update-AzApplicationInsightsLinkedStorageAccount’
    • ‘Remove-AzApplicationInsightsLinkedStorageAccount’

Az.Cdn

  • ‘Remove-AzCdnProfile’ コマンドレットでプロファイルが欠落している問題を修正

Az.Compute

  • 最新の .Net SDK version 47.0.0 を使用するよう、 Compute モジュールをアップデート

Az.ContainerInstance

  • ファイル共有資格情報の表示を削除 [#15224]

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK version 4.19.0 にアップデート

Az.EventHub

  • ‘Get-AzEventHubNamespace’ から ‘Get-AzEventHub’ のパイプラインからの入力を受け入れる機能を追加

Az.HDInsight

  • HDInsight の 新しい Azure Monitor 機能をサポート :
    • HDInsight クラスターの Azure Monitor ステータスを取得できるよう、コマンドレット ‘Get-AzHDInsightAzureMonitor’ を追加
    • HDInsight クラスターで Azure Monitor を有効にできるよう、コマンドレット ‘Enable-AzHDInsightAzureMonitor’ を追加
    • HDInsight クラスターで Azure Monitor を無効にできるよう、コマンドレット ‘Disable-AzHDInsightAzureMonitor’ を追加

Az.KeyVault

  • ‘Get-AzKeyVault’ の重複リスト アイテムを削除 [#15164]
  • ‘Az.KeyVault’ モジュールに ‘SecretManagement’ タグを追加 [#15173]

Az.Network

  • IP 構成を追加するためのより安定した方法のために、ルート サーバーのコマンドレットをアップデート
  • 単一のプライベート リンク リソースを取得するためのサポートを追加
  • ‘New-AzPrivateLinkServiceConnection’ に GroupId に関する詳細な説明を追加
  • AzureFirewallPolicy で PrivateRangeの設定を有効にするよう、コマンドレットをアップデート
    • ‘New-AzFirewallPolicy’
    • ‘Set-AzFirewallPolicy’
  • VirtualNetworkGateway および BgpRouteTranslationForNat に NatRules を追加するよう、コマンドレットをアップデート
    • ‘New-AzVirtualNetworkGateway’
    • ‘Set-AzVirtualNetworkGateway’
  • VirtualNetworkGateway 接続に EngressNatRules と EgressNatRules を追加するよう、コマンドレットをアップデート
    • ‘New-AzVirtualNetworkGatewayConnection’
    • ‘Set-AzVirtualNetworkGatewayConnection’
  • VirtualNetwork で FlowTimeout の設定を有効にするよう、コマンドレットをアップデート
    • ‘New-AzVirtualNetwork’
  • Get/Create/Update/Delete VirtualNetworkGatewayNatRules のコマンドレットを追加
    • ‘New-AzVirtualNetworkGatewayNatRule’
    • ‘Update-AzVirtualNetworkGatewayNatRule’
    • ‘Get-AzVirtualNetworkGatewayNatRule’
    • ‘Remove-AzVirtualNetworkGatewayNatRule’
  • VirtualNetworkPeering で同期するための新しいコマンドレットを追加
    • ‘Sync-AzVirtualNetworkPeering’
  • VirtualNetworkPeering で新しいプロパティを追加し、既存のプロパティを再定義するよう、コマンドレットをアップデート
    • ‘Add-AzVirtualNetworkPeering’
    • ‘Get-AzVirtualNetworkPeering’
  • VirtualHub で PreferredRoutingGateway の設定を有効にするよう、コマンドレットをアップデート
    • ‘New-AzVirtualHub’
    • ‘Update-AzVirtualHub’
  • クライアント証明書の 2 つの読み取り専用プロパティを公開するよう、コマンドレットを
    アップデート

    • ‘Get-AzApplicationGatewayTrustedClientCertificate’

Az.RecoveryServices

  • クロス テナント DS Move を追加
  • 30 日間の期間のみ回復ポイントをフェッチする制限を削除
  • 新しいリージョンの CRR を有効化

Az.Resources

  • デプロイメントをテストする際、デプロイメント名を付けることが可能 [#11497]

