Azure PowerShell v4.2.0 がリリースされました

スポンサーリンク

2017/07/11 (現地時間) に Azure PowerShell v4.2.0 がリリースされました。

Azure PowerShell v4.2.0 について、Microsoft Web Platform (WebPI)MSI インストーラーPowerShell Gallery、および Service Management (RDFE) のレガシー コマンドレットに対する Gallery モジュールから入手、適用することが可能です。

Azure PowerShell v4.2.0 をインストールおよびモジュール インポート後、バージョンが v4.2.0 となっていることが確認できます。

Azure PowerShell v4.2.0 について (意訳)

Azure PowerShell 4.2.0 インストーラー : リンク

ARM コマンドレッドに対する Gallery モジュール : リンク

Service Management (RDFE) のレガシー コマンドレットに対する Gallery モジュール : リンク

このリリースにおける変更点

  • Analysis Services
    • 新しい データプレーン API の追加
      • AS サーバー ログを取得する API、Export-AzureAnalysisServicesInstanceLog
  • Automation
    • New-AzureRmAutomationSchedule における Weekly および Monthly スケジュールの TimeZone 値を適切に設定
      • 詳細は次の Issue を確認 : #3043
  • AzureBatch
    • 新しい Get-AzureBatchJobPreparationAndReleaseTaskStatus コマンドレットの追加
    • Get-AzureBatchNodeFileContent のパラメーターにバイト範囲の開始と終了を追加
  • CognitiveServices
    • Cognitive Services Management SDK バージョン 1.0.0 と統合
    • アカウント名の文字列長をチェックする不具合を修正
  • Compute
    • イメージ ディスクにおけるストレージ アカウントの種類のサポート :
      • Set-AzureRmImageOsDisk および Add-AzureRmImageDataDisk に “StorageAccountType” パラメーターを追加
    • Vmss の IP 構成における PrivateIP および PublicIP 機能 :
      • New-AzureRmVmssIpConfig に “PrivateIPAddressVersion”, “PublicIPAddressConfigurationName”, “PublicIPAddressConfigurationIdleTimeoutInMinutes”, “DnsSetting” 名を追加
      • New-AzureRmVmssIpConfig に IPv4 もしくは IPv6 を指定するための “PrivateIPAddressVersion” パラメーターを追加
    • パフォーマンス メンテナンスの機能 :
      • Restart-AzureRmVM に “PerformMaintenance” スイッチ パラメーターを追加
      • 特定の VM のパフォーマンス メンテナンスに関する情報を表示する Get-AzureRmVM -Status
    • Virtual Machine Identity の機能 :
      • New-AzureRmVMConfig および UpdateAzureRmVM に追加される “IdentityType” パラメーター
      • 指定された VM の ID 情報を表示する Get-AzureRmVM
    • Vmss Identity の機能 :
      • New-AzureRmVmssConfig に追加される “IdentityType” パラメーター
      • 指定された Vmss の ID 情報を表示する Get-AzureRmVmss
    • Vmss Boot Diagnostics の機能 :
      • Vmss オブジェクトのブート診断を設定するための新しいコマンドレット : Set-AzureRmVmssBootDiagnostics
      • New-AzureRmVmssConfig に追加された “BootDiagnostic” パラメーター
    • Vmss LicenseType の機能 :
      • New-AzureRmVmssConfig に追加された “LicenseType” パラメーター
    • RecoveryPolicyMode サポート :
      • New-AzureRmVmssConfig に追加された “RecoveryPolicyMode” パラメーター
    • Compute Resource Sku の機能 :
      • すべての compute resource skus の一覧を表示する新しいコマンドレット “Get-AzureRmComputeResourceSku”
  • DataFactories
    • New-AzureRmDataFactoryGatewayKey の廃止
    • New-AzureRmDataFactoryGatewayAuthKey および Get-AzureRmDataFactoryGatewayAuthKey に追加されたゲートウェイ認証キーの機能
  • DataLakeAnalytics
    • 次のコマンドを経由した Compute Policy CRUD のサポートを追加 :
      • New-AzureRMDataLakeAnalyticsComputePolicy
      • Get-AzureRMDataLakeAnalyticsComputePolicy
      • Remove-AzureRMDataLakeAnalyticsComputePolicy
      • Update-AzureRMDataLakeAnalyticsComputePolicy
    • 定期ジョブやジョブパイプラインを助けるために、ジョブ リレーションシップ メタデータのサポートを追加。 次のコマンドを更新、もしくは追加 :
      • Submit-AzureRMDataLakeAnalyticsJob
      • Get-AzureRMDataLakeAnalyticsJob
