FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (Get-FseProductInfo) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPE 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Get-FseProductInfo」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Get-FseProductInfo

■概要

製品情報を取得します。

■構文

Get-FseProductInfo [<CommonParameters>]

■説明

サーバーとMicrosoft Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE) 製品に関する全般情報を表示します。この情報は、”ヘルプの検索” で通常見つかる情報と同じです。この情報には、サーバーの名前、サーバーの役割、実行中のFPEのバージョン、ライセンスの種類 (ベータ、評価、またはライセンス済み)、ライセンスの有効期限などが含まれます。

返される情報は次のとおりです。

  • バージョン: 現在使用中のFPEのバージョン。
  • Service Pack: 展開済みの現在のビルドのService Pack番号です。(RTMリリースでは表示されません)。
  • 製品ID: サブスクリプション製品の場合のみ返されます。
  • 役割: 現在のFPEサーバーの役割です。
    • ExchangeEdge: Exchangeエッジ サーバー
    • ExchangeHub: Exchangeハブ サーバー
    • ExchangeMailbox: Exchangeメールボックス サーバー
    • ExchangeHubMailbox: Exchangeハブ/メールボックス複合サーバー
    • ExchangeCCRActive: CCRクラスターのアクティブ ノード
    • ExchangeCCRPassive: CCRクラスターのパッシブ ノード
    • ExchangeSCCActive: SCCクラスターのアクティブ ノード
    • ExchangeSCCPassive: SCCクラスターのパッシブ ノード
  • LicenseType: ユーザーが現在所有しているライセンスの種類を示します。次の値のいずれかを返します。
    • Evaluation: 製品が評価モードの場合
    • Beta: 製品がベータ モードの場合
    • Subscription: 製品がサブスクリプション モードの場合
  • LicenseStatus: ユーザーのライセンスの現在の状態を返します。次の値のいずれかを返します。
    • Licensed: 現在の日付がExpirationDate以前の場合
    • Expired: 現在の日付がExpirationDateより後の場合
  • 製品ID: PID値を返します。LicenseTypeがSubscriptionの場合にのみ有効です。EvaluationおよびBetaの場合は、null文字列になります。このフィールドの値は、製品のライセンス認証時に追加されるHKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREWow6432NodeMicrosoftForefront Server SecurityExchange ServerRegistrationレジストリ キーのPID値です。
  • ライセンス番号: サブスクリプション製品に対して入力されているユーザーのライセンス番号です。LicenseTypeがSubscription以外の場合は、null文字列が返されます。
  • 有効期限: これは、ユーザーの契約有効期限であると同時に、ライセンスを更新しない限り、FPE の有効期限が切れる日付でもあります。BetaとEvaluationの場合は、これらの試用ライセンスの有効期限が返されます。
  • Exchangeのバージョン: FPEが現在実行されているExchangeのバージョンです。
  • コンピューター名: 現在のサーバーの名前です。
  • オペレーティング システム: 現在のサーバーのオペレーティング システムです。
  • オペレーティング システムの Service Pack:現在のサーバーのオペレーティング システムのService Pack番号です (該当する場合)。
  • プロセッサ: 現在のサーバーのプロセッサ情報です。
  • プロセッサの数: 現在のサーバーのプロセッサの数です。
  • 使用中の一時ディレクトリ: FPE が使用する一時ディレクトリのパス。
  • 物理メモリの合計: このサーバーで利用できる合計物理メモリです (GB単位)。
  • 利用可能な物理メモリ: このサーバーで利用できる物理メモリです (GB単位)。
  • ドライブx:の利用可能な領域: このサーバーに接続されている各ディスク ドライブの空き領域です (GB単位、ドライブごとに1行)

■パラメーター

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

例1

 Get-FseProductInfo 

例1:出力結果

Get-FseProductInfo

Version                           : 11.0.0243.0
ServicePack                       : 1
ProductID                         : 12345-123-1234567-12345
Role                              : ExchangeHubMailbox
LicenseStatus                     : Subscription
LicenseNumber                     : 1234567
ExpirationDate                    : 12/31/2011
IncidentsQuarantineDatabaseLocale : English(United States)
ExchangeVersion                   : 14.0.2.3
Computer Name                     : Computer1
Operating System                  : Windows Server 2008
Operating System Service Pack     : 1
Processor                         : AMD
Number of Processors              : 4
TemporaryDirectoryBeingUsed       : C:temp
Total Physical Memory             : 8 GBytes
Available Physical Memory         : 4 GBytes
AvailableSpaceOnDriveC            : 360 Gbytes
AvailableSpaceOnDriveD            : 400 Gbytes
AvailableSpaceOnDriveE            : 220 Gbytes

例1:説明

FPE製品とそれを実行しているサーバーに関する情報を取得します。

■関連するリンク

  • Get-FseLicensing

[参考]