Az.SignalR

  • ‘Update-AzSignalRNetworkAcl’ コマンドレットの ‘Allow’ および ‘Deny’ パラメーターに変更 :
    • 有効な値として ‘Trace’ を受け入れ
    • リストをクリアするために、空のコレクションとして ‘@()’ を受け入れ
  • 該当するコマンドレットで ‘ResourceGroupCompleter’ および’ResourceNameCompleter’ をサポート
  • 次のコマンドレットの出力タイプ ‘PSSignalRResource’ の ‘HostNamePrefix’ プロパティが非推奨 :
    • ‘Get-AzSignalR’
    • ‘New-AzSignalR’
    • ‘Update-AzSignalR’

Az.Sql

  • ‘New-AzSqlInstance’ および ‘Set-AzSqlInstance’ コマンドレットでマネージド インスタンスのメンテナンス構成 ID の短いバージョンをサポートするオプションを追加
  • ‘New-AzSqlDatabaseSecondary’ に HighAvailabilityReplicaCount を追加
  • AzSqlServer と AzSqlInstance に外部管理者と AAD のみのプロパティを追加
    • ‘New-AzSqlInstance’ および ‘Set-AzSqlInstance’ コマンドレットに ‘-ExternalAdminName’、 ‘-ExternalAdminSid’、 ‘-EnableActiveDirectoryOnlyAuthentication’ を指定するオプションを追加
    • ‘Get-AzSqlServer’ および ‘Get-AzSqlInstance’ コマンドレットの ‘-ExpandActiveDirectoryAdministrator’ を用いて外部管理者情報を展開するオプションを追加
  • 指定されていない場合にデフォルトの ReadScale を無効にしないよう、 ‘Set-AzSqlDatabase’ を修正
  • ID プロパティと null プロパティのみを持つ部分 PUT の ‘Set-AzSqlServer’ と ‘Set-AzSqlInstance’ を修正
  • ‘New-AzSqlServer’、 ‘New-AzSqlInstance’、 ‘Set-AzSqlServer’、および ‘Set-AzSqlInstance’ コマンドレットに UMI に関連するパラメーターを追加
  • 次のコマンドレットに -AutoRotationEnabled パラメーターを追加 :
    • ‘Set-AzSqlServerTransparentDataEncryptionProtector’
    • ‘Get-AzSqlServerTransparentDataEncryptionProtector’
    • ‘Set-AzSqlInstanceTransparentDataEncryptionProtector’
    • ‘Get-AzSqlInstanceTransparentDataEncryptionProtector’

Az.Storage

  • NFS/SMB enabledEnabledProtocol および RootSquash を用いたファイル共有の作成、および RootSquash を用いた共有の更新をサポート
    • ‘New-AzRmStorageShare’
    • ‘Update-AzRmStorageShare’
  • ファイル サービスでの Smb マルチチャネルの有効化をサポート
    • ‘Update-AzStorageFileServiceProperty’
  • Oauth 資格情報を用いて同じアカウント内で Blob をコピーする際、匿名の視覚情報を使用したアクセス ソースによる同じアカウント内のコピーの問題を修正
  • ストレージ アカウントの作成/更新のパラメーター DefaultSharePermission の値セットから StorageFileDataSmbShareOwner を削除
    • ‘New-AzStorageAccount’
    • ‘Set-AzStorageAccount’

Az.Websites

  • ‘Remove-AzWebAppAccessRestrictionRule’ で名前と一意の識別子によるルールの削除を妨げていた問題を修正
  • ‘Set-AzWebAppSlot’ で AlwaysOn が false にデフォルト設定される問題を修正
スポンサーリンク

コミュニティの貢献者に感謝

  • Andy Roberts (@andyr8939)
    • 例から未使用の TimeGrain 変数を削除 (#15062)
  • Ashley Roll (@AshleyRoll)
    • 書き込みホストのリーク ファイル共有資格情報を削除 (#15225)
  • Kailash Mandal (@KaishM)
    • New-AzPublicIpAddress.md をアップデート (#15040)
  • Olivier Miossec (@omiossec)
    • Get-AzExpressRouteCircuitRouteTable.md をアップデート (#15054)
  • Scott (@S-T-S)
    • Set-AzNetworkInterface.md をアップデート (#15112)
  • @sohaibMSFT
    • Application Gateway AutoScale の例を追加 (#15071)
  • @Srihsu
    • Update Split-AzReservation.md をアップデート (#15049)
  • @srozemuller
    • 例のリソース グループ パラメーターの誤字を修正 (#15146)

参考サイト

Azure PowerShellMicrosoft Azure

コメント

タイトルとURLをコピーしました