FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレット (Export-FseSettings) について

スポンサーリンク

Forefront Protection 2010 for Exchange Server (FPE 2010) のForefront管理シェルは、PowerShellを用いたコマンドラインインタフェースです。

Forefront管理シェルは、FPE 2010の管理を目的として様々なコマンドレットが用意されていますが、 オンライン上では説明のみで詳細なコマンド オプション情報については公開されていないようです。

このヘルプ情報について、オンライン上で日本語として確認したいと思い、本ブログ上で纏めたいと思います (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「Export-FseSettings」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「FPE 2010のForefront管理シェルで使用できるコマンドレットについて」を参照)。

■名前

Export-FseSettings

■概要

構成設定をエクスポートします。

■構文

Export-FseSettings [-ConfigStream <Sting>] [-Element <string[]>] [-Path <string>]
     [<CommonParameters>]

■説明

構成設定を.xmlファイルにエクスポートします。構成のコピーを保持することで、この機能を使用した障害回復を実現できます。構成設定をコピーするには、.xmlファイルを使用してデータを別のシステムにインポートします。また、.xmlファイルを使用して、システムを前回正常起動時の構成に復元することもできます。

注意: 1つのサーバーから別のサーバーに構成設定をインポートする場合、ターゲット コンピューターのすべての設定が上書きされます。同じようなロール構成のコンピューターのみに、構成設定をエクスポートおよびインポートすることをお勧めします。

注意: Microsoft Forefront Protection for Exchange Server (FPE) を初めてインストールする場合や、既存の構成に新しいサーバーを追加する場合は、Active DirectoryでExchangeの検疫管理の役割グループにサーバー アカウントを追加し、その資格情報をすべてのサーバーにレプリケートする必要があります。ほとんどの環境では、この処理は短時間で完了します。ただし、環境によっては、処理に1時間以上かかる場合があります。レプリケーション処理が完了するまでExport-FseSettingsコマンドレットを実行しないでください。コマンドが正常に実行されないことがあります。

Active Directoryでレプリケートを完了したかどうかを確認するには、Get-FseExchangeManagementStatusを実行します。完了した場合は、”True”が返されます。それまでは、Export-FseSettingsを実行しないでください。

■パラメーター

-ConfigStream <Sting>
このパラメーターは、内部処理にのみ使用されます。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Element <string[]>
特定の構成アイテムのみをエクスポートします。省略可能です。複数のアイテムを配列として入力します。次に示すように、.xmlファイル全体に存在する任意のアイテムを指定できます。

  • ExchangeAntiSpamPS
  • FPSEHSPolicy
  • AdvancedOptions
  • EngineManagement
  • FPENotification
  • GatewayManagement
  • IncidentOptions
  • LoggingOptions
  • OnDemandFilter
  • OnDemandScan
  • QuarantineOptions
  • RealtimeFilter
  • RealtimeScan
  • ScheduledFilter
  • ScheduledScan
  • SignatureUpdate
  • SignatureUpdateOptions
  • SpamConnectionFilter
  • SpamContentFilter
  • SpamFiltering
  • TransportFilter
  • TransportScanFilterList
  • TracingOptions
必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

-Path <string>
構成設定 (またはスキーマ) のエクスポート先となる、XML形式のファイルのパスとファイル名を指定します。必須です。パスとファイル名の組み合わせを引用符で囲みます。

必須false
位置named
既定値
パイプライン入力を許可するtrue (ByPropertyName)
ワイルドカード文字を許可するfalse

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

■出力

■メモ

■例

例1

 Export-FseSettings -Path &quot;c:TempSavedSettings.xml&quot; 

例1:出力結果

<ForefrontServerSettings xmlns:i=”http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance” xmlns=”http://www.microsoft.com/ForefrontServer”>
  <Fse>
    <AdvancedOptions>
      <FPEAdvancedOptions>
        <AdditionalTypeChecking i:nil=”true” />
        <ConvertExtensionType i:nil=”true” />
        <DatabasePath i:nil=”true” />
        <DeleteCorruptedCompressed>true</DeleteCorruptedCompressed>
        <DeleteCorruptedUuencode>true</DeleteCorruptedUuencode>
        <DeleteEncryptedCompressed>false</DeleteEncryptedCompressed>
        <EngineErrorAction>DELETE</EngineErrorAction>
        <HighCompressedZipCorrupted>true</HighCompressedZipCorrupted>
        <MaxContainerFileInfections>5</MaxContainerFileInfections>
        <MaxContainerFileSize>26</MaxContainerFileSize>
        <MaxNestedDepthCompressedFiles>5</MaxNestedDepthCompressedFiles>
        <MaxNestedObjects>30</MaxNestedObjects>
        <MultipartRARCorrupted>true</MultipartRARCorrupted>
        <QuarantineCorruptedCompressed i:nil=”true” />
        <QuarantineOnTimeout i:nil=”true” />
        <ScanAllAttachments i:nil=”true” />
      </FPEAdvancedOptions>
    </AdvancedOptions>

例1:説明

すべての設定が、C:Tempディレクトリにある”SavedSettings.xml”というファイルにエクスポートされます。

出力ファイルの一部を示します。

例2

 Export-FseSettings -Path &quot;c:TempSavedSettings.xml&quot; 

例2:出力結果

There is no output if the command completes successfully.

例2:説明

設定を別のサーバーにエクスポートするには、エクスポート元のサーバーで、指定したエクスポート先に設定をエクスポートします。ファイルを受信側サーバーにコピーして (この例では、両方のサーバーのフォルダー名が同じであると仮定します)、Importコマンドレットを実行します。Importコマンドレットの詳細については、「Import-FseSettings」を参照してください。

 Import-FseSettings -Path &quot;c:TempSettingsSettings.xml&quot; 

すべての設定が、C:Tempディレクトリにある”SavedSettings.xml”というファイルにエクスポートされます。

例3

 Export-FseSettings -Element AdvancedOptions, TracingOptions -Path &quot;c:TempFileSettings.xml&quot; 

例3:出力結果

There is no output if the command completes successfully.

例3:説明

特定の設定のみをエクスポートするには、-Elementパラメーターを使用します。ここでは、トレース オプションと詳細オプションのみが、指定したファイルにエクスポートされます。

■関連するリンク

  • Import-FseSettings

[参考]