Azure Backup に関する Azure リソース マネージャーでの PowerShell コマンドレット (Restore-AzureRMBackupItem) について

スポンサーリンク

2015/09/10 (現地時間) にプレビュー版で提供されていた Azure VM に対するバックアップ (Azure VM Backup) が (GA) となり、正式リリースされました。

Azure Backup の管理に使用することが可能な Azure リソース マネージャーでの PowerShell コマンドレットが提供されており、設定方法について MSDN サイト上で公開されていますが、PowerShell コマンドレットのヘルプについては英語のみであり、日本語による情報はほとんど公開されていません。

Azure Backup に関する Azure リソース マネージャー PowerShell コマンドレットの 1 つである「Restore-AzureRMBackupItem」について、本ブログにて日本語の情報として纏めてみました ((他の PowerShell コマンドレットについては、「Azure Backup に関する Azure リソース マネージャーでの PowerShell コマンドレットについて」を参照) (Windows Azure PowerShell バージョン 0.9.8 で確認しているものとなります) (Azure リソース マネージャー モードに変更して実行する必要があります)。

■名前

Restore-AzureRMBackupItem

■概要

回復ポイントからデータおよび設定をリストアします。

■構文

Restore-AzureRMBackupItem [-StorageAccountName] <String> [-RecoveryPoint] <AzureRMBackupRecoveryPoint> [-Profile <AzureProfile>] [<CommonParameters>]

■説明

バックアップ データリストアするには、バックアップされた項目、およびリストアする必要がある時点のデータを保持している回復ポイントを特定する必要があります。この情報は、資格情報コンテナーから顧客のアカウントへデータのリストを開始するために Restore-AzureRMBackupItem コマンドレットに渡されます。

■パラメーター

-StorageAccountName <String>
顧客のサブスクリプション内のターゲット ストレージ アカウント名を指定します。リストア処理の一部として、ディスクおよび構成情報はこのストレージ アカウントに置き換わります。

必須 true
位置 1
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

-RecoveryPoint <AzureRMBackupRecoveryPoint>
リストアする必要がある指定した時点の情報を持っている回復ポイント オブジェクトを指定します。

必須 true
位置 0
既定値 なし
パイプライン入力を許可する true (ByValue)
ワイルドカード文字を許可する false

-Profile <AzureProfile>
AzureProfile 入力オブジェクトは必須ではありません。

必須 false
位置 named
既定値 なし
パイプライン入力を許可する false
ワイルドカード文字を許可する false

<CommonParameters>
このコマンドレットは、次の共通パラメーターをサポートします: –Verbose、-Debug、-ErrorAction-ErrorVariable、-WarningAction、-WarningVariable、-OutBuffer、-PipelineVariable、および -OutVariable。詳細については、about_CommonParameters を参照してください。

■入力

  • AzureRMBackupRecoveryPoint

■出力

  • AzureRMBackupJob

■メモ

  • 詳細については、「Get-Help Restore-AzureRMBackupItem -detailed」と入力してください。
  • 技術情報については、「Get-Help Restore-AzureRMBackupItem -full」と入力してください。

■備考

  • PowerShell における復元操作のトリガは、フル仮想マシンを復元することはできません。ディスク データと設定情報を復元するだけです。ユーザーは追加で仮想マシンを作成し、復元操作が完了した後に起動する必要があります。

■エイリアス

  • なし

■例

例 1: コミット操作の開始

$rp = Get-AzureRMBackupContainer -Type AzureVM -Status Registered -Vault $v | Get-AzureRMBackupItem | Get-AzureRMBackupRecoveryPoint
Restore-AzureRMBackupItem -StorageAccountName "destaccount" -RecoveryPoint $rp

WorkloadName    Operation       Status          StartTime              EndTime
————    ———       ——          ———              ——-
test-vm         Restore         InProgress      26-Aug-15 1:14:01 PM   01-Jan-01 12:00:00 AM

このコマンドは、指定したレガシー構成 IDに対するコミット操作を開始します。操作の状態を表示するには、Get-AzureStorSimpleLegacyVolumeContainerStatus コマンドレットを使用します。

■関連するトピック

[参考]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク