Windows Server 2008 R2のWindows Serverバックアップで使用できるPowerShellコマンドレット (New-WBFileSpec) について

スポンサーリンク

Windows Server 2008 R2では、Active Directory (AD) やフェールオーバー クラスタリング (WSFC)、グループ ポリシーといった役割および機能がインストールされたサーバーの管理、もしくは管理したい役割および機能についてリモート サーバー管理ツールをインストールしたサーバー上で、PowerShellコマンドレットを用いて管理することが可能です。

各役割および機能に関するPowerShellコマンドレットのヘルプについて、オンライン上で公開されていますが、主に英語のみで日本語の情報はあまり公開されていないようです。

ここでは、Windows Serverバックアップ (WSB) に関するPowerShellコマンドレットの情報について、備忘録という意味でも日本語としてオンライン上で確認したいと思い、本ブログ上で纏めてみました (内容については「Get-Help」コマンドレットの-Fullオプションを用いて実行した結果を編集したものとなります)。

この記事では、「New-WBFileSpec」コマンドレットについて記載します (他のコマンドレットについては、「Windows Server 2008 R2のWindows Serverバックアップで使用できるPowerShellコマンドレットについて」を参照)。

■名前

New-WBFileSpec

■概要

新しいWBFileSpecオブジェクトを作成します。

■構文

New-WBFileSpec [-FileSpec] <string[]> [[-NonRecursive]] [[-Exclude]]
     [<CommonParameters>]

■説明

New-WBFileSpecコマンドレットは、指定されたパラメーターに基づいて新しいWBFileSpecオブジェクトを作成します。WBFileSpecオブジェクトは、バックアップに含めるか、またはバックアップから除外する項目を定義します。

■パラメーター

-Exclude [<SwitchParameter>]
WBFileSpecオブジェクトから除外する項目を指定します。このパラメーターは省略可能です。

必須 false
位置 3
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-FileSpec <string[]>
WBFileSpecオブジェクトの項目の一覧を指定します。このパラメーターには、ファイル パスと、ボリューム (C:など) またはファイル指定 (C:dir1*.*など) を含めることができます。

必須 true
位置 1
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-NonRecursive [<SwitchParameter>]
WBFileSpecオブジェクトの項目を非再帰的 (ファイル構造で指定された項目のみを含め、それに従属する項目は含まない) にバックアップするかどうかを指定します。指定しない場合、項目は再帰的にバックアップされます。このパラメーターは省略可能です。

必須 false
位置 2
既定値 none
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: VerboseDebugErrorActionErrorVariableWarningActionWarningVariableOutBuffer、およびOutVariable。詳細については、「get-help about_commonparameters」と入力してヘルプを参照してください。

■入力

Spec string, NonRecursive, Excluded flags

  • New-WBFileSpecコマンドレットは、Spec、NonRecursive、およびExcludedを使用して、含めるか、または除外する項目の一覧を作成します。Specには、文字列オブジェクトを指定できます。NonRecursiveおよびExcludedはスイッチです。

■出力

WBFileSpec

  • New-WSFileSpecコマンドレットは、ファイル指定を示すWBFileSpecオブジェクトを表示します。これは、バックアップのソースとしてWBPolicyオブジェクトに追加できます。

■メモ

複数のファイル、フォルダー、またはボリュームを含めることができます。ボリューム ドライブ文字、ボリューム マウント ポイント、またはGUIDベースのボリューム名を使用して、ボリューム パスを指定できます。GUIDベースのボリューム名を使用する場合、末尾に円記号 () を付けてください。ファイルへのパスを指定する場合、または含めるか除外するファイルの種類を指定する場合、ファイル名にワイルドカード文字 (*) を使用できます。

また、WBFileSpecの項目を再帰的 (その項目とファイル構造でその下位にあるすべての項目を含む) にするか、非再帰的 (その項目だけを含む) にするかを指定することもできます。

Windows Serverバックアップの各コマンドレットを使用するには、AdministratorsグループまたはBackup Operatorsグループのメンバーであることが必要です。

■例

例1

 $filespec = New-WBFileSpec -FileSpec C:sample1.jpg 

例1:説明

ファイルC:sample1.jpgのファイル指定を作成します。

例2

 $filespec = New-WBFileSpec -FileSpec C:sample 

例2:説明

ディレクトリC:sampleのファイル指定を作成します。ファイル指定がバックアップ ポリシー (WBPolicyオブジェクト) に追加された場合、ディレクトリおよびそのサブフォルダーの内容はバックアップされます。

例3

 $filespec = New-WBFileSpec -FileSpec C:sample -NonRecursive 

例3:説明

ディレクトリC:sampleのファイル指定を作成します。このファイル指定がバックアップ ポリシー (WBPolicyオブジェクト) に追加された場合、ディレクトリの内容はバックアップされますが、そのサブフォルダーの内容はバックアップされません。

例4

 $filespec = New-WBFileSpec -FileSpec C:sample*.mp3 -Exclude 

例4:説明

パスC:sampleの*.mp3ファイルの除外ファイル指定を作成します。このファイル指定がバックアップ ポリシー (WBPolicyオブジェクト) に追加された場合、C:sampleまたはそのサブフォルダーの*.mp3ファイルはバックアップに含まれません。ポリシーの包含パス ファイル指定にない除外パスは、バックアップ時に無視されます。

■関連するリンク

  • Add-WBFileSpec
  • Remove-WBFileSpec

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク