FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (Get-FseSignatureUpdate) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPE 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Get-FseSignatureUpdate」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Get-FseSignatureUpdate

■概要

エンジン定義の更新に関する情報 (更新のスケジュールやエンジンのバージョンを含む) を取得します。

■構文

Get-FseSignatureUpdate [<CommonParameters>]

■説明

エンジン定義の更新に関する情報 (更新のスケジュールやエンジンのバージョンを含む) を取得します。各エンジンについて、次のような情報が表示されます。

  • Engine – エンジンの名前です。
  • EnableSchedule – エンジンの更新がスケジュールされているかどうかを示します。
  • ScheduleStart – スケジュールされた自動更新の開始時刻です。
  • Frequency – 自動更新の頻度です。
  • RepeatInterval – 更新スケジュールの繰り返し間隔です。
  • EnableRepeat – 繰り返し間隔が有効かどうかを示します。
  • LastCheck – Microsoft Forefront Protection 2010 for Exchange Serverで、エンジンまたは定義の更新が最後にチェックされた日時を示します。
  • LastUpdate – Microsoft Forefront Protection 2010 for Exchange Serverで、エンジンまたは定義の更新が最後に適用された日時を示します。
  • UpdateStatus – 更新の状態を示します。値は次のとおりです。NotAttempted、UpdateSucessful、UpdateFailed、およびNoNewUpdateです。
  • EngineVersion – エンジン ベンダーが提供している、エンジンのバージョンです。
  • SignatureVersion – エンジン ベンダーが提供している、このエンジンの定義のバージョンです。
  • EngineInUse – このエンジンが現在スキャン ジョブによって使用されるように選択されているかどうかを示します。
  • UpdateVersion – Microsoft Forefront Protection 2010 for Exchange Serverの更新システムによって作成された更新パッケージのバージョンです。
  • Category – エンジンの種類です。指定可能な値は次のとおりです。AnitMalwareとAntiSpamです。
  • PrimaryUpdatePath – このエンジンの更新を取得するために使用されるプライマリ パスです。
  • SecondaryUpdatePath – このエンジンの更新を取得するために使用されるセカンダリ パスです。
  • LastDefinitionsUpdate – スパム対策エンジンのマイクロアップデートが最後に成功した日付と時刻が返されます。

■パラメーター

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

例1

 Get-FseSignatureUpdate 

例1:出力結果

Engine : Microsoft
EnableSchedule : True
ScheduleStart : 1/1/2009 12:05:00 AM
Frequency : Daily
RepeatInterval : 01:00:00
EnableRepeat : True
EngineVersion : 0.1.10.243
SignatureVersion : 70.223.52.239
EngineInUse : True
UpdateVersion : 0
Category : AntiMalware
PrimaryUpdatePath : http://forefrontdl.microsoft.com/server/scanengineupdate
SecondaryUpdatePath :
LastCheck : 2/5/2009 12:05:00 AM
LastUpdate : 2/4/2009 3:05:00 PM
UpdateStatus : NoNewUpdate
LastDefinitionUpdate :

Engine : Engine1
EnableSchedule : False
ScheduleStart : 1/1/2009 03:00 AM
Frequency : Daily
RepeatInterval : 02:00
EnableRepeat : True
EngineVersion : 0.0.0
SignatureVersion : 0.0.0
EngineInUse : False
UpdateVersion : 0
Category : AntiMalware
PrimaryUpdatePath :
SecondaryUpdatePath :
LastCheck :
LastUpdate :
UpdateStatus : UpdateSuccessful
LastDefinitionUpdate :

例1:説明

すべてのエンジンの定義の更新オプションを表示します。この例では、Engine1エンジンの更新スケジュールが設定されていませんが、Microsoftエンジンの更新スケジュールは設定されています。

注意: エンジンがすべて示されるわけではありません。

■関連するリンク

  • Set-FseSignatureUpdate
  • Get-FseSignatureOptions
  • Set-FseSignatureOptions
  • Start-FseSignatureUpdate

[参考]