Azure CLI v2.44.0 がリリースされました

スポンサーリンク

2023/01/10 に Azure CLI の最新版 v2.44.0 がリリースされました。

スポンサーリンク

Azure CLI v2.44.0 (January 10, 2022) の更新内容について (意訳)

ACR

  • az acr manifest : アーティファクト マニフェストをサポートしました。

AKS

  • az aks create : MSI 認証モードで AKS 監視アドオンをサポートする、新しいパラメーター –data-collection-settings を追加しました。
  • az aks install-cli : Windows のシステム パスにインストール ディレクトリを自動的に追加します。
  • az aks create/update : KEDA ワークロード オートスケーラーのサポートを追加しました。

APIM

  • az apim api create : プロトコルと API の種類を検出するため、URL を解析します。

App Service

  • #23488 を修正しました :
    • az appservice plan create : ASEv3 でゾーン冗長 ASP の作成が失敗する問題を修正しました。
  • #24858 を修正しました :
    • 新しい isolated v2 (I4v2, I5v2, I6v2) SKU をサポートしました。
  • az appservice ase upgrade/send-test-notification : ASE のアップグレードとテスト通知の送信をサポートする、ASE 用の新しいコマンドを追加しました。
  • az appservice ase update : 着信 FTP 接続を許可する、–allow-incoming-ftp-connections を追加しました。
  • az appservice ase update : リモート デバッグを許可する –allow-remote-debugging を追加しました。
  • #19893 を修正しました :
    • az appservice plan create : ASEv3 の別のサブスクリプションでアプリ プランを作成できない不具合を修正しました。
  • #16478 を修正しました :
    • az functionapp cors credentials : CORS クレデンシャルの有効化/無効化コマンドを追加しました。
  • #22934 を修正しました :
    • az functionapp delete : 空の App Service プランの保持をサポートする新しいパラメーター –keep-empty-plan を追加しました。
  • #19469 を修正しました :
    • az functionapp vnet-integration add : Consumption プランの検証を追加しました。 validation
  • az staticwebapp functions link : 静的サイトの環境名の設定をサポートする、新しいパラメーター –environment-name を追加しました。

ARM

  • #24810 を修正しました :
    • Bicep インストール用の ARM64 アーキテクチャをサポートしました。

Batch

  • az batch pool create/set : プールに必要なノード通信モードの設定をサポートする、新しいパラメーター –target-communication を追加しました。

Compute

  • #24896 を修正しました :
    • az vm create : ACG イメージから他のリソース グループに VM を作成できない不具合を修正しました。
  • az disk create : パフォーマンス ターゲットの引き上げをサポートする、新しいパラメーター –performance-plus を追加します。
  • az vm list : Add new paramter –vmss to support querying VM instances in a specific VMSS
  • az sig image-version create/update : エッジ ゾーンをサポートする、パラメーター –target-edge-zone-encryption および –target-edge-zones を追加しました。

Container

  • az container export : ID が設定されている場合のエクスポートを修正しました。

Key Vault

  • az keyvault key create : OKP キーと Ed25519 曲線をサポートしました。

Monitor

  • [重大な変更] az monitor action-group test-notifications create : リソース グループとサブスクリプション レベルで通知を削除します。
  • az monitor diagnostic-settings create : リソース ID で作成し、ワークスペースなしでエクスポートします。

NetAppFiles

  • az volumes qouta-rule create : volume quota rule create コマンドを追加しました。
  • az volumes qouta-rule show : volume quota rule show コマンドを追加しました。
  • az volumes qouta-rule list : volume quota rule list コマンドを追加しました。
  • az volumes qouta-rule update : volume quota rule update コマンドを追加しました。
  • az volumes qouta-rule delete : volume quota rule delete コマンドを追加しました。

Network

  • az network vnet-gateway create : ローカル パラメーターに対するパラメーター –edge-zone-vnet-id を追加しました。
  • #24853 を修正しました :
    • az network nsg rule create : –destination-asgs–source-asgs は使用できなくなりました。
  • #24883 を修正しました :
    • az network application-gateway stop/start : 欠落したパラメーター –ids を追加しました。
  • az network watcher packet-capture create : Linux VM に対するローカル パスの問題を解決しました。
  • az network lb update : パラメーター –tags を公開しました。

Redis

  • az redis import/export : 新しいオプション パラメーター –preferred-data-archive-method を追加しました。
  • az redis server-link : リンク サーバーには、geoReplicatedPrimaryHostNameprimaryHostName の 2 つの新しいプロパティがあります。

Security

  • az security alert update : –statusresolveinprogress をサポートするようになりました。

Service Connector

  • az connection : ローカル環境から Azure リソースへの接続を可能にするローカル接続をサポートしました。
  • #24806 を修正しました :
    • az webapp connection create mysql-flexible : –system-identity で mysql 接続コマンドを修正しました。

SQL

  • az sql server/db/mi/midb advanced-threat-protection-setting show/update : advanced-threat-protection-setting をサポートしました。
  • az sql db threat-policy : バージョン 2.45.0 でこのコマンド グループの廃止を宣言します。
  • az sql db : –preferred-enclave-type 引数を追加しました。

Storage

  • az storage blob copy start : コピー時の BLOB 層の設定をサポートするよう、–tier を修正しました。
スポンサーリンク

参考サイト

Azure CLI

コメント

タイトルとURLをコピーしました