      • Get-AzureRMDataLakeAnalyticsJobRecurrence
      • Get-AzureRMDataLakeAnalyticsJobPipeline
    • Azure リソース対象の代わりに、Data Lake の特定の対象を使用するよう、ジョブ API とカタログ API のトークン対象を更新
  • DataLakeStore
    • Set-AzureRMDataLakeStoreAccount コマンドレットにユーザーが管理する KeyVault キー ローテーションのサポートを追加
    • ユーザーが管理する KeyVault が追加された、もしくはキー ローテーションした場合、enableKeyVault コールを自動的にトリガする QOL アップデートを追加
    • Azure リソース対象ではなく、Data Lakeの特定のオーディエンスを使用するよう、ジョブAPIとカタログAPIのトークンオーディエンスを更新
    • 次のコマンドレットを用いて、作成された/追加されたファイル サイズを制限する不具合を修正 :
      • New-AzureRmDataLakeStoreItem
      • Add-AzureRmDataLakeStoreItemContent
  • Dns
    • Get-AzureRmDnsZone のパイプ シナリオの不具合を修正
      • 詳細は次の Issue を確認 : #4203
  • HDInsight
    • Operations Management Suite (OMS) の有効化/無効化サポートの追加
    • 新しいコマンドレット
      • Enable-AzureRmHDInsightOperationsManagementSuite
      • Disable-AzureRmHDInsightOperationsManagementSuite
      • Get-AzureRmHDInsightOperationsManagementSuite
    • Add-AzureRmHDInsightConfigValues に Spark のカスタム設定を設定する新しいパラメーターを追加
      • Spark 1.6 用の SparkDefaults および SparkThriftConf パラメーター
      • Spark 2.0 用の Spark2Defaults および Spark2ThriftConf パラメーター
  • Insights
    • Issue #4215 (変更要求) により、Get-AzureRmLog コマンドレットの timewindow 内の制限 15日を削除 (ユニット テスト名のマイナー チェンジ)
    • Get-AzureRmLog の Issue #3957 を修正
      • Issue #1 : バックエンドは、連続トークンによって次のページにリンクされた 200 レコードずつのレコードを返す。 より多くのレコードがあると分かっていても、わずか 200レコードしか返さないコマンドレットを確認していた。この値が 200未満でない限り、MaxEvents に設定した値にかかわらず、この問題が発生。
      • Issue #2 : ドキュメントにこのコマンドレットに関する不正なデータ (例 : 既定の timewindow 値は、1時間) が含まれていた
      • Fix #1 : コマンドレットは、MaxEvents もしくはそのセットの最後に到達するまで、バックエンドによって返された継続トークンを追跡する。
        MaxEvents の既定値は 1000 であり、最大値は 100000。1 より小さい MaxEvents 値は無視され、既定値が使用される。これらの値と動作は変更されないが、正しく文書化した。
        MaxEvents のエイリアスに、-MaxRecords- を追加。コマンドレット名は、イベントだけではなくログに関する説明をしている
      • Fix #2 : ドキュメントには、新しいエイリアス、正しい timewindows、正しい既定値、最小値、最大値など、正確で詳細な情報が含まれる
  • KeyVault
    • Set-AzureRMKeyVaultAccessPolicy および Remove-AzureRMKeyVaultAccessPolicy コマンドレットに -UserPrincipalName が指定されている場合、ディレクトリ クエリから電子メール アドレスを削除する
      • どちらのコマンドレットも、電子メール アドレスのクエリが適切な場合、-UserPrincipalName パラメーターの代わりに使用できる -EmailAddress パラメーターを持つようになった。ディレクトリ内に一致する電子メール アドレスが複数ある場合、コマンドレットは失敗する
  • Network
    • New-AzureRmIpsecPolicy: SALifeTimeSeconds および SADataSizeKilobytes は、必須パラメーターではなくなった
      • SALifeTimeSeconds の既定値は、27000 秒
      • SADataSizeKilobytes の既定値は、102400000 KB
    • ssl ポリシーを使用、および Application Gateway のすべての ssl オプション API の一覧表示によるカスタム暗号スイート設定をサポート
      • -PolicyType, -PolicyName, -MinProtocolVersion, -Ciphersuite オプション パラメーターの追加
        • Add-AzureRmApplicationGatewaySslPolicy
        • New-AzureRmApplicationGatewaySslPolicy
        • Set-AzureRmApplicationGatewaySslPolicy
      • Get-AzureRmApplicationGatewayAvailableSslOptions (エイリアス : List-AzureRmApplicationGatewayAvailableSslOptions) の追加
      • Get-AzureRmApplicationGatewaySslPredefinedPolicy (エイリアス : List-AzureRmApplicationGatewaySslPredefinedPolicy) の追加
    • Application Gateway にリダイレクト サポートを追加
      • Add-AzureRmApplicationGatewayRedirectConfiguration の追加
      • Get-AzureRmApplicationGatewayRedirectConfiguration の追加
      • New-AzureRmApplicationGatewayRedirectConfiguration の追加
      • Remove-AzureRmApplicationGatewayRedirectConfiguration の追加
      • Set-AzureRmApplicationGatewayRedirectConfiguration の追加
      • -RedirectConfiguration オプション パラメーターの追加
        • Add-AzureRmApplicationGatewayRequestRoutingRule
        • New-AzureRmApplicationGatewayRequestRoutingRule
        • Set-AzureRmApplicationGatewayRequestRoutingRule
      • -DefaultRedirectConfiguration オプション パラメーターの追加
        • Add-AzureRmApplicationGatewayUrlPathMapConfig
        • New-AzureRmApplicationGatewayUrlPathMapConfig
        • Set-AzureRmApplicationGatewayUrlPathMapConfig
      • -RedirectConfiguration オプション パラメーターの追加
        • Add-AzureRmApplicationGatewayPathRuleConfig
        • New-AzureRmApplicationGatewayPathRuleConfig
        • Set-AzureRmApplicationGatewayPathRuleConfig
      • -RedirectConfigurations オプション パラメーターの追加
        • New-AzureRmApplicationGateway
        • Set-AzureRmApplicationGateway
    • Application Gateway に Azure Web サイトのサポートを追加
      • New-AzureRmApplicationGatewayProbeHealthResponseMatch の追加
      • -PickHostNameFromBackendHttpSettings, -MinServers, -Match オプション パラメーターの追加
        • Add-AzureRmApplicationGatewayProbeConfig
        • New-AzureRmApplicationGatewayProbeConfig
        • Set-AzureRmApplicationGatewayProbeConfig
      • -PickHostNameFromBackendAddress, -AffinityCookieName, -ProbeEnabled, -Path オプション パラメーターを追加
        • Add-AzureRmApplicationGatewayBackendHttpSettings
        • New-AzureRmApplicationGatewayBackendHttpSettings
        • Set-AzureRmApplicationGatewayBackendHttpSettings
    • VM Scale Set を経由して作成された publicipaddress リソースを取得する Get-AzureRmPublicIPaddress の更新
    • 仮想ネットワークの現在の使用状況を取得するコマンドレットを追加
      • Get-AzureRmVirtualNetworkUsageList
  • Profile
    • Import-AzureRmContext、または Save-AzureRmContext を使用した際の問題を修正
      • 詳細は次の Issue を確認 : #3954
  • RecoveryServices.SiteRecovery
    • Azure Site Recovery を操作するための新しいモジュール
      • すべてのコマンドレットは、AzureRmRecoveryServicesAsr* から始まる
  • Sql
    • AzureRM.Sql に Data Sync PowerShell コマンドレットを追加
    • サーバー作成時にタイムアウトを回避する新しい REST API バージョンを使用するため、AzureRmSqlServer コマンドレットを更新
    • 古いサーバー バージョン(2.0)が存在しないため、サーバー アップグレード コマンドレットを廃止
    • SQL サーバー リソースのリソース ID のプロビジョニングをサポートする New-AzureRmSqlServer および Set-AzureRmSqlServer コマンドレットの新しいオプション スイッチ パラメーター “AssignIdentity”
    • パラメーター ResourceGroupName は、Get-AzureRmSqlServer の新しいオプション
      • 詳細は次の Issue を確認 : #635
  • ServiceManagement
    ExpressRoute について :
    • New-AzureBgpPeering コマンドレットに、次の新しいオプションを追加 :
      • PeerAddressType : 値に “IPv4″、もしくは “IPv6” を指定して、対応するアドレス ファミリー タイプの BGP ピアリングを作成する
    • Set-AzureBgpPeering コマンドレットに、次の新しいオプションを追加 :
      • PeerAddressType : 値に “IPv4″、もしくは “IPv6” を指定して、対応するアドレス ファミリー タイプの BGP ピアリングを更新する
    • Remove-AzureBgpPeering コマンドレットに、次の新しいオプションを追加 :
      • PeerAddressType : 値に “IPv4″、もしくは “IPv6” を指定して、対応するアドレス ファミリー タイプの BGP ピアリングを削除する

参考